〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 飛びます!飛びます!

<<   作成日時 : 2008/04/02 21:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 4月に入り、初っ端から疲れでダウンしていました、うまうまです。

 さて皆様は、エイプリルフールにどんな嘘を付かれました?
 できるなら壮大な嘘をついてほしいものです。

 何なら、晴一くんから・・・・・・・

 ま、それこそエイプリルフールです。エイプリルフールにしか出来ない妄想です。

 ついでに言えば、わが職場に嘘は通用しません

 

 モグラーず巣穴に、新しい主任さんが来ました といっても、少し前まで手術室で働いていた方なので、物覚えが速いこと早いこと!頭の回転が常人ではありません うちの携帯電話以上です。何を教えることがあるのか、私はその仕事ぶりにただただ呆然としてます。力強い方がやってきました

 新人さんが新しく仲間に入るまでにはもう少し時間があります。今は全体教育として、病院の看護部の方針や運営についての講義をされています。中にはパソコン教育があって、私たちの病院独自で使われているオーダリングシステムの勉強も必須。私が入社した時もかなり複雑だったんですが、今やその上を行ってますから。

 うちの病院のパソコン諸事情を全部引き受けてくれているシステム室の男性と話しをする機会があって、

「パソコン教育も請け負ってるから、忙しくて

 と言われ、

「でも今の子達は皆どこかしらでパソコンを使っているから、お年の方を教えるよりは全然楽でしょ。」

 と返したら、あっさり

「そうです。」

 悪びれもせずそう言われました。私は・・・・多分そっちの方に入ってないと思うけど。
 そのシステム室の男性はパソコンの事ならぜーーーんぶ、なーーーんでも知っていて、困ったことがあればすぐに電話をして来てもらいます。嫌な顔一つせず(多分内心は『チッ』っておもってるかも?)手術場まで来てくれ、その技を隣で眺めながら(今日もたまたま、新しいハードディスクを導入していただいたの)、

「ほぉ〜〜〜、凄いね〜〜〜

 と感心してました。だって、「このパソコンにアレいれて。」と言っただけで、「コレのことですか?入りましたよ。」と返答してくれる。
 ブログを書いている身としては、ちょっと羨ましいその知識
 何気に

「ホームページの作成とか、ぱぱっと出来ちゃうでしょ?」

 何て聞いたら、

「そうですね。でも創りませんけど。」

「何でーー!!!もったいないーーー!!!私だったらバンバンつくるのにーー」

 彼は笑いながら

「そんな趣味はありませんから。」

 ・・・・・・・そーでっか・・・・

 ぽつりと、
 
「私、作りたいんだけどさぁ・・・

 といったら、

「教えられませんよ!

 すぐさま返事されました これぞ、即答です

「だって○○さんだったら、ホームページビルダーとか使わなくてもいいんじゃない?」

「いーえ、必要ですよ。今は使いやすくなってますよ。」

「・・・・だって、アレ使うとみんな一緒になるじゃん。」

 彼は苦笑いをしただけで、オリジナリティーの出し方を教えてはくれませんでした。私も食い下がらなかったけどね。だって、このブログばれちゃうもん!

 という、わが病院のパソコン先生のお話 この方と普段話すことはあまりないんですが、実はお話させていただくと、凄く話しやすくって会話が続く人なのです。気持ちよく会話が出来る方です。最近手術場に来てくれることが多くなり、よく言葉を交わすようになって、

「この人と話してると楽だな

 って感覚を知りました。こんな感覚は、長く知り合っている女友達に通じるところがあります。さらりとプライベートの話をして笑いあえる感じです。相手の方もきっとおしゃべりが好きなのかもしれませんね。ぽんぽんとしたテンポの良い会話が心地よい人です。
 病院には本当に色んな人がいますが、話して分かる人柄と言うのは本物です。そこまで分かり合えるほどの付き合いが出来る人って、考えてみれば少ないですね。こんなにいっぱい人がいるのに。
 医療者ではない人達とは、話すたびに新しい発見があって本当に楽しいです。

                            

 昨日の話しですが、ダイニングの隣の部屋で机に向かっていた私に、夜20時ごろ、母親があるものを差し出してきました。

「な〜な〜 これ。」

 にょっと私の眼前に差し出されたのは、何かについていただろう蓋。プラスチックで、力を入れるとふよっと曲がる程度の堅さで、まるーい。多分筒状の入れ物の蓋に使っていたのかな?と考えをめぐらせながら、

「・・・・これが・・・何?」

 と聞き返す。本題はまだ。
 見たトコただの蓋。ひっくり返してみたら、丁度蓋の凹みの部分にバーコードシールが貼ってある。日本のものではないらしく、「made in austria」の文字。ふぅん・・・

 で?

 だから?

 母はその蓋を指しながら、

「これ、いくらって書いてある?」

 ・・・・・・・・・?

 幾ら?・・・って、値段の事・・・・?

 はぁ、値段のこと・・・・?

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・値段・・・・・?」

 値段が書いてあるのが読めないの?
 母、還暦を過ぎてかなり激しく退行してるので、無理もないかな・・・

 しかし

 蓋にはバーコードのシールの他に手掛かりとなるものはない。
 シールを眺めるが、ブランドマークと原産国の名前位しかない。
 しかも横文字風。
 漢字もなければ平仮名もない。

 ドルもなければ¥もない。元もマルクもユーロも・・・・

「・・・・・・値段なんか、書いてないよ。」

 書いてないから分からないよ・・・・そう意味を含めて言ったつもりの娘。

 それを聞いた母、

「うん。書いとらんのんよ。」

 



 は?





 かいとらんと、しっとったんじゃが!






「だったら、分からんが。知らんで。」

 予測をつけろというなら、モノをもってこい

 ・・・・・と思った娘。

 母は、

「かいとらんのん。」

 じゃけ、わかっとるわ!

「じゃあ分からんが。ナンで私なら分かると思っとん?」

 私は超人か?目からビームがでとるんか?
 地球に3分しかおらんか?

 ・・・・・あなたが産んだ娘は、限りなく平凡な日本人のはず。

 ・・・・・知っとる? 

 ・・・・・気付いとる?

 ・・・・・えらいことポルノグラフィティに傾倒しとっても、ただの看護師なんよ?

 ・・・・・残念じゃけど、ポルノ熱は沸かせんのよ?


 そんな母は、兎に角値段が知りたかったのだろう、蓋に付いたシールを指差して言った。




バーコード読んでぇや。」




 ・・・・・はい?






バーコード。読めんのん?」







  ・・・・・え〜〜〜っと〜〜〜


 




 私はスーパーの「ピッじゃないーー!!!!










「読めるわけないじゃろーーーーーー!!!!!」






 怒号が響いたにもかかわらず、母はニコニコ笑って言った。






「なーんだやっぱり




 


 そんな母に親不孝娘が投げつけた蓋はコレです↓
画像




 ・・・・・・・・こんな母ですが、第二の職場でよろしくお願いします。




 ・・・・こんな娘ですが、今後ともよろしくお願いします。

               親子共々、「少々難あり3割引」です。

               難はあってもキズはありません!!!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お母様、面白い方ですね〜〜。

一時期、バーコードの末尾が値段・・なんていう噂(だかほんとなんだか)がありませんでしたか?
なので、うちの母親もセールなどで安くなった値札を持ってきて「これ元値分かる??」って聞きましたよ。私に。
それは、多分、お客に「お徳感」を分からせるために末尾が金額になってました・・・。なので読んであげましたけれど・・・。
普通は読めないと思いますよ。(笑)
まちゃこ
2008/04/06 11:43
 ですよね〜〜〜!!!! バーコードの末尾が値段って聞いたことがあります。けど、実際そうなってることは余りないですよね。
 
 最近の若者はバーコードから値段をあてるものだと思っているうちの母が怖いんです。しかも、真剣でした!
 結局、実際のモノを見て予想値を話しました。スワロフスキーのガラスで出来たふくろうさんだったんです。
うまうま
2008/04/06 21:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
飛びます!飛びます! 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる