〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 素晴らしきかな!

<<   作成日時 : 2008/08/24 20:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 日曜日ですね。昨日と打って変わって中々の晴天です。日焼けを気にしながら乗馬。

 昨日知ったことなんですが、実は今日うちの乗馬クラブはクラブ内競技会。その名も「馬場サーキット」。サーキットという意味がなんなのか分からないまま何年も過ごしている私ですが、何度か出たことはあるんですよね。馬場のサーキットが始まってまだ歴史が浅く(障碍はずーっとやってた)、始めの頃は出る人も少なくって私も結構上位にいけていたんだけど、最近はてんで駄目です 自分の実力というものをまざまざと見せ付けられます。障碍の上手な人は馬場も上手なんだなぁと、毎回思う次第。馬場しかやっていない私なのに、太刀打ちできません

 でもね、今日の私、競技会用の格好ではありません。黄色いポロシャツに色つきのキュロットでのんびりクラブに顔を出したら、

「今日出ないの?」

「馬場サーキットだよ?」


 顔を見るたび声をかけられる。

 馬場では華麗に舞うチューさんの姿

 カッコいいなぁ 馬場3課目、やってみたいなぁ!!! 2課目も満足に回れないんだけど・・・。

 みんなの乗ランや燕尾服、シルクハットがすんごく素敵だわぁ〜 やっぱり馬場は見目も大事だよねぇ〜。(私、ハットが全然似合わないんだよね・・・。被られてる感が増大するし、何だか頭が上へ伸びた感じになるので、駄目だと知りながら昔のアイドルみたいに後ろへずらして被ってます。ホントは真っ直ぐ被るんだけどなぁ。)

 早くから木陰の良い席をキープして馬場を眺めていたbossさんからは、

「白キュロ(競技会用の正装)じゃないんだね。」

 ・・・・・ううっ!!!痛いわっ!!

「今日、忘れたんです

 返した言葉に、何故か競技を採点中だったY指導員が慌てて振り返ってくれたけど・・・いえいえ、単にキュロットを忘れて出れない訳じゃなく、
 
 私、エントリーし忘れてたんです

 ・・・・・しかも・・・・・一ヶ月位前にその振り返ったY指導員から

「うまうまさん、馬場サーキットのエントリーして

 と、エントリー表を突きつけられていたのを

「う〜〜〜ん、また考えとく〜。まだ時間あるし。」

「じゃ、忘れず書いといてよ。」

 というやり取りをしていたのにもかかわらず・・・。

 昨日の土曜日、お菓子を突きながら

「馬場サーキットって、いつだったっけ?」

 とお仲間さんに聞いたら、

「明日よ。」

 ・・・・・えっ!?

「私もね、エントリーしようと思ったら締め切りすぎてて駄目だって言われたのよ。」

「・・・・ワタシ、エントリーすら忘れてました

 という訳で、今日の私は一観客
 
 白キュロ、乗ラン、アスコットタイの皆様を「いいなぁ〜」と横目に見ながら、カドリールをしていたわけです。今日のカドリールはまたまた新馬母さん。すんごく可愛い女の子です。

「うまうまさん、この子どんな感じ?素直?」

 と、レッスン中に指導員から聞かれ、(何で指導員が聞くの!?)

「う〜〜〜ん・・・・ふにゃふにゃ

 と答えたら大笑いされました。確かに、身体が柔らかいし動きが滑らかなので折り返し手綱がないのと上半身と下半身が勝手に2蹄跡を描く位です。でも、我慢強くて乗り心地最高! カドリールはこの子がパートナーでもいいかなぁ〜と思った次第です。

 隣では馬場馬術が進行。こっちは8騎での巻き乗りが上手くまとまらずに苦笑いがこぼれる。あんまり大声で笑っていても競技に差し支えるので、小さく小さく邪魔にならないように乗ってました。
 しかしまぁ、周りではどかどかレッスンしているのに馬場の競技が進んでいくって、どーなんでしょうね?馬場競技って言えば、声を出すのも憚られるほどし〜〜〜〜んと緊迫した雰囲気の中で繰り広げられる、賢覧豪華なスペクタクルロマン!ですのに。

 駈足〜とか速足〜とか掛け声が飛び交ってていいのか!?

                          

 乗馬競技は楽しいです。人の演技は観ているととっても勉強に成りますが、

「一体どうしたらあんな事が出来るの?」

 という疑問ばかり。人それぞれの乗り方があるっていうのも馬にとってはどうかと思うんですが、本当に個性的です。にしても、とある方から色々乗り方の指導をしていただいたのをポイントにしてみていると、その方の言っていることがどれだけ大切なことかと分かります。

 馬に真っ直ぐ乗る、馬の動きを邪魔しない、馬のリズムに合わせながらスピードを調節する、馬に座り込まない・・・馬との競技である馬場にしても障碍にしても、馬は道具ではなくパートナーなので、馬にまかせっきりなのも駄目、馬に頼りすぎても駄目、かといって馬に命令してばかりも駄目
 お互いがお互いの感覚を読みながらっていうのが必要になるんかも知れません。お互いの心が向き合ってるのが、いい演技の醍醐味なんですかね 精神論ですけど。

 乗馬って、奥がふかーーーいです。私なんてまだまだひよっこ 卵の殻を割ったばかりで羽根も乾いていない状態です。

 目指せ!!! ため息の漏れる華麗な馬場馬術!!

                         

 午前中を乗馬に費やして、帰ってきたらわんこを洗いました。実は久しぶり ちょっと毛皮がぬめぬめしていたので、今日こそは洗わないとどこからか苦情が出てくるんじゃないかというくらいヤバイ状態だったんです
 流石に今年はまだ皮膚炎にはなっておらず、サマーカットも結局やらなくてよかったんです。来年も今年位過ごしやすい夏だといいなぁ。

画像


 ただ今床と同化中・・・

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
素晴らしきかな! 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる