〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS うまくいかんがっ!!!

<<   作成日時 : 2008/06/12 21:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 怒る時には方言丸出しになるのが常。しょうがない、それで過ごしてきたんだから。
 いえ、方言の話じゃなくてホントにうまく行かないことが多いです。人間関係しかり。私の今の人生の中で、うまく行っているのは仕事友達関係
 
 まずはその仕事今日は大腿骨遠位部の骨折ロッキングプレートをあてた骨折観血的整復術に介助につきました。今日の手術場での一大イベントです。昨日から私が付くことが決まっていて、主治医の先生に「どんな風にするの?」と聞いていただけに、流れはスムーズレントゲン写真を見て大体の予測をつけていたし、必要なものはぜーんぶ揃っていたし、安心して手術開始。
 うちの病院の大御所の先生と、主治医の先生と、若い先生とでやっていたんだけど、整形外科という領域は病院毎に色々「伝統的なやり方」って言うものがあるんです。うちの病院然り、大概の先生にはそれなりのこだわりがあり、こだわらないことがこだわりだったりする先生もいます。
 整形外科医でのこだわりって骨折線(折れているところ)をどれだけあわせるかというもの。割ったスイカをどれだけ綺麗に元に戻すかということです。

 うちの病院は、とにかくとにかく骨折線が目に見えなくなるほど綺麗に整復します。その上で、プレートやスクリューで骨折の治癒を促進させます。なので、私たち看護師が見ていても、

「そこが合っていません。隙間があります。」

 とか、整復途中のレントゲン写真を見せられて「どう?」と聞かれ、

「でもここが少しズレてます

 とかいう会話が可能でした。看護師に分かるほど骨折線が残っていては駄目という感じです。私たちはずーっとそれでやってきたので、手術後の成績も良好 先生達もそれが当たり前だし、それが経験となって蓄積されていくんです。
 
 けれど、最近の整形外科での主流はちょっと違うみたい。とりあえず合っていれば、少しずれていても大丈夫というものだったり、プレートの力で合わせていく、というのもありらしいです。(難しいけど。)

 ということはつまり、私たちの病院にはなかった考え方。

 そういう考えの若い先生が増えてきて、「とりあえず」という手術になってきてしまう。「とりあえず」っていっても、不十分じゃなくて、その分手術が速く終わって身体に負担が少ないとかのメリットはあるし、そうは言っても手術後の成績が悪いわけじゃないというものです。「とりあえず」っていう表現がいけないんだろうけど、なかなか合致する言葉が思いつかない・・・すいません、世の整形外科の先生、イメージ悪くなって

 そういう手術を見ていると、

「これで大丈夫なん?」

「コレってあんまりにも骨折部位に力がかかりすぎとらん?」

「スクリューが反発力で折れたりせん?」


 と心配になる事が一杯あります。ここのところ、詳しく聞きたい方は個人的にどうぞ・・・。

 今日の手術もそうけれど、最終的には「治して」終うんだから先生の不思議なところです。

 先生と呼ばれる人って、どんな人でも「不思議」です。

 医者って、何考えてるんだろうねぇ・・・・・

                           

 仕事は何事もなく随分流れよく、思ったよりもずーっと早くに終わったので、ちょっとした達成感もあり、充実してましたよ。そうそう、私の人生うまくいってるのは仕事・・・・もしかして仕事だけーーー!!!???

 仕事場での人間関係についての悩みは続いてます。

 スタッフ間の事ではなく、看護助手さんのお話です。

 世の中色んな人間がいると感じてますが、「トラブルメーカー」といわれる人って、ホントにいるんですね。私は手術室の看護助手さんの間柄とか詳しく知らない(中立中立。)のでなんともいえないんですが、助手さんたちの間でうまく行っていない様子なんです。
 それについては耳にした事もあるし、会えば必ず師長さんから愚痴を聞かされていたりするので、色んな事件が起きている事は知っています。仲の良い助手さんから話を聞くこともあるんですが、私自身がそういう話題に虚ろな返事しかしないのでなかなか詳しくは教えてもらえませんけど 知らないフリをしている訳ではないんだけど、なかなか私の所まで話が回ってこんのよね。 

 これが、またまた厄介な人間関係で・・・

 私が悩んでも仕方ないんだけど、色んな愚痴を聞かされるのでほとほと嫌になります。それが悩み。聞されるのが嫌だから、なるべく円満にその時の話をまとめ様とするんだけど、回りは聞く耳持たず 文句を言って憂さを晴らすというとおり、みんな喋って発散・・・・それを聞く私はうんざり

 私はその「トラブルメーカー」の人に対してなーんとも思っていないので、「好き」も「きらい」もない。ただ仕事をちゃんとしてくれればいいって言うだけ。人と成りをあまり知らない人の悪口ばかり聞かされているので、そういう偏見で見てしまってはいけないと、それなりに中立な立場で見るんだけど、

 やっぱりその人は少し変な訳

 私よりは随分年上なんだけど、申し訳ないけど「言われるだけの事はある」と思うところも・・・。けど、全部が全部変な訳じゃなく、ちゃんと仕事も出来るところはある。確かに出来ないところもあるんだけどね。その上でトラブルが付きまとうからみんなが倦厭しちゃう感じです。
 トラブルを呼ぶのか、産むのか・・・それは本人しか知らないことだけど。

 色んな人がいます ホントに、世の中色んな人が一杯です

 今日の休憩中もその方の話題になって、私は兎に角「まぁまぁ」って感じで聞いていたんだけど、一緒にいた後輩が

「私はきらいと思ったらどうしてもきらいです。途中で「好き」にはなれません。」

 ・・・君もあの人の事余り好きじゃないのか・・・。もともときっぱり言い切る性格の子だから、分かる気はする。君に嫌われたら、私も辛いよ〜〜〜
 グチグチ喋っていた師長さんも、大きく頷いてるし〜〜〜

「もともと変な人なのよ〜

 師長さんまでーーー!!!
 かと言って私がその人の事援護できるほど親しくもないんだけど、

「ちゃんと話せば分かってくれることはありますよ。」

 と返したら、

「今までちゃんと話してきたわよ!

 と師長さん逆切れ。
 とばっちり

 言葉なく俯く私。

「うまうまさんは、嫌いな人はいないんですか?」

 楽天的な発言を繰り返す私に、後輩が聞いてきました。

「・・・・・・・ん〜〜・・・・いないかも。」

「えーーーーっっっ!!!!」

「苦手な人はいるけど、『意外にいい人じゃん』って途中で評価が変わることはいっぱいあるよ。」

 そーなんです・・・。私、本当に楽天家のようで・・・

 苦手この人のこういうところが嫌・・・って思っていても、ちょっといい事があると『いい人』に変わってしまうんです。深く付き合ったらっていう所まで行かなくても、ちょっと優しい言葉を掛けられたら評価がガラリ。いい人だ〜〜ってことになるお調子者なんです。
 ま、逆も然りなんだけどね。ちょっといやな事があると「あ、だめかも」って思うけど、そこはまぁもともと『好き』の部類の人だから許せちゃう。

 私って・・・・・考え無し?
 というか、のー天気!!!???

                          

 うまく行かないことその2。勿論恋愛話。

 うまく行きません

 全然。

 またまた彼女と一緒の彼の人を見ちゃいました

 駄目ですね、ホント。諦めるって言う事が出来ないんだな

 そういうところは粘着気質!?

 愛は地球を救う

 っていうけど、

 一人の人間は救えないんですね。



 「愛」って何ですか?




          愛とは、後悔しないもの

          後悔はしません!!!


         

 しかしですね、ポルノの愛は通じます!!!

 コッチはなんだかんだで両思い〜〜〜〜!!!????   不特定多数だけど・・・・・。

 淡路チケット取れましたーーーー!!!!!!


 ぎゃ〜〜〜〜 !!!!!

 うーれーしーいー!!!!

 行くぞ!

 行くぞーーーー!!!!



 コッチの愛は通じたぞーーー!!!!


 うまく行かない中でも、幸せの光はあるものです。


 新しい携帯にしたし〜〜〜  ←何の関係が!?

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
うまくいかんがっ!!! 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる