〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 同情するなら?

<<   作成日時 : 2007/06/26 21:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

  TKA・・・

 それは摩訶不思議な手術。

 正式名称を「人工膝関節置換術」と申しますこの手術、

 宇宙服のようなヘルメットとガウンで正装した医療者が、

 患者さんのぱっくり開いた病んだ膝、

 その術野、概ね30cm四方。

 そこ一つに真剣を振るう手術。 

 詳しくは こちらのページが分かり易いかと思います。あるいはこちら


 まぁ、簡単に言えば、軟骨が磨り減ったり、リウマチなどで炎症があったりして、動くたびに痛みが出る、日常生活に支障をきたすような悩み多き膝を、綺麗に掃除して人工のインプラント(埋入物)を入れ、整復すると言うもの。自分の膝に人工の覆いをかぶせるという、一見グロテスクに思えるかもしれない手術ですが、実は

 画期的 ←私的には超画期的

 な手術です。とは言っても前からやっている新しいとはいえない手術ですが、本当にビックリするくらい痛みが取れて、日常生活を明るく過ごせるようになる、と患者さんは決まって言います。一時的な手術の痛みと言うものはどうしてもついて回るものですが、いつも抱えていた慢性的な激痛による日常生活の不備に悩まされることなく、自由に歩けて自由に動けると言われて喜ばれています。
 なので、リピーターも多く、右の膝をしたら次は左、と言う風に2箇所とも手術する方もいます。変形性膝関節症はもとより、慢性関節リウマチなどでこの手術を受けますが、どちらの疾患も右オンリー、左オンリーで病が起こることはないので仕方ないですね。右が痛く成ったら右をかばいながら生活し、左も悪くなると言うのは理解できる話。どちらもどうしようもなくなってHTO又はTKAという手段になると言う訳です。

 言い換えれば、痛みをとることは出来るんですよ、という事。ガマンしないで整形外科へかかって欲しいです。
 ご年配の方で、杖をつきながら「仕方ないのよ、年だしね。」と仰られる方は多いですが、痛みという気力も体力も減退してしまう状態から抜け出せるなら、頑張って手術と言う手段を選んでも可だと思います。実際良くなった、歩けるようになった、痛みから解放されたと言って喜ばれると、ちょっと嬉しいですから。

 長くなりましたが、何でこの話かと言えば、ご察しの通り、今日の私の仕事です。

 器械出しで完全防備のヘルメットをかぶり、その上から滅菌フードをつけ、さながら「アポロ11号」に乗った船員みたいな感じ。ヘルメットの中には自動的に風が送られる装置がついているんですが、この風、眼球直撃・・・。ドライアイになりました・・・。痒い・・・。

 医療用のコンテナ8個分の器械を仕分け、一つずつ必要に応じて出していくのですが、コンテナの中には必要のないものも半分含まれていて(何かあった時用、というのが医療器具には多いんです)、そこから必要なものをより分けるだけで大仕事。一汗かきました。
 何度もついている手術なので、久しぶりとはいえ手順は覚えています。医師のテンポと合わせて次々に器械を出していく・・・・

 先生の「次っ!」の言葉に、

 「はいっ!」っと言ってデカデカしい器械を右手に握らせる・・・。

 にゅっと伸びてくる助手の先生に、何も言わずに筋鈎を握らせる・・・。


 あぁ、私って凄い・・・・・・・???

 一週間たっても、まだとりあえず幸せだ〜

 これも、ポルノの成せる技
 単にソレしか使わない場面だっただけなんだけどさ・・・

 素人の私でも、患者さんの膝を見たら、酷いか酷くないかは分かります。
 今日の患者さん、今まできっと凄く痛かったと思います。凄くぼろぼろの膝で、聞いたら先生も、「痛々しいねぇ」と言ってました。軟骨が磨り減って、中の骨髄の部分も壊死しかけていました。取り除いた骨から健康な部分を移植して、強度をアップ!
 元気に歩いて帰られたら嬉しいですね

 とまぁ、のんびり手術をしてた午前中でした。
 このTKA、バイオクリーンルームを使います。
 空気中の雑菌は普通の空気の1000分の一。
 私、午前中をきれ〜〜〜な部屋で過ごしました。
 うへへっ 準無菌? 勿論部屋だけよ!

 私、無菌過ぎて困る・・・

                          

 午後の仕事をしていたら、A先輩がやってきて、

「うまうまちゃん。」
 
 と、真剣な顔で私に言って来ました。

「B先輩の彼氏が、うちらにコンパ開いてくれるって言うんじゃけど、行く?」

 ・・・・・・・・・・・・・はい?

「B先輩の彼氏と、知り合いなんですか、Aさん。」←突っ込みはそこか?

「ん〜、まぁね。ちょっと。」

「ふぅん・・・」

「じゃなくて、コンパ

 ・・・・・・・・・・・・はい?
 この先輩、コンパの話には必ず私を誘います。でも、大分久しいなぁ。

「そうですねぇ、時間が合えば行ってもいいですけど・・・」


「行きなさい何があっても行きなさいっ


 C先輩がすれ違いざまに叱咤
 有無を言わせぬ一言。
 い・・・痛いです・・・

「ん、じゃあうまうまちゃん、OKね!」

 あわわわ・・・っっっっ、A先輩まで・・・

「えーーーー、でもどんな人が来るんですか?」

 慌てて聞き返したけど、B先輩の仕事の関係の人だということしか聞きだせず。

 面倒くさいヨーーーー 

 と、白抜き文字で叫んだ。(←心の声) 

「でねっ!」

 A先輩が滅茶苦茶可愛く、あさのあつこ流「花が咲いたような笑顔」で(「ガールズ・ブルー」ね。)付け足す。にやっと微笑むその笑顔・・・・先輩、怖いです

「な・・・・なんでっか?」

 思わずしどろどもる変な言葉のうまうま。

「一番年の上の人で、29歳なんだって。」

 ・・・・・

 ・・・・・

 ・・・・・

「・・・・・・・・・何と?」

「だから 一番年上の人で、29歳。」

 ・・・・・

 ・・・・・

 ・・・・・

「・・・・・・・はいっ?」

「だから・・・・29歳なの・・・」

 ・・・・・

 ・・・・・
 
 ・・・・・

「えーーーっっっっ!!???」

 年下------っっっっ!!!!????

 3つも年下じゃんかーーーーっっっ!!!????

 えーーーーっっっっ!!!!?????

 え〜〜〜。

 イヤだ 
←心の声。白抜きで読んでください

「え〜〜〜、じゃあもっと下の子誘ってくださいよぉ〜。」

 既に語尾に私のやる気のなさを感じたであろうA先輩、苦笑い。

「あ、勿論誘ってるよ、○○ちゃんとか。でも、いないんだもん。」

「は?」

「彼氏のいない人。」

「・・・・は?」

「私と、あなたと・・・・・・・・ねっ

 焦ってます同盟、中々会員増えませんもんね
 段々脱会していくほうが多くって
 
「先輩は、年下でいいんですか?」

「いいよ〜、私は

「分かりました。ソノ気で行かないんで、楽しむだけ楽しみます

「そうねぇ〜

 うまうま、年下と既婚者と予約ありの人には全くアンテナが反応しません。
 
「うまうまちゃん、年下駄目なの?」

「駄目です。良いとしても条件付です。先輩は年下でもいいんですか?」

「いいよ、私は うまうまちゃん、年上?」

「はい、ぜっっっっったい年上がいいです。」

「そうでもないかもよ〜

 それはその時考えます。

「いっこでも半月でもいいから年上希望!!!」

「ふぅ〜ん、なんで?」

「人格の大きな人がいいんです。
 器の大きな人!許容量の大きな人!!甘えられる人!!!」

 クリアできれば年下でも可なんだろうけど、如何せん私が4月生まれの姉御肌として生きてきてるものなので、中々・・・。

 先輩が考えながら一言。

「難しいね。」

 その笑顔、可愛いけど哀しいです。

 同情しないでくれ〜〜〜


 

 
 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
同情するなら? 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる