〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 温もりの効果

<<   作成日時 : 2007/11/27 22:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 既に始まったポルノグラフィティのライブに行ってる方も多い。今日は2日目 男子バレーボールは苦戦に苦戦を重ねているけど、ポルノは当然のように勝ち進んでいる感じ。まぁ、ポルノの勝ちは当たり前だもんね。

 という訳で、うまうまもライブ参戦まであと少し(ではないかもしれないけど)。寒いんだか暖かいんだか良く分からない最近の気温と疲れと慢性睡眠不足でちょっと身体に変調をきたしているような、そうでもないような・・・もう自分でも分からんぞ これ以上不調が続かないように、どこかでメンテナンスしなきゃいけませんね。

                           

 今日の夕方、地方ニュースの番組を見ていた所、認知症緩和ケアという話題をしていました。
 私の知識からすると、「認知症で末期の方のケアのことか?」と思っていたら、何だか違う様子。どうやら、それとプラスして介護施設での認知症のある入居者に対するその症状緩和のケアも含まれているようでした。
 何かといえば、入居者に対する「ふれあい」をモットーに、オイルマッサージや身体のマッサージ等を行うということらしいです。
 手のひらマッサージや身体全体のマッサージ等で、徘徊や奇行が減り、状態が落ち着いたりするらしく、会話が成り立つようになるという効果も上がっているようです。紹介されていたのは広島の介護施設の話でしたが、もしかしたら都会ではもっと沢山の方法で行われていることかもしれませんね。私は初めて耳にする話題だったので、ちょっと目新しかったです。

 肌と肌を触れ合わせ、体温を感じることの大事さ・・・

 短いレポートでしたが、本当にひしひしとそれが感じられました。触る、触れる、そうした感覚が心を安らかにさせてくれるらしいんですね。これは、今までの老人介護にはなかった発想。
 大人対大人の関係の場合、どうしても「言葉」「会話」が先に来るもの。だから会話の成り立たなくなった認知症のある方に「言葉」の効果がなくなり、認知症自体ではなく、その人自身が聞き訳がないとか、問題行動ありだとか、マイナスのイメージでとられてしまう。全部全部病気のせいなんだけど・・・。誤解が生まれ、温度差が生じ、通じ合えないということはお互いかなりのストレスで、そのストレスがまたお互いのすれ違いを生んでしまう。老人介護の現場だけでなく、人間関係で絶対こういうことっていっぱいあると思う。これを是正するのは結構大変。
 そこで、言葉のキャッチボールはちょっと置いておいて、ふれあいって言う五感のキャッチボールを生かそうとする訳です。

 人が人と関わっていくのは、「言葉」という社会的なもの以外にも、「温もり」とかいう情緒的なものも含まれる訳で。

 その最たるものがマッサージ。相手を思いやり、言葉なくただずーっとふれあい、さする。そういった行為で薬ではとりきれなかった痛みも和らぐのは確か。看護って手で看ることだもんね。誰にでもできる看護、それは痛みに添える自分自身の手。お母さんが子供が痛がるところをさするのと同じ。

 おなかが痛かったらおなかをさする。頭が痛かったら頭をさする。 
 「痛いの痛いの飛んでいけって。

 ならば、心が痛かったら心にそっと手を添える訳です。でも心って触れるものじゃないから、ぬくもりを通して触る訳です。手をマッサージしながら心を暖め、背中をさすりながら心をさするのです。
 そうしたふれあいが、事実認知症の症状を緩和させているらしいです。

 これは、老人介護だけの話ではありませんよ!

 恋人と、手を繋いでますか?肩を抱き合っていますか?っていう話から、子供を抱きしめていますか?いい子ねって頭を撫でていますか?っていう話、果ては肩たたき、してますか?っていう話まで。

 握手は、そのいい例なのかも知れません。握りあう手のぬくもりと同時に強さを感じて心に響く、そういうものなのかもしれませんね。

 人とふれあうこと、肌がふれあうことを嫌う世の中は、淋しいものです。
 
 抱き合って喜ぶ友達は、いますか?

 そんな関係こそ、癒し、癒される関係なのかもしれません・・・

 そういえば我が家のわんこも、意味もなく私の手を頭の上に乗っけたがります。「触って」って言ってくるのはわんこの信頼の証のよう。犬でもぬくもりの効果を知っているのかもしれませんね。
 そんなわんこは、私のするマッサージが結構お気に入りのようです。

 疲れている身体を癒すぬくもりが、誰の前にもありますように。

 ガンバレ!ニッポン!

 ガンバレ!ポルノグラフィティ!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
そうですよねぇ、ふれあうってこと、
本当に大事だと思います。
『手当て』だって、手を当てるって
書きますもんね。

コギちゃん、手に頭を乗っけてくるって
可愛い〜♪
うちの犬は全体重をかけて、体ごと
無駄にぐいぐい押してきますからねぇ。
何の意味があるんだか・・・

あっ先ほどメール送らせて頂きました〜
ちゃんと届いてるといいのですが・・・
こと
2007/11/28 22:00
メール、届いてますよ〜♪

 そう、手当てって誰にでもできる事ですからね。看護って、そういう意味では誰でも出来るんですよ。大学の先生曰く「看護師でも母親には敵わない」って。言いえてますね。
 
うまうま
2007/12/01 21:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
温もりの効果 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる