〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS please take good care of yourself

<<   作成日時 : 2007/05/07 22:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

 英語です。

 英語に悩まされています。

 自分の英語力のなさに打ちひしがれております

 何故に国際標準語が日本語ではないのか・・・

 こんなに美しく侘び寂びのある日本語が、世界で愛でられることがないのか・・・

 きっと難しいからなんだろうけど、私からすれば

 英語の方がもっと難しいに決まってる。 

                         

 英語ぐらい大丈夫だろうと、できる人は思うのでしょうが、できない人からすれば「苦労」以外に「ストレス」だったりします。今回は患者さんが英語圏の方。

 患者さんが言葉の通じない国で病院にかかる、ましてや手術を受けると言うのはかなりの苦痛だと思います。それを押してまで臨むのですから、よっぽどのこと。
 だから、頑張って「英語」で話しかけようとします。日常会話なら沢山の本が出ていて困ることもなくなっていますが、医療って・・・・しかも「手術室看護」に関する英語って・・・・

 Яд…£…¢ЕёЖ…

 訳分からん 
 
 でも私が言葉の分からない外国で手術を受けなくちゃいけなくなったら、きっとパニックになるだろうな・・・。母国語で思いっきり喋りたいと思うだろうな・・・。それを思うと、不憫。伝えられないもどかしさもあるはず。絶対・・・。日本語でもあるもんね。

 だからと言って明日からぺらぺらになれる訳でもないので、とりあえず喋れる医師が頼みです。と言ってもきっと釣れないんだろうな。手術のことばっかりで。
 
 頑張って一つは披露できるようにします。

 「How do you feel?」←とりあえず笑顔つき

 一番簡単な言葉で申し訳ありません・・・。しかし、これに対してべらべら答えられても、ちんぷんかんぷんでありまして・・・。言葉はキャッチボールだとよく言ったものです。まさにその通りです
 
                          

 さて、そんな私の強い味方になるだろうと思われる、「病院で使う英会話」という本を買いました。読んで満たら全然全くこれっぽっちも使えないんだけど、手元にあるだけで少し安心
 この本を買いに行った先のとある本屋、看護書コーナーで、多分看護学校の制服なんだろうな、同じような紺色のスーツをきた若い女の子達がずらずらと屯していました。看護書コーナーが紺色に染まって、どこに何が在るのか分からない位。しかも友達同士のはずなのに、しばらくもくもくと書棚とにらめっこしていて、何の会話もなし。10分ほどしてそれぞれに本を手にした彼女達が集まり、談義。

「どれにした?」

「うーん、もうどれでも一緒みたいに思えたから・・・」

「そうそう、どれでもいいやー。」

「あ、でもこれは分かりやすいよ、ほら。」

「あんたは何にしたの?」

「うちは買わない。かっても読まないだろうし。」

「えー、いいの?」

「うん。多分使わないかも・・・」

「これなら良さそうだよー。」

「何々?」

『駆血帯は何故必要か?』だってー。」

「えーー、何で必要なの?」

「私これにするー!」

 ・・・・

 それぞれにそれぞれの意見を述べて立ち去っていきました。彼女らは何者!?
 看護学校に入ったばかりの子たちなんでしょうか、看護師になったばかりの子なんでしょうか?私には判別がつかなんだ・・・。
 何にしても『看護』に燃えていらっしゃる様子。初々しく勉学に前向きな少女達の姿に、思わずやつれ果てた自分の姿を省みて、しゅんとした私なのでありました。
 
 ところで、駆血帯はなんで必要なんだろう・・・???

 その疑問だけを残して春風たちは過ぎていったのであります。
 駆血帯って分かります? 血を取るときに

「ちょっと縛りますよー

 と言いながらちょっとどころではなくハンパない力でぎゅうぎゅうと看護師さんが締め上げるあのゴムのバンドのことです。ある意味血圧計より痛い、針の痛みより痛いと言うことも言えます。
 それにしても、駆血帯が無ければ採血も点滴もできないので、必要性なんか考えたこともなかったです。あるのが当たり前。必要物品当然。車乗るのに鍵を使うのと同じ。
 そんなものの必要性で誌面が埋まるのだろうか・・・。

 必要物品→駆血帯 針

 終了。チーーーン!

 あぁ、こんなんじゃ駄目だ・・・・。
 看護は科学!!! 
 全ての行為に意味と意義があるはず!

 
 明日皆に聞いてみよう。

 さて、細胞一つの英語脳を働かせて・・・英語で言うと如何なる?

 「Do you understand necessity of 駆血帯?」
                      yahoo 翻訳より

 そもそも駆血帯って、英語でなんて言うの? 


 ・・・・外国語はもう勘弁・・・・!!!!
 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
英語ができる人できない人
英語ができる人とできない人の差を知るにはまず英語上級者に共通する特徴を知ることも... ...続きを見る
ビジネス英語にも英語の翻訳学習してしゃべ...
2007/06/22 09:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
うまうまさん♪こんばんは。
ハハハ〜。英語っていうだけじゃなく外国語って大変よね〜。学生んとき真面目に?勉強したつもりが喋ることもできないなんて!英語はまだなんとかフィーリングでいけるんよなぁ。もちろんうまうまさんの様に専門的な単語はわかんないよ〜。
なんにしても、やはりやる気と努力ってことかしら?

それにしても、ホントに本を読む量。頭が下がります!昨日の日記の内容もおもしろおかしく読みましたけど(笑)、私もまたいろんな作家さんを開拓してるよ。ビビって来たらまたお知らせするわ。
晴一くんこそ、書いてほしい作家さんNO1なんですけどね・・。
hoko
2007/05/07 23:51
 学問に王道なし…ですね、hokoさん。勉強の大嫌いな私としては、兎に角楽して実につけたいけど、無理みたいです。年とともに脳細胞が活動しなくなって来てます。

 晴一くん、この一年の間に書き始めるんですかね?私は彼のエッセイ、凄く好きなんです。本当に話してるみたいですよね。あの味は美味しいと思います!あの味付けで小説って、面白いと思いますよね!早く読みたい!!
 いい作家さん居たらまた教えてくださいね。hokoさんのお陰で再び女流作家さんにはまりそうです♪
うまうま
2007/05/08 19:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
please take good care of yourself 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる