〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 頑張れ!

<<   作成日時 : 2008/06/28 00:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「最近、眠れないんです。」

 と仕事場で零したら、

「ご飯でも食べに行こうか

 と先輩が誘ってくれ、今日はお外で晩御飯してきました 色んな悩みを一杯聞いてもらって、少し気持ちが晴れました。
 仕事の事であっても一杯一杯考えて、考えていると段々嫌なところばかりが見えてきて、何だかちょっと投げやりになっていたけど、少し見方も変わりました。

 私、誰かの「痛み」を緩和できる人間になりたいって思っていたのに、今の私は誰かに痛みを緩和されっぱなしです。

 仕事については後輩の事、なかなか進まない教育の事、目に付くことは一杯 なのにどうアドバイスすれば絡まった糸がほどけていくのか分からないんです もう少しで糸口が見つかりそうなのに、喉もとまで出ている言葉が声にならない、そんな歯がゆさがあります。6月7月って、そういうことで悩む時期なのかなぁ

 うまく行きません。私の考えがあっての教育なのに、なかなか伝わりません 臨床って難しいですね。それに、その子の何かを緩和できているわけでもないし 今は抱え込んでいないっていうだけでも進歩なのかな。新人さんの笑顔を良く見るようになりましたし、それはそれでいい事と思ってもいいのかな

 引き換え、私は結構卑屈になっていて、疲れていると饒舌に成るタイプの人間なので、今日は一日中何かしらを喋っていた感じです。それがかなり毒舌だったらしく、昨日あった看護研究発表会の愚痴をうだうだ喋っていたらしいです。
 聞いていた後輩は

「うまうまさんのいってる事自体が難しくって分かりません・・

 何て言い出すし
 段々看護研究のレベルが落ちている、と言う事をぶつぶつ喋っていたようです。
 自分の研究はさて置いて、人の事はよくくっちゃべってるようです。

 その看護研究、私たちの病院では卒後3年目に必ず行われます。かくいう私も書きました。そーですとも!病院学会で発表しましたとも!私が初院外発表をしたのも、この3年目の研究でした。

 昨日行われた研究、実は詰んなさ過ぎて途中から舟をこいでおりました けど、何がつまらなかったかと言う事を今日逐一喋っていたら、またまた後輩から

「うまうまさん、それは怖いです・・

 と指摘を受けちゃいました。ありゃりゃ 最近の若い子はここまで言うと凹むというか、殻に閉じこもるらしいです。お口には気をつけないといけませんね

 研究の中に、小児の採血検査の為に、プレパレーションという方法を用いてアプローチした症例があり、簡単に言えば痛い採血を子ども自身に納得してもらって協力を得る、という感じでした。その「納得」の材料として、看護師さんが作った絵本のようなパンフレットを用いて関わったというものです。

 これ、凄いと思う?

 ・・・・けど・・・・

 まとめ方次第ではへろへろ

 申し訳ないけれど、昨日の研究の全てはイマイチさんでした。この研究も同じ。作ったことは凄いし、これで子供が納得して病棟では問題がなかった、効果があったというのが「ホント?」と疑いたくなるような研究でしたが、鵜呑みにするとどうやら効果的というものです。

 なので、

「私が小児科当直をしたときに使いたいからって、このパンフレットを借りに行ったら、貸してくれると思う?」

 と後輩に聞いたら、

「それは・・・!!!! 怖いです!」

 というので、

「でも、効果があるって自分の研究で謳ってるんだから、自信満々で貸してくれたっていいじゃんね。」

「それは無理だと思います!!!慌てて書き直しますよ!!!」

「だとしたら自分の研究全否定よね。」

「・・・そうですね・・

「当直で使って子供が納得して成果を挙げたなら、私はこの研究を認めてもいい。」

「うまうまさん、それは嫌味です。」

「・・・自分でもそう思うわ

 ・・・・そういう会話でした。
 私って、実はそういう嫌味な人間です 自覚してますが、本気で借りに行こうと思ったのは確かです。
 だって、効果あるっていうんなら使いたいじゃん 救急外来に置いといて欲しいよ。子供が泣かずに納得して点滴や注射を受けられるなら、それにこしたことないもん。押さえつけなくて済むし、ちゃんとお話できるもん。

 やるなら、意味のある研究をしようよ!!!

 という気分でした。

 べらんめぇな毒舌うまうまです。

 
 見るに見かねて、先輩がご飯に誘ってくれたのかもしれません

 一緒に話をしていた後輩は、

「プレパレーションって、プレパラートの事?

 なんていい出すし・・・・
 
 もし病院の人がこのブログを見ていたら・・・・申し訳ない、この子の研究を例にあげてしまって・・・すんませんでも、この研究に限らず、どの研究もイマイチだったの。イマイチと言うのは、「何がいいたいか分からない」と言う事と、「看護師主体過ぎる」と言う事。研究をまとめるのに都合のいい結果ばかりを出してきてないかな?という感じがするんです。

 まぁ、3年目の研究なので、仕事を覚えて一生懸命な時間を割きながらの論文ということもあり、出来るだけ短期決戦、と言うのは仕方ないのかもしれませんね。病棟も忙しいし、3年目といえばもう即戦力でバリバリ働いてもらわないと困る時期、定期のローテーションも迫っていたりして、考えることは一杯あるもんね。

 けどねぇ・・・・私にすら分かってしまうほどの手抜きってどーかと思うよ・・・・

 あ、手抜きじゃないか・・・

 手落ち・・・・

 いや違うな・・・

 ・・・・とりあえず?

 うーん、違う?
 
 何か泥沼になりそうなので辞めとこう






 というほど、今日の私は毒舌でした。
 
 晩御飯で先輩に一杯話を聞いてもらい、ちょっと落ち着きました。
 やっぱり、うまく行かない恋愛の事が主体に成るけど
 
 好きな人がいるという「幸せ」に気付けない自分は、やっぱり駄目な人間です。



 あの人が笑顔でいてくれることが嬉しいんだから、

 私も笑顔でいないといけないね!!!


 私の笑顔につられて誰かが笑顔になってくれますように

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
頑張れ! 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる