〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 不思議の国のお言葉

<<   作成日時 : 2007/03/13 22:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 忙しいです。

 師走の観念って、この時期にも使えるんじゃないかというくらい。今日は緊急手術が4件も入り、兎に角ばたばたしてました。

 人がいないーーーー

 器械がないーーーー

 部屋がないーーーー

 麻酔医がいないーーー


 と、駆けずり回って探し集めた感じです。それでも患者さんには

「大変でしたねー。頑張りましょうねー

 と、余裕の笑顔を見せる先輩方。 女優です

 こんな時、大体駆けずり回るのは下っ端です。やはりトップや手術に直接関わる器械だしさん、外回りさんはどっしり構えていないといけないので、周りを飛び交っている働き蜂さんに指示を出して必要なものをかき集めてもらいます。
 働き蜂さんのお仕事は、いかに速く的確に必要なものを持ってくるかというもの。働き蜂さんの働き如何で、器械だしさんと外回りさんの仕事のやりやすさが変わります。つまりは患者さんの安心や安楽や、手術の進行に影響大です。私は働き蜂係りですが、これはこれで気を利かせて色々先回りをしなければならない大変な仕事。

 これぞ、チーム・モグラーず!!!! 

 チームって言う言葉がすきなのは、こういう連帯感なんです。

 チーム・ポルノグラフィティに負けてませんよ!!!!
     こと医療に関してですが・・・。  守備範囲せまっ・・・!!

                          ♪

 そんな手術室で飛び交う言葉の中には、モグラーずにしか分からない言葉があります。
 それこそ、病院別方言という感じ。うちの病院で共通の認識として使っている言葉は、大体他の病院では通用しません。

 うちの病院は整形外科が多いんですが、その整形の先生が途轍もなく変わっている人なんで、いつぞや

「文章を全て言うのは時間の無駄。」

 とのたまい、何を思ったか・・・

「せ!せっせっせっ!!!」

 と絶叫 器械だしさんは冷静に

「はいはい、セッシですね・・・」

 時に

「が!!!が!!!新しい、がっっ!!!」

 と絶叫。器械だしさんはいたって冷静に、

「はいはい、ガーゼ。ココに置きますよー。」

 かと思えば

「てっ!!てっ!!おねーさんっ!!! ここに、てっ!!!」

 とキョどる 外回りさんは平然と

「はい、テープ貼りました。」

 そう言っていたら

「だいっ!!! だい、だいっ!!!」

 あきれ果てた器械だしさん、

布の大敷一枚くださーい。」

 もう、慣れっこですよ。
 この先生、兎に角文章を途中で切る。全部を言わない。
 
「ぎぶっ!!! ぎぶっ!!! ショートぎぶっ!」
 
 それを真似た若い先生、時々

「ぎぶま〜」

 と叫びます。かんたんな言葉でつうじると、その言葉が蔓延します。

 ちなみにこれ、「ギブス」のこと。「ショートぎぶっ!」の意味するところは「ショートギブス」を巻くということ。あと「す」を言うだけじゃん!!! その一瞬が勿体無いらしいんです。でもまぁ、単語だけで全て通じるうちの看護師さんの読解能力も凄いと思うんだけど。

 じゃ、「ぎぶま〜」もお分かりですね。
 意図するところ、「ギブス巻きまーす。用意してねー。」のこと。
 語尾のイントネーションで疑問形か命令形か断定かが決まります。丁寧語も語尾で決まるか・・・。語尾の調子で優しさがあるかどうか看護師さん達は分かるのであります。

 今日、悪戯好きの先生が、絶対ギブスは巻かないだろうという手術患者さんの足に包帯を巻き終えて、

「ぎぶま〜」

 とポツリとつぶやきました。

「はぁ〜〜〜っっっ!?」

 瞬間、皆から大ブーイング

「嘘、嘘ですーーー
 
 と否定しながらもポツリと、

「これで通じるんだから、凄いよな・・・」 

 と言っていました。間違いなく、わざとです。
 医者もうちに赴任してきたばかりの頃はこの「瞬間語」に唖然とするらしいです。そしてそのままとっぷりと漬かっていくのです。

 因みに吸引のことは    「ちゅー」
      電気メスのことは 「じゅー」
      コードレスドリルは「しゅる」 または「しゅるり」
      槌のことは     「とんとん」
      さばきガーゼは  「さば」 
        →さばきガーゼいっぱいは「さばさばさばさば」といつまでも続きます。
      コッヘルは 「こ」
      モスキートは「も」   なんていうのは日常茶飯事。

 「足持ってー」も「あしも〜」、「手あげてー」も「ても〜」、「リネン外してー」も「はず〜」、そして手術が終わってドレーピングや何やらを全て外すことを「撤去班!!!」と呼びつけて作業させる医者達。
 私は看護師です・・・。

 こんな不思議語が飛び交っている、火曜・木曜の手術室です。

 とかく整形外科は、不思議ワールドへ走りやすい人が多いです。

 そんな不思議さん達を、必死で手術場に繋ぎ止めているのは、他でもない冷静な器械出しの看護師先輩方です。この言葉を耳にして?マークで立ち尽くしていると・・・

 雷が落ちます。

「ねーさんっ!!! てっ! てっ! てっ! てってようろうがぁ!!!!」

 そんなに目ェ剥いて怒るんなら、「テープ貼って。」って言えばいいのよっ!!


 毎年新人がくると、整形外科医と新人看護師の間にたって、通訳をする人が必要な春の手術場でした。 

 うちの手術室に来る新人看護師さん、

 「だい、だー」

 と言われたら、

 「台(手術ベッドのこと)を下げてー」

 の意味です。あしからず・・・。

 直訳すると「台、ダウン。」
 
 となります。

 うまうまの、使えない日本語講座でした  

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
不思議の国のお言葉 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる