〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 新しいでっ!!

<<   作成日時 : 2006/11/16 23:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 ウェブリブログが心機一転、リニューアルっぽい。といっても何が変わったかといえば、使えるパーツが増えたってことなんだけど。今日の今の今までしらなんだで。
 ということで、いっぱい使っちゃろ

 あ、でも顔文字って、入力画面ではタグ表示でしょ。これって晴一くんのところへトラックバックすると、ホントにタグのまま表示されるけぇ、要注意よな。たまに読んでて「なんなん?この文字化け?」と思うことがあったりして、それって絵文字の事だったんよね
 ついでに、絵文字きらきら動いちゃってて、かなりギャル風になっちゃってる

 でも、私のブログに絵文字って必要なんかなぁ・・・。要らんような気もする。あ、でもこういうのも増えたで。

 色指定ーーー

 今までこんな色なかったよ。でも難しい、選ぶの。やっぱりシンプルが一番って事?

 さて、今日は仕事も順調に片付いたし、程よい緊張感のあるぴりっとした一日でした。

 仕事でも学校でも、いいストレス悪いストレスがありますよね。悪いストレスは身体に非常によくないけど、いいストレスは人生において必要です。テストもストレスだけど、いい緊張感と集中力の保持って言う意味ではいいストレス。私の仕事も同じ。手術を受けるのは患者さんだけど、医者も看護師も手術には燃えます。どんな手術にしろ、やり切る術式が終了するというやりがいはありますよ。それは治療の一環として、最大限のものを提供できたんですからね。これはいいストレス。程よい緊張感と、高まった集中力のピンと張り詰めた状態は好きですね。緊張しすぎて張り詰めすぎた時はよくないですけど

 逆に悪いストレスもあります。やっぱり。どうしても手術が出来ない時だってあるし。あとね、やっぱり仕事でストレスなのは「忙しさ」でしょう。それもいい感じの忙しさではなく、振り返ることが出来ないくらい馬車馬のように走ってる忙しさ。一つのことを完了させながら次のことに手を付けていかなきゃいけない感じです。

 人間はやはりミスをする動物ですから、どうしても「危険」はつきものです。その上でこういった忙しさが乗っかってくるわけですから、悪いストレスの「張り詰めすぎ」という状態になっちゃうんですね。私たち看護師はそれでもミスを許されない仕事の人間ですから、防御策はかなりとっています。

 それが、チームワークメモ

 うちの仕事場のスタッフは凄いです。どこに目がついているんだか分からないほど、広い手術室の進行状況を把握しています。私はまだまだですが・・・。
 忙しいときほどよくわかります、うちのスタッフの凄さ・・・。私は下っ端でひょこひょこついていってるだけです。その並々ならぬ集中力は「張り詰めすぎ一歩手前」というところなんですが、中にやっぱり癒し系の方がいて、そこそこ肩の力を抜かしてくれます。

 うちの手術室に事故がないのは、そのおかげです。
 凄いですねぇ・・・。

 医療事故が世間の話題の昨今、「明日はわが身」をモットーに、スタッフは底知れない集中力と緊張感をもって仕事してます。これは、いいストレス。悪いストレスは話すといっぱいあるのでやめましょう。気の持ちようでもありますしね。



 で、最近心奪われたのが、

 哲学する犬 ハル

 という本です。「哲学をする・・・」だったかな。私はハルとしか呼ばないので・・・。
 これは、韓国の哲学の優しい本です。訳者は蓮池薫さん。

 まず驚いたのは、蓮池さんの訳です。韓国の表現方法って言うのが分からないまま読んだんですが、(国によって文学の表現方法って少しずつ違いますよね。流行、というか、根本が。)蓮池さんの日本語には心打たれました。内容がどうの、というわけでもなく、まず惹かれたのが日本語訳。とにかく優しく、分かりやすく。
 申し訳ないんですが、20年の空白があったとは思えない程です。言葉にすれば凄い体験をしたでしょうに、蓮池さんの日本語訳に厳しさは見うけられません。知らない人が読めば、きっとそれなりのよい生活をしてきた文学者かもしれないと思ってしまうでしょう。哲学的なことを色々考えてきた20年だったのではないでしょうか。
 でも、本当に優しいんです。拉致されて他国で一人、自暴自棄になってた時代もあったはずでしょうけど、微塵も感じさせません。何ていったらいいんでしょうね。大らかで穏やかで、それこそイラストのように優しい日本語です。この人は「怒り」や、ましてや「激怒」なんて言葉を知っているんだろうかって思うくらい。

 日本語の持つ優しさと訴える力を思い知らさせました。
 私は日本語を普通に使いすぎているのかもしれませんね。そう思うと、この本にある日本語ににじみ出る情感は、蓮池さんしか出せない独特の世界なのかもしれません。

 本屋で立ち読み程度で読めますが、そのかわいらしいイラストとともに、きっと時間を忘れてよんじゃいますよ。
 「ハル」って、韓国語で「一日」の意味らしいです。
 
 人生は一日と同じ。
 朝「おはよう」とともに生まれて、夜「おやすみ」とともに終わっていく。 
 だから、一日は十分に生きていかなくちゃならない。
 毎日安らかな就寝が迎えられるように・・・。その一日一日の積み重ねが人生。
    ・・・らしいですよ。
 考えたこともなかったですけど、そうですね。

 お勧めです。イラストもとにかく可愛いんです。
 哲学は苦手だけど、メッセージ性の高いものなので抵抗なく読めますよ。

 さて、明日はどんな一日になるでしょう?

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
コメントありがとうございます♪
私は終わって浮かれてますが、まわりはまだまだ受験モードですね(>_<)

私も最近(と言っても2ヶ月ほど前ですが)バイトを始めてやっぱり大変だなーって思ったりしてます↓↓
うまうまさんもお仕事頑張って下さいね☆★
ゆぅ
2006/11/17 22:20
ゆぅさん、こんばんわ。バイトって社会に出てから結構役に立つんですよ。私は一回もバイトしたことなかったから、人と接するって凄く難しいって思っちゃいました。
 楽しい年末年始が迎えられそうで、よかったね!!おめでとーーう!!
うまうま
2006/11/18 19:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
新しいでっ!! 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる