〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 哀愁 in 東京 

<<   作成日時 : 2007/01/15 21:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 この間のお話の続きからなんだけども、「ゆずはちみつ」。覚えておいででしょうか?私の大好きな「ゆず」を使ったジュースのこと。
         これ ↓飲みました。その日に。
画像

 激しく・美味!!!!

 ヒットです!! デーリシャ〜ス

 甘くなく、とってもゆずっぽく、あの皮と身の間にあるちょっとしたみどりくさーい感じの酸っぱさがほんのりと漂ってて、とにかく爽やか〜
 いいもの発見しました。また高速使ったときには即買いでしょう。製造元は岡山になっていました。地元品、ということでしょうかね?もしも岡山圏内高速道路のパーキングエリアで見つけたときは「これか〜」と思ってくださいね。

 
画像

 イメージキャラクターにもお裾分け

 「空やんけーーーーーー

 というこの子の叫びは置いといて・・・

 今日は、朝8時半に仕事を終えて帰ってきました。病院の当直業務に突入したうまうまですが、何はともあれ、初めての当直を何事もなく過ごすことができました。これも全て、一緒に働いていた師長さんのお陰なんですが 救急患者さんも少なくて、落ち着いていました。よかった〜〜〜。でも、昨晩こられた患者さんは、何故だか「発熱」と「腹痛」の方が多く、夜中では詳しい検査も出来ない症例が多かった気がします。こういうときはとりあえずお薬をだして、次の日に受診をする様に言うんですが、大人の方はやっぱり仕事があって、「次の日は無理かも・・・・」と、体調が悪いにもかかわらずお仕事優先してしまう様です。
 どうか、お薬で少しでも楽になりますように・・・。

 で、凄く落ち着いていたということ、患者さんが来る合間に休憩が取れる、ということなんです。その間に、本が一冊読めちゃいました。それくらい落ち着いていた夜だったんです。良いことですよ、これは。
 前にも話した重松清さんの本です。

 「哀愁的東京」      角川文庫

 本業・絵本作家で副業・フリーライターの主人公が、フリーライターの仕事で様々な人と出会い、スランプに陥った創作への切っ掛けを得ていくもの、という様な本です。違うかな?第一章から終章まで、9つに別れていて、一つ一つの章が短編形式になっているのでかなり読みやすい長編です。

 絵本作家の主人公は、大きな賞をとった自作の絵本を最後に、書けなくなってしまう。そこには凄く大きな苦悩や葛藤や柵なんかがあって、フリーライターの仕事で関わる人々との出会いを通して、そのわだかまりを解かしていく。出会う人々はそれぞれ何か心にとりとめのない寂しさや、つかみどころのない不安、形に出来ない哀しさを抱えている人たちばかり。人気の落ちたアイドルだったり、立場を追いやられる会社の社長だったり、遠い昔にナンバー1だった覗き部屋の女優だったり・・・。
 主人公もそうだけど、何かが欠けた感じの人たちが、犇めき合いながら生きている様、といえば近いんだろうか・・・。
 それでも、一つ一つの短編は救われるんです。主人公もそれぞれの出会いを通じて、「書きたいもの、伝えたいもの」を漠然とつかんでいく。何かしらの完結が待ってる。それは時として淋しい終わりだったりするけど、そこに哀しさはない。
 今何かあっても、明日が待ってる。
 綺麗な言い方だとこんな風だけど、この本に美辞賛句は似合わないかも。人間臭くて、生き物臭い感じ。生きるって大変だねって感じ。生きていくことが大変でも、こういう出会いで気持ちに完結が打てればいいねって思える。

 感慨深いとか、感動するとか、考えさせられるとか、そういうものではないんだけど、人間的。東京って、淋しい街かも・・・なんて思ったり。それこそ、淋しい人たちが集まって一生懸命頑張ってるからこそ、東京たりえるのかも。
 きっとね、田舎でのんびりしている私には実感は少ないかもしれないけど、昭仁くんみたいに故郷を離れて東京で頑張ってる人たちが読んだら、きっともっと違う思いがあるかもしれないな。
 哀愁的東京・・・・言いえて妙な感じ。

 頑張れ 東京で働く新藤さん、岡野さん


 
 というわけで、今日は読書日記でした。

 次の本を探しに本屋に言ったら、面白い本を見つけました。といっても、買っていないのでタイトルはうろ覚えになっちゃったんだけど、

「頭のいい人のブログ 悪い人のブログ。」

 とかいう題名だったと思いますごめんなさい、違ってたら。
 これ、ブログを始めるにあたっての心得とか、どうしたら訪問者数をあげられるか、といったことを書いてあるHow To本なんですけど、中々面白かったです。私も地道な努力をしないといけないなって思った。
 ついでに、ブログには何かテーマを決めるといい、ということらしいんですけど、私の場合、書きたいことがいっぱいありすぎて一つに絞れない。ブログの名も「テーマがはっきり分かるもの。」がいいらしいんですって。
 そーいえば、ポルノグラフィティのブログの中でブログ名でピンと来る所もありますよね。歌のタイトルとってたり、少しもじってたり。確かに訪問しやすい

 けど、この雑多な私のブログはどーすべー

 まぁ、「交響楽団」ってことで、「いろいろ楽器(=テーマ)はあるんだぞ。」ってことでまとめてみよう。記事のタイトルは頑張って魅惑的なものを考えてるつもりなんだけど・・・。

 まずね、指揮者はやっぱり日常わんこでしょう。
 コンマスの位置にポルノグラフィティかな。
 ビオラパートに

 こんなもん?オッケーかい?
 
 言い訳してても訪問者は増えないわな・・・。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
哀愁 in 東京  〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる