〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 大人の階段の〜ぼる〜〜♪

<<   作成日時 : 2008/07/12 22:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 7月から、私の出る乗馬レッスンが朝8時からとなりました。

 ・・・・辛いんですけど!?

 当直明けの翌日は、確実に体が寝てます。ぐっすり眠る、と言う事に餓えています。ので、今日はさっさと寝よう!どうせ明日は待機当番で、福山を離れられないのですよ。乗馬もお休みなのですよ

 一週間ぶりの乗馬 暑くなってきて、日焼けとともに体力の維持にも気を配らなくてはならなくなりました 朝8時からと言っても、最近は結構な温度まで気温は上がっています。乗っているとただ歩いているだけなのに馬たちがじっとり汗をかいてきて、レッスン終わった頃には馬の毛色が変わっています。馬にとっても夏のレッスンは過酷。そりゃそうよね、馬って寒冷地仕様の身体だし。

 乗馬はただ馬に乗っていて、動いてくれるのは馬じゃん・・・と考える方(←一例、我が親)もいますが、騎手も結構大変なんですよ。ただし、騎手が頑張ってるうちはあんまり上手じゃないって事なんですけどね
 合図を送るのも、コントロールするのも、私は意外と体力を使います。下手なんで 頭も身体も感覚も。なので、レッスンがおわるとぼ〜〜〜っとしちゃいます。暑いのもあるんだけど。大汗をかいた後に、ガンガンにクーラーのかかった休憩所に戻るのは、殺人的

「さ・・・・さぶい・・・絶対風邪引く!」
 
 と言う位の部屋なのですから。何だか、季節はどんどん難しくなってるよな・・・。
 皆様、スポーツで汗をかいた後冷やすのは厳禁ですよ。

 さて、今日の乗馬レッスンは、


 停止


 です

 これでピンと来る方は、どんだけ難しかったか分かっていただけるはず。
 
「止まるだけでしょ?馬は引っ張れば止まるじゃん。」

 そうです止まります。止まるだけならね
 
 しかしね、ただ止まってるだけじゃ、点数は貰えんのよ!!!


 馬場馬術では美しい停止が必要なのよ!!!!


 指導員曰く

「どの課目の中でも、唯一、2回あるのが停止。それも最初と最後。

 これが決まるか決まらないかで中身の印象が違う。」


 拍手

 確かにそうでんな
 分かってはいるんだよ。
 美しく止まるとそりゃもう素敵なのは、分かっているんだども。

 馬はわかっとらんのよ。馬はただ止まるだけなんよ。

 美しく止まらせる技術が要るんよ。



 私は持ってないけど・・・・
 


 馬場馬術での、美しい停止とはなんぞや?

 から入りましょう

 といっても、私は簡単にしか言えません。感覚で言います。


 それは・・・・


 馬の4肢が揃っていること。


 つまり、


 横から見て、前足も後ろ足もずれていないこと。


 まぁ例えるなら


 モデル立ちは×。
 

 強いて言うなら


 自衛隊なみに揃えろ!


 ということかな???


 馬は気を抜いた「止まれ」をすると、後ろ足や前足が半歩ずれます。大きくなると一歩ずれます。「休め」のような格好で止まります。これ、馬場馬術では意外とだらしなく見えるんだそうです。
 しゃきっと、4肢ソロってぴたっと止まる、それが素敵!!!

 その練習です。

 馬場をぐるぐる回りながら、中央線で停止の繰り返し 止まる度に馬の足元を覗き込み、どれだけ揃っているか確認。
 覗き込む度

「き〜〜〜、またずれてる〜〜〜

 という奇声を発する羽目に成ります。前足は揃うんです。手綱で調整すれば、何とか。

 問題は、後ろ足。

 鞍に座っているお尻の感覚で、馬の後ろ足の動きを読みながら、徐々にバランスバックを要求しつつ、タイミングよく停止の合図と最後の一歩の押し込みを腰を張ってするんです。

 これが、私ばらばら・・・・

 後ろ足の動きを感じていたらバランスバックが遅れ「停止」の合図が遅れる。乗っていた愛しの彼は歩幅がメッチャ大きいので、気をつけていないと前の馬へぶつかっていく。←どんだけ素直やねん・・・。 ぶつかりそうに成るから慌てて手綱を引くことになるし、結局何回か練習して一回しか揃わなかった

「うまうまさん、前足は揃うんだけど・・・。」

 はいはい、分かってます 後ろ足ですよね。愛しの彼見る度いつもかる〜〜〜いモデル立ち。右後ろ足が1/3歩前へ出てるんですよ〜〜!!! 馬は4肢揃えて止まる、なんて知らないもんだから、こればっかりは好き勝手。とりあえず「止まる」方を優先してくれる。

「まぁ、馬もそういう調教を積まないと『4肢そろえて止まらなきゃいけない』という気にはならないですから。」

 指導員、やる気をそぐようなことはいわんでくれ
 
 入場して、ぴたっと馬が止まる、しかも美しく・・・・・

 はぅ〜〜〜 何て素敵

 そういう妄想をしながら、

「き〜〜〜、またずれてるーーーー!!!!

 と、現実に立ち戻る今日のうまうまでした。

                       

 そのレッスンが終わって、グレッチと逢引です。本当だったらその時間、別の会員さんが調教に入る予定だったんですが、どうやら来られていないと言う事で、代打!・・・・ってか、私が勝手にこの時間に乗りたいと言っただけなんだけどね

「その会員さんが来てないから、僕が先に乗りますよ。」

 と、担当指導員が初めて声をかけてくれました。

 珍しい

 いつも放置プレイなのに

 指導員が先に乗ってくれるなんて・・・・

 一体どういう風の吹き回し?

 雨?

 嵐?

 雪?


 以前の担当指導員が辞職されたあとを引き継いだこの指導員にグレッチの調教を見てもらうのは、実は初めて いつも声をかけてくれるだけで放り出されていた私。
 久々、指導が受けられるんだわ〜〜と思って乗り代わり。指導員と華麗に駈足をした後のグレちゃん。ばたばたすることなく、違う馬が隣で爆走していても全然平気

 大人になったんだわ〜〜〜
 チューさんと同じ位の安心感がある〜〜〜

「じゃ、右駈足して。」

 ・・・・いきなりですか
 ・・・・駈足ですか。ハミ受けはしなくて良いんですか・・・

 ・・・・ま、んじゃ、駈足ですわ、グレ

 グレちゃん駈足サイコ〜〜〜!!!!

 こんな日が来るなんて、感慨無量だわ〜〜〜!!!! 

「じゃ、その調子で乗っといて左もね。」

 ・・・・はい!!!???
 
 そんだけ!?

 あの・・・・

 あのぅ〜〜〜〜!!!!!

 去っていかないで〜〜〜!!!!! 

 一人にしないで〜〜〜!!!!!

 
 角馬場でぐるぐるバターになるほど右回りで走りながら、去っていく彼の背を見送る私。グレはムキムキ言いながら走ってる。


 ぽつ〜〜〜ん


 馬場で一人にされるって、意外と淋しい!?
 
 グレ・・・強く生きて行こうね・・・・この指導員にして、君は出来上がってきたのだから。


 しっかしマァ!  

 グレッチで駈足が出来る日が来るとは思っても見なかったです はみ受けもばっちり 首が下がる下がる。駈足していても、かく〜〜んと首が下がるので、一瞬ヒヤッとするほど。これは、錯覚します

 私、上手になった!!!????

 という、自己チューな錯覚
 グレ、大人になったね。来週は所長の馬場に出ようね
 強制退場されないように、頑張ろうね

 気をよくして左駈足を出そうとしたら、右駈足ばかり出ます。もともとグレッチは左周りが足の怪我の関係で苦手。治った今も左回りになると破行します。かくん、かくんと言った感じで足を引きずるような歩き方です。見ていて「結構酷いね。」と言われるんですが、気にしているだけで実際に痛むと言う事ではないようです。
 しかし、その状態で乗っているのはバランスがとりにくい。その上駈足となると、グレッチ自身も「左はヤだな」と思っているようなので、結局得意の右駈足が出てしまうよう。
 
 左駈足を出して右が出て止めて・・・

 それを繰り返していると、破行がどんどん酷くなる。次第に首を大きく使って歩くようになり、

「ごめん・・・もうやめようね。」

 下馬して左周りで引き馬をしたけど、痛がる様子ではないので、何となく気になる感じだったのかもしれません。見ていた人ははらはらしただろうな・・・。
 洗い場で手入れをしていたら指導員がやってきて

「どうだった?」

 と聞くので

「左で一歩しか出ませんでした。」

 と言ったら、

「今後の課題だね。」

 そういえば、チューさんも左駈足が出なくって困ったっけ・・・。
 見た目も似てるけど、癖も似てるのね、君達。


 そういえば、私が乗って大暴れしたところもそっくりだわ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大人の階段の〜ぼる〜〜♪ 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる