〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 鳥の飛び始め

<<   作成日時 : 2008/08/20 21:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今月、師匠が元気に赤ちゃんを出産しました その赤ちゃんのお顔を見に、また師匠の様子伺いに、今日は仕事をさっさと終わらせて病院へ行ってきました
 産婦人科の個人病院。前に一回来たこともあり、さくさくと教えてもらった病室へ。赤ちゃんは新生児室で寝ていて、行きにチラッと寄ったんだけど、横向いて一生懸命!という格好で寝ていたのでじっくりお顔は拝見できませんでしたが、生まれて日がないというのにふっさふっさの黒髪 ん〜〜、なんか旦那さんの横顔に似てるかもしれんなぁ・・と想った私。

 出産後は個室に移ってのんびりしていた師匠の部屋を訪ねると、丁度夕飯時 悪い時に行っちゃったなぁと想ったけど、さっぱりした師匠の顔を見れて、思わず笑顔に成ります。これから始まる赤ちゃんとの生活、家族3人で過ごす毎日(しばらくは実家で過ごすんだろうけどね)、きっと一杯考えることはあるんだろうけど、全くそんな様子を見せず、けろっと

「入院生活には飽きた。」

 と仰る ゆっくり出来るのは今のうちなんだよ〜〜なんて脅していましたが、そんな忙しさって嬉しい忙しさだから全く平気だよねぇ〜 だからこそ「悩み」として浮かんでこないものです

 出産しても、まるで変わらない師匠の雰囲気。子を持つ母としての顔をのぞかせながらも、私にとってはいつまでも高校時代から代わらないあの頃のまま。師匠と会うと、途端に気持ちが軽くなったり溌剌とした気分になるのは、眩しかった高校時代や大学時代を思い出すからなのかもしれませんね。
 いつまでも、きっとこんな風に変わらないまま子供を引き連れて私と対峙してくれる師匠なんでしょうね。子を持って母になっても「私の友達」のまま。生きていればどんどん変わっていく人間関係の輪の中で、この部分は全然変わらず20年たっても同じなんです。お互い年をとり、白髪が増えて体の不調を訴えるようになっても、年金の額に不満を言い合うようになっても、かかりつけの病院に顔なじみの看護師が出来ようとも、変わらないものなんだと実感できる縁の一つです。

 素敵な出会いに感謝です。

                      

 その帰り道、胸いっぱいに「幸せを詰め込まれた私。うきうきしながらポルノグラフィティの新曲「ギフト」を買いに出かけました。

 CDをボックスに入れたまま、歌詞だけゆっくり読んでみる。

 あぁそうだな・・・

 胸にストンと落ちる私の「ギフト」
 信じてみてもいいかな。

 崩れる前に駆け抜けたらもしかしてあの橋は、振り返る私を止めてくれるのかな。

 今はまだリボンもない私の「ギフト」。

 自分で磨ききれないこの箱を、誰かが一緒に磨いてくれる。

 詰めた中身が輝くのを、誰かが新しいリボンを持って迎えてくれる。

 
 私の、私だけのギフト・・・私だけが持つギフト・・・


 あなただけが持つギフト・・・・


 晴一くんは自分で持ってるものに自分で気付いて信じろっていうけれど、その「ギフト」は一人じゃ光らない。一人だけだと、いつまでたっても後ろ手に隠したくなるみすぼらしい箱のまま。

 そうじゃない?

 明日に架かる橋を駆け抜ける瞬間、その向こうで大きく手を拱いている誰かがいる。だからこそ、「今行かなくちゃ!」 自分で自分のギフトを見つけて、そのギフトを誰かと共に輝かせるのが、素敵な人生、素敵な夢。

 晴一くん、気付いているんだと思う。ポルノグラフィティである自分がここまで進んでこれたのは、何よりもポルノグラフィティである昭仁くんが居たから。そりゃ、晴一くん自身の持つ才能ってものも在ったんだと思うけど、昭仁くんを引き揚げたのは晴一くんで、晴一くんを後押ししているのは昭仁くんだったりするだと思うな
 だから、お互い解散する時は抱き合ってありがとうを言ったりなんかするんだろうな。(←そんな日は生涯こなくても良いかも。)

 どんどん、ポルノグラフィティの放つ音楽が太い輪郭を持って響いてきます

 さらりとしたメロディに乗せて、誰もが迷い苦しむ事にもぽんと背を押してくれています。何の気なしに聞いていたらきっと気付かない深いメッセージと晴一くんの思いが込められている気がします。

 自分がここまで出来たんだから、君にだって出来る。

 この歌詞で、私が感じたのは晴一くんのそんな思い。晴一くんに特別の「ギフト」があったわけじゃなく、「ギフト」を信じ続けていたから「成れた」のだと・・・そして彼は続けて言うんでしょう。

 自分と君とは、何も変わらない。

 ただ、前へ進む気持ちの大きさが違っただけ。そう、思います。
 そして、晴一くんもまた、私たちと同じように人生や仕事や恋愛に悩み苦しむ人であることを感じてしまうのです。昔よりもずーっとストレートな物言いになってきた歌詞ですが、矢張り『言い含める』妙味は彼ならではですね。

 これから、音楽聞きます。

                         

 その新曲「ギフト」を買いに行ったCDショップで、なんとこの新曲自体は平積みにも特設コーナーにもなっていなくって、ただ『ポルノグラフィティ』の部分に、「リンク」と一緒に差し込まれていただけでした。

「・・・・・ありえん・・・・

 と思ったけど、何だかがっくり

 発売日は今日ぞな!

 ミリオンも凄いと思うけど、こっちも注目してくれや!

 初回限定盤をもってレジに向かうと、男性店員さんが爽やかに

DVD付きの初回限定版で良いですね!」

 ・・・・・そんな詳しい説明要るんか?

「あぁ・・・はい。」

「1500円に成ります。」

 手際よくCDを包み、お金の清算をする店員さん。何だかにこやか
 以前ここで新曲を買ったときも、女性店員さんがすんごいにこやかだったけど、もしかしてここのCDショップはポルノファンが多いのか!?

 だとしたら特設コーナー作ってくれよ!

「それではこちら、お品物に成ります。」

 1500円丁度を出して、レシートと共に品物を渡してくれた店員さん。
 『ありがとうございます。』で終了かと思いきや・・・。


「10月には新曲の発売も決まっていますので、そちらもよろしくお願いします。」



 えっ!?


 何で知ってんのーーー!!!!????


 うそーーー!!!???




 数多の音楽とアーティストを扱うCDショップで、今日発売の一アーティストのCDシングルを買ったお客に対して、そのアーティストの情報を瞬時に提供できる店員って・・・・・




 凄い!!!!



 ってか、ホントにポルノファン


 はじめ、

「何言ってんの、この人。10月がなんだって言うのよ!?

 ・・・・って思った私の方が、ダメダメファンだわ・・・・

 一瞬の間があって、

「あぁ!!!そういえばポルノグラフィティ、10月に又新曲出すんだったわ。」

 と思い返した次第。
 
 そうよね・・・・「ギフト」買って次を予約する人だっているだろうしね。
 
 


 にしても、こんな体験、




 初めてなんですけどーーー!!!!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
鳥の飛び始め 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる