〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 長くなった!!!!

<<   作成日時 : 2007/08/09 21:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 2

 今から約2週間前、乗馬クラブでぱっこ〜んっ!!!!と、軽快な音を立てて、左の額の生え際辺りを馬に蹴られた私。漫画のようなタンコブと擦り傷、翌日からは目尻の内出血を体験し、一週間経ったころから左目の周りが黄色く変色、皆に「イソジン液(消毒薬)が散ってるよ。」と指摘された有様だったうまうま。

 そのせいなのか先日眼鏡の度数を上げたからなのか、物によくぶつかります

 目が悪いのはしょうがないことなので、角を曲がるときなどはよく目測を誤って肩を壁にぶつけたりしますが、その頻度が多くなったようです。その上何故か「お立ち台」からずっこけることが多くなりまして・・・。昨日・今日と続けて、介助についていた手術中、

「おわ〜〜〜っっっ!!!!」

「ひぇ〜〜〜〜」


 という私の雄たけびとともに、「お立ち台」ががた〜〜〜んっ!と軋む音が響いておりました。その都度「すいません、すいません」と平謝り。手術が終わる頃には

「今日、何回こけた?」

「大きいのは3回はいってるね。」

「こぼけもあったから、二桁いってるんじゃない?」

 と、医師2人の間でやり取りがあったほど・・・。とほほっ・・・
 因みに、私が使っている「お立ち台」は高さ30cmになろうかと言う代物。
 やっぱり、高すぎるのがいけんのかな・・・?

 ついでに言うと「お立ち台」とは、身長の低い人間が手術の介助につくときに乗る、足台の事です。人によりけりですが、私は介助の時、執刀医より少し高くなる目線で器械出しをするのが好きなので、ついつい高い足台を使っちゃうのです。術野の周囲まで見えるので便利なんです。
 
 チビには辛い、手術介助・・・。

 そいで、これってやっぱり、一時的な後遺症って事なんかな?

 今日は今日で、普通に歩いていて、お掃除カートに刺さっていたモップの柄にぶつかり、見ていた先輩から大爆笑を買いました。

 皆様、馬の後ろ足には要注意ですよ。

                         

 ポルノグラフィティの「ポルノグラフィティ」を予約に行きました いつも行くショップは本屋さんと地続き。ツタヤじゃないよ。
 何気なしに本屋を見回り、CDショップのほうへ歩いていると、青と白のポスターが、日本映画のDVD化宣伝とともに並んでいました。

「あっ!!!! ポルノだっ!!!!」

 そうそう、「ポルノグラフィティ」の宣伝ポスターが、なんと額つきで飾ってあったんですうふふっ 発売日が近くなってきてるんだなーなんて思っていたけど、いざ予約カウンターに行くと・・・

『アーティスト名: ポルノグラフィティ 8月29日発売

 CDアルバム  タイトル未定


 ・・・・・・・なんだとぉぅ

 そこにポスターがあるじゃねぇ〜かっ

 どこみとんじゃ!!!!

 もしかして、タイトルと分からなかったのかな・・・?
 「ポルノグラフィティ」がタイトルとは、気づかなかったの?

 8月に入って予約したのに、私の予約表は、「タイトル未定」のまま。
 上から修正液で消して書き込んでいい?

 そんなこんなの、扱いの軽さにビックリしていた福山の某CDショップを後にして、たまっていた一日分の携帯メールをチェックしたら、お友達のまゆきちゃんから2通のメール
 一通は『メアド変えたからよろしく。』という内容。

 もう一通、

「(娘の)やよいが突然『ジョバイロ』を歌い始めた

 好きなんだって〜。」


 どんな3歳やねん!!!!!!!

 どんだけ曲かけてんねん!!!!!

 といっても、ここんちのお子ちゃま、流石やさすが歌には反応がいいの。
 しかしまぁ、『ジョバイロ』を選らぶあたり、熟女ですな

 小悪魔ですな

 将来楽しみだな

 昭仁くん、嫁にどぉ?

 30違いだけど、いいよね?

 なんだったら話、付けとくよ?

                          

 さて、昭仁くんが出てきたところで(何故?)、ちょっとアカデミックで凄く卑猥な話へ突入です。エッチっぽい話が嫌いな方、スルーしてください。これ以降怒涛の勢いでまたまた産婦人科話が続いております
 
 またまたあの産婦人科医の登場ですわい。

 今日私はお仕事で、婦人科の手術の器械だしについていました。そうそう、あの話題で有名になった(←なってない!!!)産婦人科医です。

 付いた手術は2件。一件目は黙々と二人でこなしていたので全く持って言葉もなく、患者さんの意識もあったので無口無口。何も言わずに器械を出しガーゼを出し終了。

 続いて2件目、いつも多弁で奇天烈な話題を提供してくれる外科医とのコンビで始まりました。始まる前から外科医は何となくテンション高め いつもこの先生は高いんだけど、何でかにやにや

 始まるや否や、

「昨日のテレビでさ、『卵巣年齢』を調べるとかいうヤツやってたの、見た?」

 誰にともなく外科医が話し始めました。

「卵巣年齢?そんなの当てにならないよ。」

 産婦人科医は番組を見ていなかったので、番組の様子を語る外科医の話を胡散臭げに聞いてそういいました。

「そうなの?でもさ、保険診療じゃなくても2万円位でできるんだってさ。

 うまうまさんもやったら?」

「はぁ〜〜〜!? 何で私!?」

「いやぁ、だってねぇ。」

 外科医、セクハラ

「はいはい、嫁に行く予定が出来たら考えますよ。」

 産婦人科医爆笑。笑いどころが違うぜ、アナタ

「ちょっと知識として教えてあげるよ。
 君達は一回の排卵で何個の卵子が出て行くと思う?」

 産婦人科医が私を見つめて言いました。君達って言うことは、「女の子」ってことか。丁度産婦人科医は患者さんの卵巣の悪いところを切除にかかっていました。卵巣の一部に黄体が形成されていて、ぷっくり膨れています。ここは正常に機能している卵巣。

「えっ!? 排卵ですか?一回の排卵で右と左で一個ずつとして、2個かな???」

 私の答えにマスクの下の表情がニヤリとしたのが分かりました。
 えぇ、はっきりと!!!

「ふぅん、そうなんだ。そう思うんだ

 産婦人科医は意味深。

「違うんですか?」

「違うよー。いいかい、一回の排卵で君達の卵子は1000個は出ているんだよ。」

 ・・・・・?

 ・・・・!!!!!


「一千個ーーーーーー!!!!!!?????」

 受け持ちをしていた先輩とともに、私達は声を張り上げていました。

「そう、それくらい。」

 そんなに出てたら、すごく卵子がなくなっちゃうんじゃ・・・・

「でも、自分が生産できる卵子の数って、生まれた時から決まっているんじゃないですか?」

「そうだよ。というか、生まれた時から新しく作られないって言うことなんだけどね。(←微妙に表現の意味が違うの、分かる?) だから、計算上一ヶ月に一回の排卵で1000個以上の卵子が排出されるわけで、それを元に計算したら、女性の妊娠可能期間って大体30年しかないんだよね。」

 30年っていやぁ、結構長いかも?
 って思わない?

 けど、

「30年って言っても、初潮が始まってからの事だからね。」

「13歳で始まったとして、43歳位でその時間は終わるって言うことだよ。」

 外科医はその事実を知っていたらしく(どうやら医学教育で習うらしい。)、産婦人科医に言葉を続けます。

「まぁ、できないって事じゃないんだけどね。かなり機能は落ちるということ。」

「そ・・・・そうなんですか・・・・」

 私、軽くやばい?

「もう一つ言えば、40歳になるとその人の卵子の90%はなくなってるんだよ。」

 残り一割!!!???

「そう、そしてその後一年毎に、そのうちの90パーセントずつなくなっていく。」

「えっ!? 残り10%のうちの90%がなくなるの!? 限りなく小数点じゃないですか!?」

「そういうことだよ。」

 衝撃の事実
 子供を作れる、作れない、という話題になっていたところ、外科医がポツリと

「そうなると代理母の問題が出てくるんだね。」

 と言いました。ある筋では色々話題になっている代理母。私は不勉強なのでこの件に関しては全然理解がないのですが、産婦人科医は代理母にもちょっと否定的な意見。

「そこまで言ってたら、どうかと思うんだ。誰でもに子供が持てるって言うのはいい事だけれど『僕も僕も』っていうのはちょっとどうかと思う。」

 何故かという理由をその後何気なく言われたんだけど、ちょっとここに書くべき事じゃないので割愛します。学問的な意見でした。医者として、医学者として理解できる見解ではあったのですが、聞く人が聞くと差別的にも思えるかもしれないので・・・。

「何とかすれば誰でも子供がもてる技術があるんだね

 と外科医が感心するので、

「いや先生、それは違うな。」

 産婦人科医がすかさず反論。

「今の技術では受精卵は幾らでも作れるんだよ。僕も不妊治療をしていたときにいろいろ相談を受けたりしてたけど・・・凍結精子とかでの子作りとかね。

 けどね、受精卵は着床してやっと子供になるんだよ。

 受精卵は作れるけど、

 着床させる技術はどこにもないんだよ。」


 そうなんだ・・・・そうですよ! 「着床」なんですよね!!!

 不妊治療が進まないのは、ここがポイントなのかも!?

「受精卵がいくらあっても駄目なんだ。着床しないと。残念だけどそれは結局、その人の能力に賭けるしかない。」

 顕微鏡下で受精をコントロールすることも、好きな精子や卵子を選ぶことも可能。けど、それを手放しで喜んでいたって、試験管の中で子供が出来るわけじゃない。

子宮に着床しないといけないんだ。

 そしてその技術を持っている国なんて、どこにもない・・・。

 まだまだ出生は神の領域。
 
 ちょっと命の神秘に浸っていたら、

「それを思ったら上原健ってすごいね。80過ぎて子供作ったんだからね。」

 外科医、そんなところで感心。続けて

「女性の『卵巣年齢』が測れるなら、男性の『精嚢年齢』も測れるんかな?」

 と、茶目っ気たっぷりなことを言う始末。
 私のこの神聖な気分をどうしてくれよう!?

「そりゃ無理だよ、先生。男性は生涯精子が作られるんだから。」

 産婦人科医大爆笑
 そこから話は卑猥な方向へ・・・

「でもね、確実に勃起はできなくなるね。」

 はい〜〜〜〜!?

「sexもそれなりにやらないと駄目なんだよ。」

 身体のコミュニケーションはリハビリテーションかいっ!?

 男ってなんでこうロマンがないの!?

「僕はもうほとんどないね。」

 だーかーらー・・・・何がっ!?って聞いて欲しいのかいっ!?

 昭仁くん、あなたは確かに正しいことを言っているのかもしれない。
 「コミュニケーションは必要だ。」とね。

 うん、男性の正論なんだな、これってきっと

 にしても・・・なんでうちの先生達が言うと、

 猥談にしか聞こえないんだろう????


 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
もう不妊症で悩まない!
もう不妊症で悩まない!たった3ヶ月で妊娠できる!『失敗しない妊娠術』以前、苦労に苦労を重ねた上でやっとの思いで妊娠することができた、わたしの噂を聞いて、そんな質問がきたのです。そのとき、私はこう答えました。 もう不妊症で悩まない!たった3ヶ月で妊娠できる!『失敗しない妊娠術』 ...続きを見る
フーナーテスト、不妊検査と子宮頚管炎
2007/08/19 13:02
医療職の落とし穴
きょう、ウチに来ているPTの実習生と話した内容です。「君は患者のためではなくセラピスト(術者)自身のためのリハビリをしていないか?」これは、私も含め多くの人が行っている、「過ち」です。たしかに、リハビリテーションの発展史の中で、学問的に追究されたのは、「身体能力をいかに正常に近づけるか」でした。でも、現在のPTの考えは変わりつつあります。それにはもちろん医療モデルICIDHの考え方から社会モデルICFに考えが移っていったのもあるでしょう。また、介護保険の開始により、リハビリテーションがいままでよ... ...続きを見る
ぷーーさんの日記
2007/09/19 20:49
子供が欲しい でも授からない?
子供が欲しいのに、子供ができなくってと悩んでいる人へ ...続きを見る
不妊の悩みから失敗のない妊娠術
2007/09/20 21:33
人生で最高のセックスを味わう方法
今日は、人間が生きていく上で最も大事な話をします。それは男と女の”情事”の話です。(簡単に言うと、セックスの話です)さて、今回のような内容の場合、どうしても『ふざけている』と思われてしまうでしょう。なぜなら、このようなアダルトな言葉が入っていると、その辺で売られているエロ本と一緒に考えられてしまうからです。誤解しないで欲しいのですが、エロ本が悪いと言っているわけではありません。賛成・反対、その意見は様々でしょうが、私の意見は娯楽雑誌としては、非常に素晴らしいものだと思います。... ...続きを見る
人生で最高の”情事”を味わう方法!
2007/09/30 01:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ジョバイロを歌ったら、私がびっくりして
「上手ーーー!!!!!」って褒めたのよ。
そしたら、調子にのって、リリーがかかったから歌おうとするんだけど、結局わからなくて自滅してました・・・。ジョバイロはちゃんと歌えていたのに・・。そんなにジョバイロばっか聴いてないぞおー!!てか、なんではねうま歌わないのかしら??(はるうまのがよく聴くので)
まゆき
2007/08/10 06:40
 リリーとジョバイロは系統が結構似てるかも。ということはやよいちゃん、こういう曲がお好み?上の男の子達はハネウマだったよねぇ〜。やっぱり男性脳・女性脳の違いかしらっ!?
 こんど聞かせてって、言っといてねー。あ、ついでに岡野さんちのお嫁さんにならないかって聞いといて♪(←どんな夢を見てんだか)
うまうま
2007/08/10 23:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
長くなった!!!! 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる