〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS あり難いお話!?

<<   作成日時 : 2008/07/17 21:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 風邪が本格的になってきた。・・・・・がっくり

 ご懐妊中の師匠に会いたくても、この風邪のせいで会えないんだわ。かなしぃ〜〜自分が悪いんだけども、「当直で風邪を貰ってしまいました。」と、一緒にしていた先生に伝えることがあって「先生は大丈夫なの?」って聞いたのに、大無視ぶっこかれてます。まぁ、先生が元気だろうが風邪を引いてようが、私は今人の事に構っていられませんて。精々「お大事に。」と言葉を掛けること位です。いえいえ、私がかけてもらいたいくらいですて!

 ・・・・同情なんていりません。風邪引いたのは自分のせいですから

 今日、朝から14時まで続いた肩関節鏡の手術に外回りでついていたら、異常な部屋の寒さで咳が止まらなくなってしまい(執刀医が暑がりだった上、ちょっと難しい手術でますます白熱していたの。)、そこにいた麻酔科医から

「・・・・本格的な咳をしているね?」

 ニヤリと釘を刺されまして。

「当直で子供の風邪を貰ったみたいです。」

 と返したら、

「じゃ、労災認定で。」

 苦笑い。そりゃ、労災っちゃ労災か
 続く話題で喉が痛くて・・・と漏らしてしまい、

「入院してガンガン点滴行こうか〜

 何でそんなに嬉しそうなの!?

 何でそんなに体育会系のノリなの!?


「じゃ、先生主治医になってくれます?」

「・・・・・・・ん?・・・い〜よ〜
 
 一瞬のは何だ!?
 麻酔科医は主治医持ったことないじゃん!!

「何なら鎮静掛けて挿管して寝てたら?仕事休んで。」

 ・・・・・えっ!?

 ・・・・・・是非っ!!!!!

                         

 一週間位前、東京に学会へ行った外科医から、手術場にお土産がありました。


 それが、

 何故か、


 
画像


 沖縄の黒砂糖だったんです。

 ちんすこうつきで。

 何で!? と聞き返したら、まるでそれが当たり前のように外科医は言いました。

「東京で、沖縄フェアーやってたから。」

 はぁっ!?

 それが喜ばれるとおもっとんか!?

 広島に行った人から、

「北海道フェアーしてたから。」

 と言って白い恋人を貰って嬉しいのかっ!?

              嬉しいけど、

 納得できるのかっ!?

 広島といえばもみ饅だろうっ!?

 ええっ!?

 因島といえばはっさくゼリーだろうっ!?

 ええっ!?

 違うのかっ!?

 ・・・・・・・・嬉しいけど・・・・・・・・・・・

 しかも、白い恋人ならまだ良い。食べられる。

 黒糖、舐めろってか!?

「だって砂糖の塊じゃろ?」

 と言った後輩が何人いたことか!!!!!

 ・・・・というわけで、一週間近く捨て置かれていた黒糖 私は意外と「舐めてみようか・・」と狙っていたんだけど、一向に封が開く様子もなく、次第に存在自体が希薄になり、そろそろ邪険な扱いに転化されようとしていた時、

「うまうまさん。」

 意を決した後輩が一人、私に黒糖を差し出して言いました。

「ん?」

 言いたいことは分かっていたが、その目が余りにも真剣だったのでとりあえず聞き返しました。

「これでケーキは作れませんか!!!????」

 あはは・・・・あはは・・・・あはは・・・・・

「作れるよ。」

「オーネーガーイーシーマーーーース!!!!

 大合唱へ変化。

「でもね、黒糖でケーキを作ると、ちょっと不思議な甘みになるからね。そこんとこよろしく。」

 ずしっとした黒糖一袋をカバンにつめ、帰宅した私。
 その日に一部の黒糖は
画像

      常夏黒糖ケーキ!に変化しました。

 何故常夏かといえば・・・・

 お砂糖は黒糖で、ココナッツパウダーが入っていて、ココナッツを上にトッピング。

 はわいあ〜〜〜ん

 ・・・・違うか
 
 序にアクセントでクルミを投入し、黒糖といえばこれでしょう!の黄な粉も混ぜる。(これの何処が常夏やねん・・・どこがはわいあ〜〜〜んやねん・・・)

 うまうまオリジナルレシピのケーキです。

 これがなかなか美味しかったんだけど、ブロックの黒糖をケーキに混ぜる為、削るのが大変だったよ!!! 90グラム削らなきゃいけないのに、奮闘した結果10グラムでダウン。残りは少量のお湯でとかし、それでも全然解けないので電子レンジで否応無くとかさせていただきました。お陰で、ケーキの生地はどろんどろん・・・
 実は膨らむかどうかの賭けだったのですが、何とか上手く行きました。

 残りの黒糖もこの調子でうまうまスイーツに化ける予定です。

 外科医、とりあえずありがとう あなたが、お土産として手術場にあげた黒糖がどうなっているかなんて気にすることはまず決して無いと思うんですが、着実にみんなのお腹に入ってますので、安心してくださいね



 お砂糖、小麦粉、卵・・・・・物価高の中、これはありがたいお土産なのかも!?

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
あり難いお話!? 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる