〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 悩めるお年頃?

<<   作成日時 : 2008/06/18 22:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 今の悩み。

 私もともとあんまり悩みって言う悩みがないんですが・・・単に楽観的なのかな。コンプレックスは一杯あるんだけど、よくよく考えたらそれもまぁ私らしいっちゃ私らしいかな、と思えるほど楽観主義者。

 でも、今の悩みはあります。

 うまく行かない恋愛の事ではなく、仕事の事です。

 その態度をどうとりゃいいの?という恋愛話ではなく、仕事の話

 そう、ナースのお仕事です。


 
 手術室看護は、毎日が同じ仕事というわけではありません。術式が同じなら手順が同じというわけでもありません。時間との勝負でもあり、出血との勝負でもあり、それには「臨機応変」とか「応用」とか言う言葉が付いて回ります。

 ここを後輩にどう教えていいのか分からないんです。

 器用で何事にもさらりと対応できる後輩は、確かにぐんぐん伸びてます。言わずもがな、

「まぁこういったときには応用ですね。」

 と、おぉ〜〜と思うような発言をして、実際そのように行動します。この軽さは結構素敵私より凄いことも一杯あります。(私を基準にしたらみんな凄いかも)
 けど、人間十人十色患者さんにも色々あるように、看護師さんにだって色々あるんです。看護師だって医師だって、人間ですからね。
 やっぱり躓いてしまうことがあるんです

 器用でない後輩の場合。

 このときの「器用」って、難しい表現なんだけど、仕事に対して真っ直ぐすぎて、一途過ぎて失敗してしまうというもののこと・・かな。私みたいに「なる様になるさ〜」という「安全」第一主義でなく、一つ一つの手順ややり方を真っ直ぐに考える子のことです。
 
 私は新人さんに

「手順は変わるもので、患者さんによって違うもの。だから丸覚えは駄目。原理・原則・流れの方が大事。」

 と言ってます。まぁ、手順を丸覚えする子は殆どいないんだけど、私が大切だと教育するのは、「今何をしているか」と言う事に興味を抱きなさいと言ってます。切りたいところはどこなのか、取りたいところはどこなのか、ここを取ったらどうなるのか、再建はどうするのか、そういう流を掴めと言う事を言ってます。

 私自身もなかなか難しいときはあるんですが、手術が難しいなと思うとき、それは大概

 術野が見えていないとき

 です。世の手術室看護師さん、共感できませんか?
 術野を見ていないとき、手術介助がしづらいなと感じます。「見えていない」のは、自分の準備不足であったりもしますし、物理的に見えない位置だったりするときなんかも含まれます。ちょっと目を離したすきに器械を要求され、どこにどう使うのか分からないので、頓珍漢な器械を渡したりもします。

 これ、重要ポイントです。

 つまり、術野を見て手術の流れに乗っていないと、幾ら手順を覚えていたり器械を完璧に並べていたりしても、付いていけないと言う事。興味のあるものが目の前にあると、じーっと見ちゃうじゃないですか。それと同じです。手術の流、術野に興味を持ちなさいという事です。面白くなくったって、興味・関心は向けていなさい!

 後輩にもその事をしっかり教えているのですが、なかなか見れないんです。兎に角器械が遅れてもいいので、術野を見なさいと言いますが、「見ても分からない」のでつまらなくなるんでしょうね。それに器械やガーゼのことの方が気になったりする。
 見て分からなくても、変化していく臓器の様子は分かるはず。取りたい所がどこか分かるでしょ?と聞いたら「分かります」と答えるんだから、理解できないはずがない!

 ここのところの指導がとっても難しい
 
 手術介助は80l準備にかかっています。必要な器械がきちんと揃っていることは勿論、器械を使い勝手よく並べておくこと、まとめておく事等が本当に重要。なので、片付け上手になります。
 後輩はこれもまだまだ苦手のようで、大きなスペースをとって商品のように器械を並べます。けれど、どこにおいたかすぐに分からなくなるらしく、器械を要求されて慌てて探していたりする姿を見かけます。

 外から「あそこにあるよ!」と声をかけたりするんですが、私の声に反応してしまい、また混乱するんです。人の話を真っ直ぐに聞く後輩なので、外野が何かアドバイスすると、そっちへ耳と目が行ってしまいまた術野が疎かになる。

「術野から目を離さないで聞いて!」

 と声をかけるんですが、それが出来ないようで・・・。
 これは後輩の、とっても可愛い人柄ゆえなんですけどね。

 手術後には色々アドバイスをするんですが、なかなか具体的にならず、彼女にとってどうアドバイスしてあげたら楽に動けるようになるんだろうって、いつも考えます。うまく行かなかったら、手術介助、つまり仕事に対してとっても後ろ向きになってしまい、背中を押してあげることが出来ずにいるんです。
 けど、器械だしが上手に出来たからと言って達成感がある、仕事に前向きになれるというものでもないので、気持ちがくじけないよう、いつも明るい話題で声をかけてるんだけど・・・・。

 その後輩に以前、

「仕事を120パーセントの出来でやりたい。」

 と、私は豪語しました。

「それは、器械だしが凄いとか、外回りが完璧とかそう言う事じゃなく、君達後輩とのかかわりもそうなんだよ。話しをするだけで気分が晴れたり、いいアドバイスを聞いたとか思ってくれるような人間になりたいんだよね。」

 とね。つまり、器械だしだけが私の仕事でもないし、外回りだけが私の仕事でもなく、仕事場での人との関わりとか教育とか、そういうこともまた必要。人との関わりは「仕事」ではないけど、私たちはチーム・モグラーずだから!

 でも、こんなに豪語していながらまだまだぺーぺー。
 120%で後輩を支えてあげたいんだけどな〜。

 先輩として、一杯考えているんだけど、なかなかうまく行きません。私の器がまだまだ小さく、美しくないからかもしれませんね。しかしね、10年も看護師やってきて、一人のナースも育てられないなんて淋しいもんです。というか、私の教育って意外と放置プレイ? 人の教育を見ていると、「私のやり方って何か変かな・・・?」と思います。だから育った感がないのかなぁ。

 案外、見つめ直さなければいけないのは自分自身!?

 けど、手順や器械の順番から入る手術室の教育は嫌いなんだよ〜〜。

 看護は人情じゃないか!

                              

 と言う事で悩んでおりますです。

 難しいです、人を育てるって。

 いい子だからこそ、そこを潰す様なことはしたくないんです。真っ直ぐで素直なところも、純粋で一途なところも、手術介助に今はうまく役立てられていないかもしれないけれど、その子にとっては重要なところ。絶対今後役に立つと思うんです。仕事にも、プライベートにも。
 だからこそ、彼女らしさを潰さず技術を向上させてあげるって、難しいし時間がかかる。時間がかかる分色んな人から色んな事を言われ続ける時間が長くなる。なので凹むことが多くなる・・・・堂々巡りです。後輩、頑張っておくれ〜〜

 どこかで断ち切らなきゃ!!!

 後輩に限らず、全ての人間関係においてそうだと思いませんか?
 嫌いになってしまえば全てが嫌いになっちゃう。

 嫌いに成る前にどこかで「嫌悪感」を一掃しないとね!

 ・・・・楽観的なうまうまでした。



 仕事の出来って、ただ技術が凄いだけじゃ測れないと思うんだけどな、私・・・。

    始めに、心ありき・・・・ですよね。

    やりがいって、そういう意味で大事





 やりがいねぇ・・・・

 私にあるのかないのか・・・・

 でもとりあえず続けられているのは、やっぱり人間関係かも知れないなぁ

 その人間関係で辞めたくもなるんだけど

             人間、矛盾した生き物です。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
すごく考えさせられました。自分も同じようなことで悩んでます。手術介助はどうなったら上手になったといえるんだろうかとか、どうしたら自信がもてるようになるんだろうかとか。
ぽち
2008/07/03 12:51
 そーなんですよね、ぽちさん。指導って難しいなと感じます。特に手術室の看護って特殊です。それ故、後輩が抱く嫌悪感や無力感も比べ物にならないほど大きいんだと思うんです。
 何か一言言ったらすべてするりと解決できそうなのに、なかなかそうは行かず・・・。
 
 手術介助のゴールってないので、目標が漠然としちゃうんですかね…。
 なにより、このもどかしさが申し訳ないです。

 みんなが上手くやっているように見えてしまい、私自身も混迷しそうで恐かったです。
 後輩達が手術室看護に見切りをつけないように、頑張っていくしかないですね!アプローチすることはやめちゃだめですから。
 
 
うまうま
2008/07/03 20:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
悩めるお年頃? 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる