〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 緒を結ぶ。

<<   作成日時 : 2008/01/24 23:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

 何の因果か・・・・

 私はとある産婦人科医の手術中、不思議と産婦人科医の独り言に遭遇することが多い。・・そんな気がしてならない。

 独り言を言いたくなるスパンと私の手術介助のスパンが同じなのか、きっと他の誰もが介助しているときにも言っているのに、私の手にかかってしまえば「書くぞ〜ということなのか・・・。

 いや、もうそう言う事はよか

 話題としてはいつもへェ〜なことを教えてくれる、ネタ帳なのさ!きっとその先生がこのブログを読んだら、

「知識が浅すぎる

 とお怒りになると思うけどね。
 まぁいい。知識を広めるのではなく、私の場合、一つの話題提供なのさ。
 
 ポルノグラフィティからコブクロへ浮気中の私、うまうまがお届けします今日の話題 結婚もしていない上、する予定すらないのに産科話題の多い私は、周りに天使が増えていくのを素敵なことだと思いつつ、羨ましくもあるのでありますよ
 皆様の天使は、元気ですか!?

 さて、その話題

 一つの事件からお話しなければならないんですが、私実はその事件を知らないんですよ。だから聞いたことしか伝えられないんで、気になった方は調べてみてください。
 
 手術中、その産婦人科医が直接介助についていた後輩に言ったそうです。

前置胎盤帝王切開をして、その後の出血の為に子宮全摘(全部摘出の意味です。)をした産婦人科医告訴されていてね・・・」

 簡単ではございますが、うまうま、この産婦人科医の言葉を通訳致しします。

 前置胎盤というのは、こちらのHPを見て頂いたら分かりやすいかと思います。
 赤ちゃんと母体を繋ぐのが胎盤。その胎盤は正常な時には子宮の上(子宮底って、上なのよ。)に付きます。赤ちゃんが出てくる産道の入り口は子宮口
 前置胎盤と言うのは、子宮口、つまり赤ちゃんの出口を塞ぐように胎盤が出来上がってしまう状態の事です。

 この前置胎盤では、妊娠期間から出産(帝王切開または前置胎盤の程度により自然分娩)までに非常に『出血』というリスクを負っています。簡単に言うと、胎盤がはがれやすい。胎盤がはがれると赤ちゃんが危ないし、出血による母体のリスクも!胎盤は赤ちゃんの命綱。

 という訳で、その前置胎盤で産道をふさがれ、赤ちゃんを帝王切開で産むことになった妊婦さんがいて、勿論出血の予測は付く訳です。で、その帝王切開の手術時(だと思うんだけど)、子宮からの出血が止まらないため、已む無く子宮全部を取ってしまわざるを得なかったという症例があったそうです。
 その時のインフォームド・コンセントがどうだったのかとか、医師の手技はどうだったのかとか、そういう前後関係は全く分からないのですが、先生が言うのを解釈するとこんな感じです。

 その症例の後、その処置を不服とした原告が医師を告訴したという訳です。

 聞かれた後輩も事件の事を知らなかったようで、「はぁ・・・」みたいな言葉を返していました。(もともと手術中は言葉少なくなる後輩なんだよね。)

 産婦人科医は続けて言いました。

「その裁判で、医師が負けちゃったんだよ。」

 つまり、子宮全摘という処置は罪だという訳です。
 いっときますが、私は事件の前後関係を知りません。
 産婦人科医は手を止めることなく俯いたまま手術を続けながら後輩に言いました。

「君、どう思う?」

 後輩は思いました。

『・・・・どうって・・・・・?』

 結局、言葉に出来ずにいると、産婦人科医はふふっと笑って言ったそうです。

「訴えられるんだよ、そして、負けちゃうんだよ。」

 いいいいいい・・・・意味深・・・・

 意味深過ぎて


 怖いーーーーー!!!!!



 何故なら・・・・




 丁度その「前置胎盤」の手術中だったんですからーーーー!!!!!



 その患者さんの受け持ちだったのです、私。赤ちゃんが生まれて、おんぎゃ〜って声を上げたのはいいんだけど、今日ばかりは赤ちゃんどうのというより、

 お母さん大丈夫っっっ!!!!???

 の世界でした。元気?元気?聞こえた?生きてるーーー!!!???
 前置胎盤と言うのは、もうそりゃあリスクが高い手術です。特に出血という意味で。
 胎盤が剥がれ易いと言う事は、赤ちゃんの命綱がちょっぴり細いかも?っていう事も含みます。お母さんはそりゃ必死にお腹に抱えてくれてるんですけどね。なので、前置胎盤の赤ちゃんはちょっぴり小さく生まれてきます。といっても、しっかり10月10日を過ごした赤ちゃんは臓器的な成長は確実ですので安心を!未熟児と言う事はないので。今日の子も、小さいけれど大きな声で泣いてくれました。

 その後ですよ、その後。血を止めなきゃ!!!

 胎盤がはがれた後の出血は、もともと、男の人がみたら卒倒するかもしれない位あるんですが(月経どころの話じゃないさっ)、その出血を止めるのが人体の力!

 子宮収縮

 という、ホルモンのなせる大技!赤ちゃんを産んだ子宮は急速に収縮します。一緒になって、広がっていた血管が縮むので容易に出血は止まるんですよ。もう、神秘としか言いようがない回復力!怪我をしたときも、アルコールが入って血管が広がっているときはどばどば血が出るじゃないですか。それと逆です。
 そうして自ら血を止めるんですが、帝王切開の場合、子宮収縮剤と言うものを使います。点滴や静脈注射で投与すると、みるみる子宮が小さくなっていくのが分かります。(元の大きさまでは戻らないよ。いくらなんでもそんなにすぐにはね・・・)
 今回の前置胎盤の場合、子宮の収縮が起こっていても如何せん胎盤が下に付きすぎているので、子宮底が収縮しても子宮口付近までは収縮の恩恵が少ない!血が出ているのは子宮口近くなのに。
 
 活動性の出血が何時もより続くため、先生は小さくなっていく子宮に手を入れて圧迫止血をしながらあの手この手を模索する。

 結局、収縮剤を直接子宮の出血部位に局注し、事なきを得ました。いつもの手術より倍の出血がありましたが、麻酔科医の完璧なる管理の下、生命兆候には異常な兆しも見られず、術後の悪露が少し多いかもしれないというくらいで済みそうです。使い果たしたガーゼの数は大手術以上だったけど。手術の最中に追加分を数えるのが大変

 しかし・・・その丁度その手術中に、事件の話をする先生って・・・・分からん。

 きっとね、「何で子宮全摘までするんだ!!!」って意味だったんだと思うんだよね。「こうすればちゃんと出血は止まるんだ。」って言いたかったのかも。

 ナルシストであります、この先生。



 なんだか難しい話になった?

 出産って、本当に身を削る出来事なんですよ、ホント。世の男性陣、分かっているかね!? こんな私に言われても説得力がないかもしれんけど。

 10日10日、色んな事がおきますね、妊娠というものは。けれど、それが一つずつ喜びへと変わるもんなんですよ、きっと。

 人一人が生まれて死んでいくって、凄いことなんですね・・・

 かの森津純子先生が書いた言葉です。凄いことです。こんな生命のめぐりって、どうやって神様は考えたんでしょうねぇ。
 アダムとイブの楽園での失態に始った出産の痛み。鼻からスイカが出てくる痛みっていうけど、鼻からスイカが出てくることに何の喜びがあるのさ!!! 出産に絶望だけを残さないのが凄いところなんだぞ。世の中のすべての事に意味があるって、こう言う事ですね。鼻から西瓜がでたって、意味ないじゃん。西瓜は土地から生まれるんだ!

 手術場と言うのは、こういうところです。←・・・なんだ!?

 なんだかグダグダになってきたので切り上げなければ。

                          

 今日、ちょっと用が出来て、ポルノグラフィティ9th live circuitのツアースケジュールをしげしげと眺めていたけど、本当に後半戦になってきたんですね。 名古屋の後は東京に戻って、そのあと何回かのホール公演だもの。
 
 自分のライブが遠い昔のようだけど、まだ胸の奥に大切な輝石として輝いてます。
 高知で見た昭仁くんの瞳の輝きも、広島で感じた晴一くんのギタリストとしての横顔も、二人の笑顔も楽しさも優しさも、ポルノグラフィティのバンドサウンドの暖かさも、何もかも
 どんなアルバムにものっていない、どんなシングルにも奏でられない一曲一曲が、本当に曲の形ではなくって、曲の音ではなくって、「高知ライブの音」「広島ライブの音」として刻まれています。それは前回のOMCとは絶対的に違う、それぞれのポルノグラフィティであり、つながりのあるポルノグラフィティ。

 ライブに行くようになって、

 いつも胸を張れるファンでいたと思うようになりました。(浮気してるくせにね)

 大好きですって、声を大にして言えるようになりました。

 好になれてよかったって、思えるようになりました。

 よく聞くアーティストを聞かれても、即答できるようになりました。
 
 音楽の教えてくれる喜びがある事を肌に感じられるようになりました。

 何より何より、

 人と繋がっていることを実感できるようになりました。

 人は一人じゃない。お腹の中ではお母さんと臍の緒で繋がっているように、この世に生まれ出てきたら「絆」や「縁」で人は人と繋がっているだと、感じられるようになりました。色んな事を考える切っ掛けを与えてくれました。

 人は誰かと・・・ではなく、人は人と繋がっているんです。

 酸素と水素が手を繋いで水が出来るように、人は人と繋がって絆をつくり、人は環境と繋がって文化を作る。

 そして、流れていくんです。流が流れを呼んで、大きくなっていく。

 そうして、大きくなってきたんですね、ポルノグラフィティも。


 何もかも、誰でも、始りは「緒」。

 あなたが生まれてきてくれて、良かった!!!

 あなたが生きていてくれて、良かった!!!

 あなたがいてくれる世の中にいられて、良かった!

 



 私の「あなた」がただ一人を指しているのではないように、あなたの「あなた」も又、一人ではないですよね。

 「あなた」は世の中にいっぱいいて、大切な人は世の中に沢山いるんです。


 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ルイヴィトン バッグ
緒を結ぶ。 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/ウェブリブログ ...続きを見る
ルイヴィトン バッグ
2013/07/10 05:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
産婦人科医のなりてが、ますます減りそうな判決だね・・・・・。
 で、「不足だ不足だ」と騒ぐ人達。でも、処置をうれいれられず、訴える人達。
 ・・・・・微妙だねー・・・。
まゆき
2008/01/31 13:32
 でしょ、まゆきやん。複雑なんだわぁ。医療もサービス、コンビニ化って言われて、なんだかちょっとガックリ来てますよ最近。
 それじゃ、医者のなり手もあるはずないよねー。で、今医者の人達の負担が増えて事故が増えてってことになる、悪循環。
 命の事だから難しいよ。
うまうま
2008/02/01 20:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
緒を結ぶ。 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる