〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 幸せの音

<<   作成日時 : 2008/07/01 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日から7月です。明日から産休に入る妊婦さんと、育休明けの看護師さんが一日だけ交わる日なんです育休明けの子は何だかとっても久しぶり。相変わらずお綺麗で、一児の母だなんて思えないほど。病院内でも1.2を争う美人さんですからね。こんなモグラーず巣穴にこもっていては勿体無いんだけど
 産休に入る後輩は、妊娠期間中なーんのトラブルもなく、周りが心配するほど走り回ったり重いものもったり、てきぱきと働いていました。 「これくらい大丈夫ですよーー!!」というのが口癖。
 でも、今日患者さんの入れ替えで、近くにいた先生の足に躓き、こけそうになった時には、

「ぎえええええ〜〜〜〜っっっっ!!!!

 と、周りが大絶叫
 そこにいた患者さん3人、びっくり!!!

「先生!!!!気をつけてくださいよーーー!!!!

「産まれるよーーー!!!!」

 患者さんそっちのけで一時騒然。
 本気でビックリしたんだからーーー!!!!

 その子が、産休に入るからと言って持って来てくれたのが、
画像

 手作りチーズケーキです
 うまうま製菓が大繁盛のせいか、結構皆手作りお菓子に興味津々。初めて食べた後輩のおやつも、本当に幸せ〜な気分にさせてくれる、甘い甘いケーキでした。

 幸せな気持ちって、大事ですね

 甘いおやつに幸せを感じるのも、そこに私たちに対する「思いやり」がこめられているからだよね誰かの手作りのものがどんなものでも美味しいと感じるのは、そのものに込めたその人の思いが汲み取れるから。食べ物を食べて素直に美味しいと感じられる幸せは、とっても大切なものだと思います。
 だからこそ、私の作ったものを美味しいといってみんなが食べてくれるのが、こんなにも嬉しいんだよね。

 誰かを幸せにするお菓子が作れてるかな?

 誰かを笑顔にするお菓子が作れているかな?

 そんなお菓子、一杯作って一杯上げたいな。

                      

 次いで、ブログに書くことではないのかもしれないけれど、私の事。本当だったら書くことじゃないんだけど、「書く」ことで何か振り切ってきた今までのブログ時間、やっぱり書かなきゃ次へ進めません 誰かに話を聞いてもらいたい、誰かに何か言ってもらいたい、そういう気分なのかもしれません

 昭仁くんの結婚の時も、書いて整理した感じです。みんなが色んな思いを抱いているんだなって言うのも分かったし。こうしてブログを続けてきて、一杯読んでくれる人がいて、皆が皆共感してくれているわけじゃないだろうけど、私の想いって言うものを形にして、表現して、そうしてもらうコメントがとっても嬉しかったりしてます。どんなコメントも嬉しいんだけどね!
 でも、昭仁くんの場合と今回はちょっと趣が違うかな。

 だって、本当に私個人の事ですもの。でも、これは形に残しておきたい気持ちの一つ。

 誰かを好きになること、

 こんなにも誰かを好きになれること、

 「好き」という思いがこんなにも心を満たすんだと知ったこと、

 そして何よりその人が大事だと感じる出会いが出来たこと、

 全てを感謝しなくてはいけないなと思いました。

 

 今日、大好きだと言っていた彼の人が、結婚したことを知りました。

 
 気付いていました。何となく、この長期休暇で結婚されているんじゃないかと。
 ただ、それが形として目の前に突きつけられると、立っているのが精一杯でした。
 「彼女」がいることも知っていましたし、いづれこうなることだと知っていました。


 けれど、矢張りどこかで期待してしまうものですね。
 「もしかして」という期待を抱くもの。
 それは仕方ないことだと先輩から慰められていたけれど、考えてみたら自己中。
 自分しか見えてなかったってことですよね。見返りを求めようとしていただけ。

 結婚を知って、「おめでとう」という気持ちも、素直に産まれました。
 けれど、それを覆って余りある「どうして?」「なんで?」という思い・・・。

 これが辛いんです。

 見返りを求めない、どうなったとしてもその人が好きだと、無償の愛を目指してきたけれど、まだ到底そこには到達できていないうちに現実の方が先に来ちゃうなんてね。笑い話です

 自分がとっても醜くて、期待していた自分が馬鹿らしくて。よくよく考えたら絶対そんなことないって言うはずの事を期待してたんだなと思うと、恥ずかしいね

 心残りなのは、私自身を知ってもらうことが出来なかったこと。一杯話して知ってもらったら、もしかして・・・という事は全くないんだけど、もっともっと身近で「おめでとう」といえたかもしれない。本人の口からちゃんと聞けたかもしれない。色んな相談をしてくれたかもしれない。

 彼は、結婚にまつわる色々な、相談したかった事を全部自分の中にしまったままだったようです。誰に言うでもなく、誰に相談するでもなく、ただちらりちらりと心の内を、さわりの様に私以外の人に見せていただけ。周りはそんなことに気付かないまま。

 出来るなら私が、彼の一番近くで彼を支えてあげたかった。

 彼女の相談でも、家の事でも仕事の事でも、一番近くで彼の話を聞ける場所にいたかった。こうなる前に、結婚する前に、そうした位置で彼を支えて上げられたら良かったのに・・・。
 初めから、駄目なことは気づいていました。彼女がいるって分かった時点で、「諦めたら?」って言われていたのも事実。けれど、私できなかったんです。結婚したからと知ってはい、じゃあ・・・ってことで諦められることでもないんだけど、こればっかりはね・・・。常識的に無理でしょう
 
 だから、彼の幸せを一番先に考えて上げられる位置にいたいです。

 これも、痛い立ち位置ですね。

 こんなにも人を好きになれるなんて、今までの自分では気づけなかったんです。今まで自分の中に「好き」って言う気持ちが全然なくて、感情的に欠陥があるんだと思っていました。けど、人を好きになる幸せを教えてくれたのも彼で、自分がこんなにも人を好きになれるんだという事に気付かせてくれたのも彼です。
 彼はただそこにいただけなのにね・・・・ だから、私の「運命の人」なんです。彼に会って気づいたこと、彼に会って持てた向上心、無くしたくないです

 出会えた喜びにではなく、今はただ切なくて涙が零れます。

 けど、きっと、出会えた喜びに涙できる日が来るはず。

 悲しい想いで泣くのではなく、幸せであることに泣ける自分が欲しいです。

 今泣いている自分も、「悲しい」とか「淋しい」とか「もう駄目」とか思ってるんじゃなく、

 ただ涙が零れるんです。意味はないんです。

 胸が痛いのも、心が破れそうなのも、意味はないんです。

 ただただ、涙が零れるんです。

 悲しいとか・・・・・淋しいとか・・・・失恋とか・・・・・

 そういった簡単な感情ではない何かなんです。

 あの人を好きになってよかったとか、あの人に出会えてよかったとか、

 そういう喜びでもないんだけど・・・・。

 ちっぽけな人間です。

 けれど、彼は私の人生で一番大事な人には変わりありません。

 だからこそ、幸せになってほしい。

 彼の「幸せ」という言葉の中に、ただ「私」が入っていないだけの事。



 ・・・・もしかして、それが、涙が零れる理由なのかもしれません。

 

 私の「幸せ」と言う言葉の中には、燦然と「彼」が輝いているんですけどね。

 「好き」という意味での私でなくてもいいんです。
 「友達」という意味の私でも、「知り合い」という名の私でも、

 それが彼の「幸せ」に繋がっていれば・・・・・

 これは、つよがりですか?




 同じ方向を見つめて歩いていきたかった。
 同じ物を見つめていたかった。
 同じ時間を共有し、同じ話題で笑っていたかった。

 傍にいたかった、
 話を聞きたかった、
 声を聞きたかった、
 笑顔をずっと、見ていたかった。

 支えてあげたかった、
 励ましてあげたかった、
 時には厳しく叱って、
 エールを送ってあげたかった。

 結局・・・・

 好きだといって欲しかった・・・・

 私が思う様に、あの人にも、同じ気持ちでいて欲しかった。


 いいえ・・・

 同じ気持ちでいたんだよね。

 ただ相手が私ではなかっただけ。

 私では駄目だっただけ・・・。




  ずっと強がりを言っていれば、

   それが「真実」になることもあるはず。

    強がっていくわ!

     それが「自然」になるまで。

      だって、結局まだ一番大事な人だから。

       大事な人だから、誰よりも幸せになって欲しいもの。



 
 あなたに、最大の不幸があるとすれば、

 「私を愛さなかったこと」だよと、

 言えるようになるまで、私は私を頑張っていくんだわ!

 
 陳腐な恋愛ドラマみたいだけど、それが一番の強がりになるはずね。
 でも今は、祝福できない自分がとっても醜いです。

 暫く落ち込むうまうまを見かけたら、声をかけてやってくださいね。
 突然泣いても、笑い飛ばしてやってください。

 私の幸せの音は、皆の笑う大きな声。
 私の幸せの素は、皆の笑う笑顔。

 そして、何もいわずに傍にいて、何も言わずに涙を舐める、わんこ。

 心配そうな顔で、私を見上げてます。

 

 「何で泣くの?僕はここにいるよ。」



 私も、ここにいるんだよ・・・


 ここに、いるからね・・・




 また誰かを好きになるときが来るんでしょう。
 来ないかもしれません。
 来るかもしれません。

 来なくても、私は生きていかなければなりません。

 私には生きている意味があるからこそ、ここにこうして居て、
 受ける価値があるからこそ、この現実を受けているんだと、納得するしかないんです。
 意味があるからこんな背景のあるその人を好きになったんだとね。

 ただ、私の生きている意味は、その意味を大事だと感じる人にしか分からないというだけ。皆そうなのかもしれない。
 

 それは、誰ですか?


 どこかに、居ますか?


 もう、出会っていますか?


 そして、誰かを、救えてますか?


 すべての事に意味があるこの世の中の、数少ない「意味のない事」の一つに、なっていませんか?


 私でも何かが出来ること、
 私でも誰かを救えること、

 私でも誰かを愛せること、
 私でも誰かに愛されること、

 

 こんなに知りたい「真実」は他にはないと思います。







 私的な日記を最後まで読んで頂き、本当に感謝です。
 嫌な気分になりませんでした?

 私、今あなたがここまで読んでくれたこと、ちょっと嬉しいです。
 かなり、嬉しいです
 
 大分、救われてます

 今、あなたはこんな小さな私で申し訳ないけど、「誰か」を救ってくれています。
 ありがとう!!
 
 ありがとうございます。

 受け取ってもらえる「ありがとう」という言葉こそ、幸せの言葉なのかもしれません。

 幸せの音、幸せの鍵。



 7月は、こんな一日ではじまりました。

 こからの人生に、もっともっと幸せの音が響きますように。

 あなたにも、私にも、そしてあの人にも

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
幸せの音 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる