〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS Horse!Horse!Horse!

<<   作成日時 : 2008/08/16 20:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 土曜日です。乗馬に行く為に朝早くに起きたら、親も同じ時間に起きてきて、外出する気満々のようです。
 昨日の夜、またまた私の寝室のクーラーが壊れてしまい、ただ生ぬるい風が吹いてくるだけの状況。かなり苛々しながら寝入りばなを過ごしたのでございます。窓を全開にして風を通した方がナンボか涼しい。夜の涼しさはかなり心地よくなってきましたね 日中もそんなに気にならないくらいで、実は私、今年の夏はかなり過ごしやすかったと思ってるんです 暑い暑いといわれていても、私にはさっぱりそんな気がなく、デパートやスーパーでは寒い位。新幹線も寒いし、コンビニも寒い。車のクーラーもつけるとしても1。あるいは窓を開けていれば十分。

 今年、そんなに暑くなかった気がするんだけども?

 そう言ったら、仕事場の皆に大ブーイングを浴びました。

「うまうまさん、風邪を引いて身体が可笑しくなってますよ。」

「暑いですよ。馬鹿みたいに。」

 ・・・・そーかなぁ・・・・ 親がつける25度のクーラーが寒くて寒くて仕方ないと言うのに エコな身体になったもんだ!ラッキー!

 そんな私はそんなだからこそこんな日照りの日にも外で身体を動かすのが平気。さくさくと乗馬に出かけました 朝から燦燦と太陽が照りつける中、それでも風があってかなり涼しかった今日。動いていると目に汗が入るくらい滴るんですが、その汗が乾くと身体がさーっと冷たくなるのが分かります。

 さて、久しぶりに馬場乗馬学校に出てきました。試験を受けてようやく入ったクラブの特別レッスン学校だったのに、最近はめっきり行く機会がなくって、欠席ばかりしていたんですよ。指導を担当する方からは

「今日はようやく皆メンバーが揃ったね。」

 と嬉しがられるほど。
 すいません、いつも欠席で・・・・

 私の相棒は以前かなりお世話になった、出産経験のあるお母さん新馬。身体の皮膚が凄く薄く、ベルベットのような肌触りのチャーミングな女の子です。
 
画像

 この子がレッスンに出るようになった頃は、かなりのビビリさんで困った問題児として扱われていましたが、上手な会員さんが乗り続け(それでも時々私に回ってくる辺り、もしかして『お試し』だったのかもしれん)、本当に素敵な馬場馬に変身していたのです
 もともと収縮運動がとっても上手で、馬自身の形が惚れ惚れするほど綺麗 背格好も顔に伸びた流星も、なんとも私好みでグッド・ルッキング・ホースしゅたっしゅたっと速足をするときの前足の伸びは本当に素敵なんです!!! この子で競技会に出てみたいと思うほど

 昔は私では制御できないほどパニクることが多かったお母さん新馬のミーさん。パニクるとしても暴れたり立ち上がったりはしなかったので、落ちる危険はなかったのですが、180度後肢旋回をするのがとっても恐かった覚えがあります。
 今日はそのミーさんとのコンビ。速足の素敵さなんかは恐さを上回るものがあるので、ミーさんとのコンビは結構好き。でも、今日の私と来たら、

 折り返し手綱なくしたままなの・・・・

 折り返し手綱は調教用具の一つ。首を下げさせる効果がある上、パニクる馬を制御しやすくなるのです。最近はこれを使う馬が増えていて、手綱が2本になるのが当たり前だった状況。ミーさんに折り返し手綱なしで乗ってる人が果たしていただろうか・・・・・暫く考えながら、思いつかん・・・

 今の私と来たら、普通の水ロク手綱しかない。ビギナーの時から全然買い替えしていない、ほんとに初心者の時のままの手綱。これ一本でミーさんに乗って大丈夫かな・・・不安はあったものの、とりあえずレッスンへ。指導員もそれを見てなんと言って来るわけでもなかったので、きっと平気だ!と思いながら乗っていたんだけど・・・・。

 ミーさん、首振る振る!!!

 ぐおんぐおん!!!上げたり下げたり!!!


 ・・・・むちゃくちゃハミ嫌がっとるが・・・・・
 
 おまけにふらふらふらふら、馬体が安定しない・・・・身体柔らかいんだな・・・

 まぁ、私が結構力技で頭を下げさせようと頑張ったので、半分喧嘩したみたいになったようです。ハミの入れ替えをしながら少しずつミーさんとの折り合いをつけて、手の内に入れたと思ったら

「はい、駈足!」

 はぁ〜〜〜〜!!!???

 どかどかと皆が走り出す中、一人

「無理です!恐いです!」

 と、高速速足を繰り出す私たち。

「うまうまさん、大丈夫だよ、その分なら。行っちゃえ行っちゃえ。」

 他人事だと思ってーーーー!!!!

「それだけ手の内に入っていれば大丈夫。」

 ・・・・・・その言葉、信じさせていただきますよそもそも、皆が走っているのが羨ましくなってきていたし、もう開き直って駈足の合図を出したら、


 ミーさん、素敵!!!!


 という程の駈足が出ました もう、ずーーーーーっと走っていたい程気持ちよかった〜〜〜!!!首の位置もかくんと下がりそこでキープできるし、身体はきちんと収縮して上へ飛び跳ねる感じ。もう、かっこいぃ!!

 久しぶりにミーさんとのコンビでしたが、どんなに気難しくなってもミーさんの耳は必ず私の方を向いているし、嫌がっていてもちゃんと上の私の合図を待ってるし、ミーさんの身体がびりびりする程のすんごい集中力を感じて、本当に凄い馬になったなぁ〜と感歎した程です。
 私なんかには勿体無い馬です ピカピカに磨いてきりっと演技をしたら、きっと艶やかでため息が漏れるだろうなぁ〜と馬上で想像しながらニヤニヤした次第です。

 馬との出会いは、一目ぼれの恋に似ています

                         

 その後、別の乗馬クラブへ行きました どんだけ乗りたいねん!という感じですが、以前に一回レッスンをして頂いた事のある、地元にある乗馬クラブです。アットホームでとっても楽しい人達がいます。そんでもってすんごい馬がいるところです
 
 前回は初めての所だったので、お仲間さんに一緒についていってもらい紹介していただいてレッスンをしてもらったのです。今回も同じクラブでカドリールをしているお仲間さんの一人が「行って見たい」というので、それに便乗してレッスンをお願いしたという次第です。
 たった30分のレッスンだけれど、もうそれ以上は体力と気力が続かないという位、こってりとレッスンしていただきました 前回指摘されたところをもう一度直しながら、新しい指導の言葉を貰って、

「馬に真っ直ぐのるってこういうことか!!!!」

 という実感を得ました。馬に乗る、と言うのは馬に跨ることなんですな 馬に座ることじゃないんです。
 鞍の上に座っていてはいけないんだと言われ、ただ跨るだけだと教えられて、その実践。馬に対して真っ直ぐに、馬の背の動きを邪魔しない、馬の口の動きを邪魔しない。

 言われていることはとってもよく分かるし、理にかなっている上、今まで教えられたことがどれだけ曖昧で間違っていたことかと言う事も分かるんですが、今までちょっと変な方法で指導されていただけに、その癖を拭い去るのが大変です。
 右利きで字を書けといわれていたのに、それは間違いだから左手で文字を書け、と言われている様な物。

「左右の足の位置がちがーーーーう!!!」

「骨盤から足を動かせーーー!!!」

「内股に力はいりすぎーー!!」

「肩の力を抜けーーー!!!」

「ハミを弄るなーーー」

 ・・・・ありとあらゆるところを指摘され、

 一体いつ見てんの!?
 
 何で分かるの!?


 という気分です。あ、これちょっと変だな・・・と思った瞬間、案の定指導員の檄が飛ぶ あ、今ので馬の様子が変わったな・・・と思った瞬間、指導員の注意が飛ぶ 
 でも、逆も然り。あ、今馬の考えてること分かったかも!と思ったら

「今、どうよ?楽でしょ?」

 ・・・・・この人、何で分かるの?

「楽です。」

「そうだろ〜〜〜

 本当に一瞬変だ!と思った瞬間なんです。馬が一歩違った動きをした瞬間に叱られる。本当に、どこをどう見たらタイミングよく叱れるの!?という程。だからこそ、分かりやすいというのが本当です。後からになって「あの時さぁ・・・」と言われたって、分かるはずないしね
 このクラブ、本当に凄いです。何がと言うわけではないのですが、お馬さんとちーぱっぱではありません。上手くなりたい貪欲な私たちにとっては、乗馬ではなく馬術を習うところです。きっついけど、よく分かります。

 けど、体験乗馬では大人しーい可愛ーいお馬さんと戯れることが出来ます心や身体に障害を持った人達を対象にしたホースセラピーにも力を注いでいるようです。(←ごめんなさい、詳しいことあんまり知らないので・・・)
 馬の歩く振動や体温を背で感じることで、心の変化を生みだす事が出来るんだそうです。それに、馬に乗って歩くことは人間が普通に歩く動きにも似ているようで、歩行訓練にもなるし全身のバランスを鍛えることにもなるようです。車椅子の人達が馬に乗るリハビリを併用している様子を見たことがありますが、普通のリハビリより笑顔が一杯で嬉しく成っちゃいます

 馬は人間のパートナーです。太古の昔から今に至るまで、人間に寄り添い、人間と共にあった動物。ペットではなく対等な相棒として生きてきた動物だからこそ、人間を信頼して今もこうして心を開いてくれるんでしょうね。
 馬に乗ると言う事は、馬との対話のようなものです。こちらの思いを伝え、受け入れ、受け入れられ、相手の思いを聞く、言葉なくとも伝わる母と子のような、言葉違えども伝わるものがある異国間交流のような、そんな笑顔の対話に似ています。

 ・・・・・そうやって時に喧嘩もするんだけどね・・素でお互い怒りまくってるよ・・・


    喧嘩するほど仲が良いっていうし・・・・・

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Horse!Horse!Horse! 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる