〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS Get You!!!

<<   作成日時 : 2008/06/15 21:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 さて、土曜日からこっちの私を何と表現しましょう!?

 忙しかったです この次の週末に学会発表があって、水曜日には読み合わせだって言うのに、何にも出来ていない この土日はめっちゃ忙しかったです。お陰で乗馬も中途半端で、グレッチとの逢引も出来ずじまい。あーあ、グレッチ私の事忘れてないかなぁ・・・

 土曜日、午前中から乗馬に出かけ、日曜日も何故かコンビを組むことになったのはピアちゃん
 実はこの子、障害の方で大人気の競技馬だったりしますが、そろそろお年を召してきたと言う事で競技人生からは引退したようです。けれど、障碍レッスンでは本当に人気者で、いつもは馬場レッスンに出てくることもまず稀という子なんです。
 しかし、この13.14.15日は中四国の馬術競技がある週。私も見に行きたかったんだけど、この忙しさでなかなか予定が付かず、いけずじまい。倶楽部からは会有馬を含め何頭かが参戦しています。
 お陰で、土日のクラブは

「経営大丈夫?」

 と心配になるほど人がまばら。いつも居るはずの人がいない!!!それは指導員じゃなく、会員さんのこと。いつもいるはずのアノ人が!この人が!いーなーいーーー!!! ので、何だかビギナーさんやら初級クラスの人達の方が多いという逆転現象。倶楽部はのんびり、馬達ものんびり。
 と言う事は、馬あまり状態。つまり、初級・ビギナーレッスンに出ない馬達の運動不足。乗り手がいないんだもん。動かしたい馬に乗る人がいないので、とりあえず私たちがお相手と言う事になります。普段だったら考えられない配馬。私がピアちゃん!?

 かくいうピアちゃんを始め、私たち(と言っても2.3人・・・)馬場馬術レッスンに借り出された馬達は、

「何で私だけこんなしんどいレッスンなのよ!?」

 と言いたげ・・。初めからぶーたれて動かない。ピアちゃんとのコンビは、これで生涯で二度目なんです。今まで一回しかこの子に乗ったことが無いと言う位、生粋の障害馬といっても過言ではない。
 私がピアちゃんの準備の為に引っ張っていると、私の乗馬スタイルを知る方等は

「え?」

 と言った顔で見つめてくる。土曜日に引き続き日曜日にもピアちゃんに当たってしまい、とほほ・・と思いつつ引っ張っていると、

「今日は誰?」

 とみんなに聞かれ、

「はい!この子の顔を見てください!!!」

 と返したら、

「え〜〜〜、ピアちゃーん!!!」

 と大爆笑されたのは・・・・何故!?
 私とピアちゃんは、知る人が知ると「何故何故」コンビです。
 
 けれど、ピアちゃん自身は結構凄いんです。障害でも、バーを見たら「任せて頂戴!」とはりきるような女の子。これが、私の乗馬では裏目に出ます

 何と言っても、駈足で勝手にショートカットしちゃうんですもの

 障害は順番どおりにバーを飛んでいく競技。タイム競争が主なので、とりあえず早く回るのが一番ということは、体勢を素早く変えて方向転換したり、長い距離を走るとロスするからなるべく近道を選んで走る。それが、ショートカット。競技を見ていてすんごいショートカットをする二人組みなどを見ると、「おぉ〜〜〜」っと声が上がったりします。

 ピアちゃんは、勿論それが得意?

 真っ直ぐ走って、私が曲がりたい所は遥か向こうなのに、

「ここで曲がると早いわよ!」

 と、ショートカット

 おいおい〜〜〜!!! 
 こんなにがっちり手綱掴んでるのにショートカットするかい!!!??

「こんなにちんたら走ってられないわ!

 と、横っ飛びで方向転換。

 おいおい〜〜〜、こんなにしっかり内方姿勢とってるのに、まだ切れ込むのかい〜

「時間がないのよ!一秒でも早くゴールしないと!」

 おいおい・・・・ゴールはどこにもないんだよ・・・・
 馬場馬術にタイムは関係ないんだよ〜〜〜
 お願いだから、ちゃんと行きたい方向見て走っておくれよ〜〜〜。
 障害馬場の方ばっかり見てないでさぁ・・・

 ・・・・と、終始こんな感じ。しっかりハミをとって走ってくれているのに、身体と心が食い違う。
 ピアちゃん、生涯現役の障害馬になりそう
 ということで、日曜日もそんな感じでした。

 ピアちゃん、女の子なのに超デカ。ドド〜〜〜ンとダイナマイトパデーです。

 けど、可愛いんだよ

                        

 土曜日は、その後ばたばたと福山、戸手、福山、福山と車で走りまわっていました。車に乗って移動していた時間の方が多いんじゃないのか!?という位。パシリでした。ま、この辺は面白くもないのでショートカット

 夕方から、またまた懲りずにコンパに行って来ました

 え?好きな人がいるのにコンパに行くのかって!?

 ン〜〜、それとコレとは別・・・かな。兎に角楽しいことが好きなもんで
 ま、彼の人は彼女といることだし
 こんな時に一人で悶々とするのは寂しいし

 ン〜〜、泥沼になりそうなので辞め お分かりかと思いますが、数あわせだったのです だって、男性陣はみんな私より年下だったんだもん。その時点で、やる気なし。いつものめがねスタイルで、まるでノーメークで行ってきました。年下の子ばっかりだったので、モロにタメ口で喋っていました。どんだけオバちゃんやねん・・・。
 しかし、年の違う子達と接するというのは意外にも楽しいです可愛い弟達、という感じでもあり、男性としての意見を聞いたり、勉強になります。

 近くに座っていた24?位の男の子と32の男の子と話していたら、32の男性が

「僕はもう『結婚』とか『子供』とかの欲求から少しずれた感じなんだけど。」

 といい始めたので、

「え?じゃあ結婚とか考えてないの?」

「いや・・・考えないというより、しなきゃ!という感じだったり、子供が欲しい!って凄く思っていた時期から外れたって言うみたいな。だから考えないことはないけど、『凄く!』という感じじゃない。縁があれば・・・かな。」

「32歳でもう過ぎたの?」

「僕はね。でも、コイツは真っ只中だと想う。」

 といって、隣にいた仲良しの男の子の肩を叩いたんです。

「じゃあ、君は凄く今子供の事とか結婚の事とか考えるわけ?」

 問いかけたら、

「そうですね・・・。今は凄くそういうことを考えます。すぐ結婚したいとか、子供が欲しいとかじゃなく、人生を長く考えたら、今この時期かなという漠然とした感じですけど。」

「でも、24?位だよね?私としては早いとも思うんだけど!?」

「そんなことないよな。」

 と、32歳男性。

「男は若い頃から考えるもんだよ。」

「そーなの?」

「そーですね。22.23位から考えますよ。」

「え!?そんなに早くに!?」

「僕もそうだった。だから今はちょっと過ぎた感じ。」

 32で過ぎているのか じゃ、34の晴一くんは?

「へぇ・・・

 ・・・・初めて聞きました。男の人って、早くから色々考えているんですね。だから男の人は結婚が早いか遅いかに極端に分かれるのかなぁ
 それにしても、24.25の時点で自分の家庭や誰かと歩む人生を考えているなんて、少し素敵だなと思ったんです。その頃の男の子って意外とちゃらちゃらしてそんなこと微塵も考えていないのかと思っていたけど、逆だったんですね人による?女の子の方が「まだまだ遊びたい、仕事がしたい。」って思うんじゃないかなぁ。

 男の人の考え方は、やっぱり女の人の考え方と違うんだなと感じたんです。言葉にはうまく表現できないけれど、男の人は家庭を作り、守る考え方をちゃんと育てて生きているんだなと思ったりします。
 男性は子供を産めないから、逆に子供を持つと言う事に強い牽引力を感じていたりするのかも知れません。それは男の人にちゃんと聞かないと分からないことだけど、この話の一端で、私ってば男の人を結構一方的な偏見で見ていたんだなーと思ってしまいました。
 私から見ると男の人は結構「好きに生きてる」感じが強かったんですよね{%汗webry%}←すいません・・・。 仕事や生きていく過程の中で「責任」を一杯負わされて大変だけれど、その分自由だなと思っていたりしてました。けど、その裏、誰かを守る力を養っているものなんですね。どんな男の子も、どんな男性も。

 女性も同じなんでしょうね。誰かに寄りかかるだけの女性はもういない。自分の手で自分の幸せを築いていく人もいれば、同じ幸せを築く相手と歩いている人もいる。けれど、女性にも守る力があって、その力で「命」を守っていくんですね。同じ「守る」という言葉なのに、男と女では戦い方も守り方も違うんです。

 不思議です。人間って。男の女の違いって。
 どうして神様はこの世に「男」「女」を作ったのか・・・・何となく分かる気がしませんか それは言葉に出来ない感覚的なものなんだけど。

 その人を守る、その人の全てを守る。 人を好きになる、誰かを愛するって、凄く尊いことだと気付きます
 
 誰かを愛せている自分を、自分で傷つけないようにしてあげたいなぁ・・・

 コンパに行って気付くんですよね。いつもみんなを眺めていると。
 誰でも誰かの「一番」でありたいと願うし、誰でも誰かを愛したいと思ったり、誰かに求められていることに安らぎを感じたいと思うし、誰かとともに歩む事を望んでる。一生懸命、その相手を見つけようと頑張ってる。

 けれど、「誰か」は「誰でも」いい訳ではないんです。

 そこが、難しいところ

 「誰か」ではなく、「あなた」という固有名詞になれるといいね、若者達!

                        

 うまく行かない私の恋愛話で結構ブログがくらーくなるのは置いといて

 コンパに行った二次会は、カラオケ屋さん歌わないことで有名な私ですが、ついこの間の飲み会でタガが切れ、ポルノグラフィティ「アポロ」で熱唱してしまったのを後輩に見られていまして

「うまうまさん!『アポロ』入れて〜〜〜

 ・・・・いや・・・もう・・・・アレはちょっと切れていたので・・・・

 といいつつ、回ってきたリモコンを弄っていたら、いつもはあんまり置いていないポルノグラフィティのPV映像が、そこのカラオケ屋さんには思ったより一杯ありました

 見たい。

 見たい。

 見たい。

 見せたい。


 ポルノ、見せたい。
     ↑
   表現がやばい?
   けど、既にどこか「彼氏を自慢する」気分

 し・か・も!!!

 「シスター」あるし!!!

 即入力   入れた後で『歌えるのか?』と心の母と相談した。

 画面に映るタイトル
 イントロが始まる


 きゃ〜〜〜〜!!!!

 ポルノ〜〜〜〜!!!!

 ぽーるーのーーー!!!!


 
 ポルノグラフィティが出ると、周りが目に入らなくなる私。
 テレビ画面のまん前を陣取り、一人悦に入る私。
 皆の視線が私の背中へ・・・

 その視線の一つ一つが言っている。



『シスター』って???????」



 ・・・・何で!?

 何で知らないの!?

 こんな名曲、誰も知らないってどー言う事!?

 

 いや、今はその論議ではない!!!
 問題は違うところにある。

 いや、私の歌唱力の問題ではない。

 私の場合、音を外してナンボ。

 違う違う。 
 問題は一つ!!!



「テロップが邪魔で、画像が見えないーーーー!!!!!」



 マイクを通して絶叫

 昭仁くんの顔に、歌詞が重なる映像が全部見えん

 ・・・・・ン?

 晴一くんは見える

「・・・・ま、いっか・・・

 晴一くんだ・・・
 
 素敵だ

 素敵だーーー!!!

 「シスター」さいこー!!!

 映像、素敵

 ポルノ、サイコー! 

                

 終了後、陶酔した私に先輩が言った。

「本人映像って、素敵よね。」

 そーですーーー!!!

「歌詞も何だかぐっと来ちゃうわぁ〜〜

 そーなんですーーー!!!

「いい曲よねぇ〜〜

 先輩、愛してます!!!
 この先輩と、ロマンスポルノ行きます。晴一くん、よろしくお願いします

 帰りの車の中、家まで送っていく途中の後輩が言いました。

「私思うんですけど、ギターの人のほうがイケメンですよね。」

 続けて後輩が言いました。

「ポルノグラフィティの歌詞って、何だかこう・・・意味がふかーいですよね。」

 再び後輩が言いました。

「アノ歌詞はポルノグラフィティにしかないものですよね。」

 
 ビバ!モグラーず!

 君達に私のポルノグラフィティ愛が通じたのだね!
 愛の伝道師うまうま、達成感で一杯だよ!

あの歌詞はね、ほとんどその『ギターの人』が書いているのよ。」

 後輩は言いました。

「へぇ〜

 後輩は続けました。

『ギターの人』、名前、分かんないんですけど



 ・・・・・・はい、基本的なところ忘れてました

 何気に『シスター』一曲で、ポルノグラフィティ伝道しちゃいました
 この後輩、新曲のプロモで着ていた二人のスーツ姿が素敵です、とも言ってました。その上


「『ギターの人の方』が、あの白いスーツ、似合ってましたね。」


 と。

 
 ・・・・この言葉に喜びよりも大爆笑を抑え切れなかった私って一体・・・

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Get You!!! 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる