〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS ある日の夜に・・・

<<   作成日時 : 2007/11/04 22:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 昨日の夕方のことです。

 腰が痛いながらも、とりあえず昼間の待機当番を抜けて、お出かけから帰ってきた父と母(毎週末には二人してどこかしらへ出かけて観光してくる両親。そう、必ずどこかへ出かけます。)と一緒に、自宅近くのショッピングセンター(モールなんというカッコいいものではない。店舗の一つはイトーヨーカドー。)へ出かけました。

 日曜日(つまり今日)に使う予定の人参の買い物と、夕飯の材料の調達のため。親とこうしてのんびり買い物に出かけることもなくなった昨今。

「私らは買い物しとくるけぇ、アンタどこにおる?」

 と母に先制されました。何時ものことです。ヨーカドーの食料品売り場は数が豊富で安い。だからここで買いたいという。

「人参3本買っといて。」

「分かった。」

「じゃ、うちは本屋におるけぇ。」

「分かった。じゃ、終わったら電話するけぇな。」

 母は父を伴ってヨーカドーの食料品売り場に消えました。大概こういう形になる我が家。一緒に買い物に行くとしても、行き場は別々。携帯電話って便利ですねぇ
 私は何時ものようにヨーカドーの隣の店に入り、その中の本屋に直行。共存しているお陰なのか、本屋はこっちの館にしかない。北風吹きすさぶ渡り廊下を抜けて本屋へ。
 とりあえず、別に投稿する気もないけど、金原ひとみさんの「オートフィクション」を買いました。チラッと覗いて買うかどうか決めようと思ったんですが(特徴的な文章って聞いたし、賞受賞作も読んでないし。)、なんと、そこの本屋にあったのは、直筆サイン本!なので、カバーがしてあって中身が読めない。薄い本だし、大いに興味があったので(晴一くん、こういう作家さんも読むのか・・・と・・・)、購入。
 まだ開いてませんが

 その後暫く本屋をぶらぶらしていたら、母から電話。

『あぁ、終わったよ。』

「ん、分かった。」

『えっとなぁ、ヨーカドーのCD屋さんにおるけぇ。』

「・・・・は!?」

 母がCD屋さんとな!?

『そう、しんせいどう・・・・とかって言うの?そこ。』

「・・う・・・うん、分かった。」

 ぶつっと電話が切れた。
 母が、CD屋さん・・・・??????何か欲しいものでもあるんか?もしかしてDVD-R買うけぇ、焼いてくれって事?まさか、母の『人生号』に乗っけたままの「PORNOGRAFFITTI」に嫌気が差したってこと?

 母とCD。

 母とCDショップ。

 母と新星堂。

 ・・・・・似合わん。消化不良起こしそうなくらい食べ合わせが悪すぎる。
 しいて言うなら、犬ににゃ〜と鳴かせるようなもの。
 馬に肉を食わせるようなもの。

 ヨーカドーの数ある出入り口の一つの近くに、そのCDショップはあります。小さなコーナーみたいな店舗なので、すぐ分かる。「winding road」でお世話になったところだし。
 店舗に入ると、父の顔が。DVDの並ぶラックと人ごみを縫って進んでいくと、

 トイレットペーパーを持った父に遭遇。

 韓流ドラマの並ぶDVDコーナーに、背を向けたまま、

 買い物袋からネギを覗かせた母に遭遇。

 ・・・・・漫画だ・・・・・ここだけ、3丁目の夕陽が差している・・・・

 父が私に気づき、

「来たで〜

 と一言。振り返った母が

「あんたちょっと!DVDの値段って分かる!?」

 ・・・・・漫画だ・・・・ここだけ「山田さんち」だ・・・・
 値段って・・・値段って・・・・書いてあるが。

「DVDって言っても色々あるが。どれなん?」

「最近のDVDは値段が書いとらんのよ。あんた分かる?」

 値段が書いてないはずがない
 そんな理不尽なことがあるわけがない
 ぼったくり詐欺のようなことがあるはずがない

「じゃけぇ、どれなんよ?

 私はこの時点で、てっきり母の好きな韓国ドラマのDVDでも買うのだとばかり思っていたら、がさがさとビニール袋の音を立てながら、母がDVDラックの間を歩いていく。ね・・ネギ、落ちそう・・・。しかも・・・母・・・きっとそれは父の酒の肴になるであろうお刺身・・・・縦に入ってますよ!?刺身にツマが絡まってますよ?・・・いいんですか?
 
 母は狭い店内を、あっちあっち!と指差しながら歩いていく。その後ろをトイレットペーパーを持った父が追いかける。

 母!!!

 DVDコーナー素通り!!!!


「こっちよ!」

 ・・・・・母、そこは・・・・・・

「ここ、CDじゃが。」

「CD?これCDなん?」

 見まごう事なきCDです。それも邦楽新譜です。

「ええんよ、これでなぁ、こっちでええんよなぁ?」

 母はトイレットペーパー12個入りを抱えた父に言う。
 そそくさとやってきた父。

「えっとなぁ・・・・・

 欲しいのはかい?

「どこじゃったっけ?こっち?」

「いや、あっちかな?」

 夫婦漫才、数秒。

「何さがしょうるん?」

 いつまでたっても目当てのものを言わない両親に、私。

「あった!これこれ!」

 母が指したCDは、

「ナカシマミカ・・・・・・・?」

 ナカシマミカーーーーー!!!!????
 母、いつそんな人を知ったの!?NHKなつかしのメロディには出演しとらんよ!?

ナカシマミカじゃけど・・・・ええん?」

 母が手に取ろうとしたCDは、彼女のマキシシングル。とりあえず再度聞いてみたら

「・・・・誰?それ?」

 だーーーーーー!!!!!
 知らんのかーーーー!!!!

「違う違う!そんな名前の人じゃないわぁ

 逆切れじゃんか
 興奮する母とは逆に、父は向かいの邦楽ラックを覗いている。顔を上げては首を捻る父。どうやら見つけていたCDがどこにあったのか覚えていないらしい。確かに、この音と色の氾濫した展示コーナー、右も左も似たようなジャケットばかり。
 
「じゃけぇ、誰をさがしょうるん?」

「父さん!そっちだったっけ?こっちじゃなかったっけ?」

 母!聞けよ! 

「で、誰なん?」

 振り回されるネギの攻撃を避けながら、ちょっとばかり耳の遠い母にしつこく聞いた。
 『こっちだったかもしれん。』といいながら隣のラックに移る母、振り向きざま

「こうだくみよ!こうだくみ!」

 ・・・・・・・・・・・・・は?

「こ・う・だ・く・み!」

 ・・・・・・・・・・・・・は?

「おぉ、あったで!これ、これ

 父が嬉しそうに手にしたCD。

「あぁ、これこれ!これいくらよ!?」

 

 ・・・・・・・こうだくみ・・・・・とな?

 確かにそこには、なかしまみかではなく、くじゃくの羽をつけたこうだくみ。
 こうだくみのたにま。こうだくみのあんよ。

 倖田來未「BEST 〜first things〜」 
           CD2枚+DVD1枚付き


 ・・・・・・父(63歳)、あなたもか。

「はよぅ見て!幾ら!?」

 急かす母。父はfirstとsecondを手にして、どっちにしようか迷っている様子。

「・・・・・・・3990円デス・・・・

「父さん!3990円だって!どうする!?」

 父はまだ2枚のベスト盤で迷ってる様子。

「どっちも同じ値段なん?」

「・・・・そのようです

 よくよく2枚を眺めてみると、firstはCD2枚とDVD1枚。secondはCD1枚とDVD1枚。まぁ、どちらも似たり寄ったりの妖艶なジャケット。父は写真のよしあしで選んでる・・・訳ないか・・・そうだったら怖いぞ。我が父親ながら、見る目が変わるぞ

「CD2枚の方がええ。」

 という理由でfirstにした父。
 ・・・・しかし・・・・・・ジャケットがきわどいのはこっちなんじゃけど。
 まぁ、彼女らしいが。

 えぇえぇ、買いましたよ。
 ネギをもった母がコウダクミのCDを持っていきましたよ、レジへ。

「・・・・なんでコウダクミなん?」

 という私の疑問を置き去りにして

 何でポルノじゃ駄目なん?

「父さんが聞くんじゃけぇ

 ・・・・・それは、返答になっとるん?
 その日の夜、嬉しそうにCDを眺め(・・・車では聞かんかったくせに)

「見ちゃろうで〜

 と言いながら、まるでポルノ雑誌を隠れて見るような怪しさで、彼女のDVDを見ようとしていた父がいました。リモコンを片手に抱えたまま、メニュー画面で固まったままの映像に向かい、今か今かと始まるのを待っていた父。

「とうちゃん・・・・」

 たまたま近くをとおった私が声をかけたのが不味かったのか、振り返った父は気まずそう 別にそのDVD、えろビデオじゃないんじゃけぇ、いけん事したような顔せんでもえぇが

「それ・・・・

 画面に映し出されたメニュー画面・・・・淋しく後ろで流れるBGM。

「そのDVD、決定ボタン押さんと始まらんで・・・・・」

 父の手に握られたリモコンのボタンを指す。

「えっ!?なんなん?このまま始まるんじゃないんか!?」

「じゃけぇ、決定ボタン押さんといけんのじゃって。ビデオじゃないんじゃけぇ。」

「なんなぁ

 ・・・・アナタがなんなぁ・・・・
 そんなどきどきのDVDから流れてきたのは、

 わかーーーーくて初々しいクミちゃんでした

 父、思ったのと違って残念ねぇ〜〜〜

 そうよ!えろビデオじゃないんだから!音楽DVDなんだからね!
 クミちゃんをそんな風に見てたら駄目ですよ〜!

 因みに私、彼女の「butterfly」がとっっっても好きなの
 申し訳ないけど他の曲は普段聞かないけど、この曲はすっごい好きなの
 嬉しいことにこのアルバムに入ってたのよね〜

 早速とりこませていただきますわっ!

 そんな父、今日は風邪で寝込んでいます。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・どんだけ〜・・・・って叫んでもえぇ?

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お父さん、可愛いですねぇ〜。

うちの父親が前に『お前、♪恋人よ〜って歌知ってるか?』って聞かれました・・・。多分、私ぐらいの年代までは、8割9割位の確率で知ってると思うけど・・・。歌っている歌手の名前を出しても「いや、そんな名前じゃない」と言い張るので(めんどくせ〜)、CDを買ってきて聞かせたら「あぁ、この声と歌だ。こぅいう人が歌ってるのか〜。」って・・・。
うちの父親は、多分あゆもくぅちゃんも区別がついていないと思います・・・。
まぁ、ベッカムとブラピの区別がつかない兄よりマシだと思うけど・・・。

それにしても、うまうまさんファミリーの『広島弁』がかわいい〜。いいなぁ〜。ナチュラルで「じゃけぇ」。う〜ん、憧れます。
まちゃこ
2007/11/05 09:04
 たま〜にこういった「こだわり」を見せるんですよ、父は。何故にあゆじゅなくてくぅちゃんなのか、分かるような分からないような…。音楽番組も観てないはずなのに、どこから情報仕入れたんでしょうか?しかしまぁ、絢香とかaikoちゃんは絶対言わないと思います。

 因みに、私もベッカムとブラピ、区別付かんかもしれんです(><。)区別付くようになった最近の最新は、「昭仁」と「晴一」です。
うまうま
2007/11/06 00:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ある日の夜に・・・ 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる