〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 慣れないわぁ。

<<   作成日時 : 2008/08/14 21:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 こんばんわ 世間はお盆休みと言う事で、通勤中にもいつもの渋滞がないほど静まり返っていました。福山はいつの間にか「帰省する」立場になっていたのかもしれませんね。いつまでも「帰省される」地域だと思っていてはだめですなぁ・・。
 お盆、うちではおばあちゃんが仏様になっているので、きっと帰ってきているんだと思うんですが、生前じっとしていることのなかったお婆ちゃんなだけに、きっと久しぶりの福山で、友人・知人のお家を回るのに忙しくしているんでしょうね。帰って来た様子が全くありません

 そのせいか?盆はいつも両親の旅行の予定が入り、ただ今二人してらぶらぶ旅行中。旅行目的地で姉と落ち合うようです。私は仕事もあり、わんこもいるのでお留守番。なので淋しい夜を一人過ごしているわけですな わんこはわんこで一人の世界を楽しんでいるし。

 昨日のブログを更新できなかった理由、実は2つあるんです。

 一つ目は、インターネットに繋がらなかったこと。これはかなりショック家族で共用のパソコンなので、きっと母親が何か弄ってしまったんだと思うんですが、家庭内lanの調子が変でインターネットエクスプローラーにだけ何故か接続できず、もう大変な苦労と苛立ちをどうやって昇華しようかと悶々としていたのですよ 時間はどんどん過ぎるし、何をしたって接続できないし・・・世の中すべて「オンラインヘルプ」とか「オンラインカスタマーサービス」とか言う名目で、その「オンライン」にもならないパソコンはただの機械。

 そんなこんなで激高しながらパソコンを弄っていた私のもとへ、一本の電話

 これが、二つめの理由

 そうです。緊急オペで呼び出しです。久しぶりに。傍らに置いていた携帯電話が鳴ると、もう反射的にとってしまい、師長さんの声で

「あら、起きてたの?」

 ・・・・・起きてると思ってかけてきてるんでしょうに!?

「はぁ、起きてます。」

 因みにお風呂もまだでした。その時間、23時

「2歳の女の子でね、ヘルニアなの。」

 問答無用で用件。はいはい、いつもそうです

 お酒飲んでることもないし、電話に出ると言う事は問題がないと言う事。
 つまり、いつでも行けます状態ばればれ

「分かりました

 本当に労りとか何にもないまま、ぷつりと電話が切れました。切り際に師長さん、

「どうにかして誰か向かわせるから、とりあえずあなた行って。」

 ・・・・・・・・その言葉の意味するところ。

 今のところ誰も捕まらないの。
 誰も電話でないの。


 ・・・緊急の時は、誰も呼ばれるとは思わないもんな。

 手術室の悲しいさがです。

 誰が来るかな・・・
 どこの部屋でやろう・・・
 どんな風になるのかな・・・・
 準備はこれしてあれして・・・

 という動くシュミレーションなんかを考えながら、病院までの短い距離を80`で飛ばしまくる私。信号なんか既に機能してない時間帯、車なんか全然走ってない ターボ全開で思いっきり飛ばしまくりましたわ。気持ちよかった
 
 仕事場に就いて、オペ室に行くついでに救急外来へ寄り、その患児の様子を見に行きました。すると、顔見知りの主任さんが

「うまうまさん〜〜〜来てくれたの〜〜〜〜!?」

 ・・・えっ!?

「・・・・だってオペで呼ばれましたし・・」

「今ね、これから採血しようとしてるところなんだけど、もう患者さんが次から次へと来てね・・・。」

 憔悴しきった顔で肩を落とす主任。

「・・・・すいません、手伝ってあげたいですけどオペがあるので・・・。」

「そうよね〜〜〜

 何期待してたんですかーーーー!!!!???

「先生なんて、もう自分の好きにどんどん診療してくれてるわ。」

「あはは・・ありがたいですね

 でも、その後に点滴とか出るんだよ、この忙しいときに

 痛みを訴え、その緩和の為に鎮静を掛けられた子供のオペ患さん、くたっとした顔で寝てました。可愛い女の子 情報を聞き出してとりあえずオペ室に向かうと、既に来ていたのは看護師ではなく、麻酔医。しかも真っ赤な顔をしている。

「先生、飲んでるの?」

「うん。でも『飲んでるから駄目。』って断れないが・・・」

「・・・辛いところですね、先生・・・

 準備をしてたらヘルプの看護師さんが来て、手術は問題なく終わりました。患者さんがオペ室に入るまでにかなりの時間があったので(検査やなんやかやで)、それまで呼び出されたみんなでおしゃべり。後輩は

「婦長さんから電話があって、呼び出しだから出てっていわれて。」

「うんうん。」

『今からですか?』って、今すぐなのか時間が少しあるのかそういう感じで聞いたんですよ。」

「うんうん。」

「そしたら、『当たり前じゃない、今すぐよ。』っていわれて。」

 大爆笑

 いういう、あの師長さんなら言う!!!

「それで、捨て台詞のように『呼び出しってこんなものよ。』っていわれて!!!!」

 切ないーーー!!!! 

 患者さんが来るまで、日付が変わって夜も更けて行くのに、ナチュラル・ハイで大しゃべりしてました。お陰で麻酔科の先生のアルコールはすっかり醒め、切れの良い麻酔をかけておられました。

 症状を見つけてすぐの受診だったため、事なきを得た感じでした。外科医が手術中に、診断を下した小児科の先生が様子を見にこられたので状況を説明してましたが、またこの外科医がくどくどと説教を始めるような先生でして 小児科の先生はちょっと恐縮した様子で「はい、はい。」と聞き入ってました。

 私、実はそんな外科医の言ってる言葉が何だか可笑しくて・・・

「痛かったんだなぁ、きっと。」

「だからあんなに泣いてたんだなぁ。」

「泣いてたのは、痛かったからだよ。」


 ・・・・・外科医・・・・・

 目の前の先生は、仮にも小児科医ですぞ・・・。

 子供の事は外科医より分かってるはずだ・・・・・

 なにより、

 痛くて泣くのは当たり前じゃが・・・・

 このやり取りと、ヘルニアに対する処置の是非についてシコタマ話してましたが、結局堂々巡りで何が言いたいのかさっぱりプ〜という感じの言い方をする外科医。これがもう目茶可笑しくて 器械出しをしながら笑わせてもらいました。小児科の先生には悪かったけど・・・。私って、笑うと目尻にすんごいシワが出来るので、マスクをしていても満面の笑みがばれちゃうのだ。 半分は、餅屋にもち米の良し悪しについて素人が説明してるみたいなもんだもんな・・・

 うちは小児外科という領域の先生がいないので、外科医はオールラウンダー。考えてみりゃ、これも凄いことだな

 結局、その手術の準備と施行と片づけで、帰ったら3時を過ぎてました。その日も朝8時30から仕事なので、寝てる時間がない。
 今日の仕事で手洗いをした後、患者さんの準備を待っている間、座って船をこいでいたら、

「うまうまさん、本気で寝てるから変わってあげる。」

 といって、後輩が器械だしを変わってくれました。どうやら師長さんの差し金のようで、手を下ろして歩いてると、ばったり出会った師長さんから

「うまうまさん、寝てたでしょ。」

 ・・・・・・はい・・・・・・返す言葉がございません・・・・

「他の呼び出しの人もオペ変わったし、時間も時間だから変わらせたのよ。」

 ・・・・・・はい・・・・・・とりあえず恩を着ときます。
 
 ・・・・・すぐに脱がせていただきますが・・・・・

 


 という、怒涛の1日でしたの。

 今日、電気屋さんに行ってインターネットの不調を切々と訴えて店員をひかせ、とにかくこの手を試してみてくださいと言ってプリントをゲットしてきたの。その一つを試してみたら見事インターネットが復旧したので、今日は一日ぶりに記事更新と相成りました。良かった〜〜〜

 今夜は一人寝の夜です。久々わんこと添い寝しようかなぁ〜〜〜
 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
慣れないわぁ。 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる