〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 決戦は水曜日

<<   作成日時 : 2007/10/02 23:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

 明日だーーーー!!!!!

 ポルノグラフィティの9th live circuitファンクラブ先行予約の当落結果が分かるのが、明日だーーーー!!!!!

 公式HPにも、今回は激戦でしたって言うのが載ってましたね。わざわざスタッフが書くなよぅ、そんなこと 分かっているんだから、スタッフから釘刺されたら落ちた時に何にもいえなくなっちゃうじゃん・・・何か言おうとしていたって訳じゃないんだけど。
 いえ、分かりますよ。落ちた方に対する心遣いというヤツでしょ。優しさというヤツでしょ。分かっちゃいるんだけど、結果が分かる前から書かれ、実際落ちていたとしたら、

何て言って自分を慰めていいのか分からなくなる

 のですよ、私。自己分析で「今回はライブハウスだしね・・・・。当然少ないしね・・・。ファンクラブのメンバーも前回のライブのお陰で増えてるだろうしね・・・。」という予測を導き出して納得したかったよ。これが私流、ケリの付け方。(←可笑しいって、それ)

 どきどきというより、なんかもうこう書かれていれば

「どこかに通っていれば御の字

 という気にもなります。きっとそういう達観した気分で結果を待ってくれという事なんでしょうがね。
 切ないよ。ラブレターの返事待つより切ないよ。

 ・・・ラブレターの返事待った事なんかあったっけ

                         

 何気にようやくポルノネタでした 最近めっきり話題が少なくなっていまして、こんなことじゃいけないわっ!!!と奮起しました
 
 ファンクラブに入った友人から今日、「どきどきだねー」というメールを頂きました。(返してないわ、そういやぁ・・・) 全公演の中、彼女と参戦できるのは

12月24日の広島公演唯一つ。

 本気で、小さな子供を持つ母親の、平日の夜のライブ参戦というのはかなり無理があるんです。
 ポルノグラフィティならびに関係者皆様、ファンが皆がみんな独身及び学生ではないので、少しは・・・せめて少しは気を使って・・・・・無理・・・・? 4日の内土曜日か日曜日を挟むとかさぁ。子供も連れて行ってOKとかさぁ。 メンバーのお二人だって、お歳も考えたら子供の一人や二人や三人や四人・・・・いたって可笑しくないんだぞ。子連れ家族のジレンマを解決してやって下さいまし。 あっ、申し訳ございませんがこんな事言ってる私も未婚&子供なし
 病院の忘年会だって託児所が出来るんだぞ。(←何故に怒りモード?)

 神様ーーーー!!!!

 仏サマーーーー!!!!

 ばぁちゃーーーーーん!!!!

 ここは広島よ〜〜〜〜〜!!!!


                           

 段々モードが変になりつつあるのですが、今日は整形外科の手術日で、私は何件かの整形外科手術に付く予定でのんびりいつものように仕事に出ていたのです。

 朝9時になろうかという時、外科の先生から電話。

「パンペリはいりま〜〜〜す。」

 ウェイトレスじゃねぇーーー!!!

 丁度その時、滅菌物をもって廊下を横切っていた私。
 午前中に付く手術は外来オペの簡単なもの。外科のパンペリは緊急手術且つ、開腹、想定外も予測される。

 ポテポテと歩いていた私の腕を掴み、逃がさないわよとばかりに師長さん

「はい、うまうまさん直接介助ね。」

「えっ!? 私この次の整形外科についてますが。」

「あぁ、それは違う子にとってもらうのよ。」

 ぐるりと見渡したその場
 そこにいたのは新人さんと、私より後輩達ばかり。
 師長さんの考えは一直線

 私が今この場の時点で、一番年を食っている。   
           (↑キャリアが長い、と良い表現では言う。)

 先輩達はどこへ!?

 事の顛末が落ち着くと、柱の陰から出てきた先輩・・・

「ま、整形の方は任しとき!」

 隠れてましたねーーーー
 
 案の定、想定外の手術でした 連絡から10分足らずで患者さんは入室、痛みで喘いで顔も分からない。私はひたすら器械を並べて数えていました。
 さて、オペ開始!
 開腹!
 おっ!!腹の中が見えてきた!!!!

 う・・・・・・・・うん・・・・・・う○ぴーーーーーー!!!!

 そうです、腸が破けて本来肛門から出るはずのブツがお腹の中に漏れていたのです!!!!!

 こういう時の為に滅菌して準備してあるカレースプーン(←本物のホンモノ、食事用のものを高圧滅菌をかけて手術用においてあります。)を使って穿り出す。

 膿盆(手術用のお盆みたいなもの)にもりもり溜まるブツ。

 部屋中にもりもりこもるブツのにおい。

 た・・・・耐えれん・・・・

 ・・・・と思ったのはものの何分

 ここは人間の凄いところ。有る程度を過ぎると「ん?匂わなくなったぞ!?」と、気にすることもなくなりました。別の用事で部屋に入ってきた人たちは悶絶しながら出て行くというのに、そこにいる私を含め麻酔医・外科医・外回り看護師・フリー看護師、果ては様子を見に来た師長さんまで。

 平気のへーーー。

 というか、こんなもんがお腹にあったら、そりゃ痛いよ ショックにもなるわ。人間の作り出すものの中で一番汚染されているものがブツ。おしっこなんて出てくるまでは無菌なんだから。ブツの中には腸内細菌がいっぱい。大腸菌など、身体に害はなくても無菌の部分に害が出るものいっぱい。

 とりあえずかきだせーーー
 とりあえず洗えーーー!!!!

 必死でブツと格闘していた間、余りに必死すぎて患者のことはそっちのけで患者の腹の中と向き合っていた外科医達と私。外では患者さんの状態があまり良くなく、あわやちょっぴり危険な橋を渡るところでした。
 けれど、お腹の中が綺麗になると状態も上向きに 悪さをしていた原因が取り除かれて、身体の中に必要な水分やアルブミン、糖分、イオンなどを補正してあげることでちょっと弱り気味だった心臓も回復!!!
 気づいたときに外科医が

「命を救うってこういうことなんだな。」

 なんて呟きました。この外科医、必死でお腹の中を洗っている最中、

「患者を救いたいなら生食全部持ってこい〜〜〜〜!!!!」

 と、隣の部屋に響くまで叫んだ、いや、叫び続けた先生です。部屋の外に出来た洗浄用生理食塩水の数を見た産婦人科医は、ちょっとビックリしていたようです。片付けるのが大変でした・・・・。
 その患者さんも無事手術を終えて、手術室内で麻酔を醒まし、元気に返答をされていました こんな状態での手術の時は、手術以後の傷の経過観察が重要なんです。お腹の中が汚れていたので、お腹を開けたときに脂肪や筋層、腹膜に汚れが付いてしまい、お腹を切ったときの傷が治りにくいことも予測されます。しっかり傷も洗浄して消毒するんですけどね。一つの予測される合併症。帰って行ったICUの看護師さんに託します。

 それにしても、本気で痛かったと思います、患者さん。

 無事でよかった

 
 
 という訳で、怒涛の2日を過ごしたうまうまでした。
 ポルノグラフィティで癒されようと思ったけど、またまた本に癒されてしまいました。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
かえしてよ(笑)
あー・・・ホントに胃がいたくてねぇ・・・
さっきも主人に背中押してもらっとこだよ。
決戦は明日・・・
これによって、今後のCDの聴く楽しみが天と地ほどに別れちゃうんだけどなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁはああああ。
てか、話があるんよね。
それも含めて遊びにいこー☆(^^)
まゆき
2007/10/02 23:30
もうすぐ発表ですね・・。
仕事なんて手につきません。発表後は、がっかりして、仕事なんて手につかないのかも。涙

今回のは平日ばかりで・・。社会人にも辛いです。職場が、交通の便が不便なので、定時まで仕事をしたら確実に間に合いません。土日をもう少し増やしてほしかった・・・。

「生食」と聞いて、あの甘いパンみたいなのが浮かんじゃいました。

母が水頭症になり、管を入れてるんですが(管って言い方、きっと違いますよね。)前に管を入れた部分が浅かったせいか、頭の皮膚をやぶって出てきちゃって・・。
管が頭の中心部分から内臓までつながっているので、管をつたわって菌が入ったら、アウトだと言われました。強い抗生物質を使えば、菌は殺せるけれど、母親の内臓がもたないと言われました。
3時間弱の手術を終え、医師が「とにかく必死で洗った。菌の検査は結果は明日に。」と。
検査の結果、菌はいました。けれど、先生が必死で洗ってくれたお陰で脳には入り込まず生きています。
そういう気持ちで手術をしてくれている先生や看護師の方には「命を救ってくれてありがとう」って感謝してます。
まちゃこ
2007/10/03 09:49
>まゆきちゃん。
 胃痛の方は快方へ向かっているかな?子供の事とか家事のこととか、解決すべきことはいっぱいあるけど、楽しんで行こうねーー!!!

>まちゃこさん。
 そーなんです、今回は平日、平日、平日。仕事が終わってからだと間に合わないんですよ。皆ちょっとした犠牲を払って出かけるんでしょうか。ところで、広島エントリー結果はどうでした?
 
 病院って本当に色々なことがおこりますし、人間って本当に色んな病気・災難にありますね。他人事じゃなく、自分事でもあるんです。
 といっても、お母さん、大事無くて良かったですね。その時の先生はきっと本当に死に物狂いで必死だったと思います。手術場の光景が目に浮かびます。逆を返せば、そういう治療に反応してくれる人間の身体の余力の大きさって、凄いと思いますね。
 わんこを見てても思うのでありますが…。

 
うまうま
2007/10/03 20:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
決戦は水曜日 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる