〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 8月の晩夏

<<   作成日時 : 2008/08/27 21:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

 朝からしっとりとした空気に包まれていました。雨上がりの朝は何だか湿気が多くてじめじめ。少し蒸し暑い感じです。朝晩の冷え込みが厳しくなってきたかと思ったら、曇りの日はまた夏に戻った感じ。三寒四温とはいうけれど、逆もまたありなんでしょうね。
 空に浮かぶ雲も、目に見えて高くなって来ている気がします。ラピュタを隠し持っていた入道雲はどこへ流れていったんでしょうねぇ。

 手術場はそれはもうシベリアの如く寒波です。寒い・・・・寒いけど、術野は暑い 無影灯というスポットライトを浴びている先生達と器械だしの看護師は部屋が暑いと言い、外回りで働いている私たちは寒いという、いったいどんな季節なんだ!?という事態です。何しろ冬でも時々は冷房を作動させるほどのところですから。

 そのモグラーず巣穴、今日はてんてこ舞いの忙しさだったようです。「だったよう」というのは、私にはまるで関係出来ないことだったから 明日の整形外科手術を控え、借用機械が中央材料室の部屋一杯に来ていたのです。 
 けれど、私はそのどれもに関わりがない。唯一付いている明日の大一番の手術でも、2日前に器械が搬入された上、インプラントなども午前中にさくさくと受け取りを済ませていたので、安穏としていたのです。手順も大体分かったし、器械もあるし、何せその手術は午後からだし・・・と構えていた私。
 次々と運ばれてくるインプラントに発狂寸前の後輩は、

「うまうまさーーーーーん!!!!

 とうとう訳が分かっていない私にまで助けを求める始末。

「だからね、これがこの器械で、これ一式がその器械のインプラントで・・・」

 頭上にはてなマークが飛び交っている後輩に向かって、分かりやすく機械をまとめていると、

「うまうまさん!手が空いたらコッチ教えて!」

 主任さんまでーーー!!!

 その器械、主任さんなら分かりますでしょーーー!!!

「で、ロッキングはこのスリーブとこのドリルで・・・」

「うまうまさん、ロッキングと普通のスクリューと、どうやって分かるの?」

「・・・・・・・野生の勘?」

「・・・・・・」

 殴られるところでした

 自分の付く手術の器械やインプラントを用意している時の手術室看護師は、ある意味修羅です。自分の事は自分でする、と言う言葉どおり。この責任の重さに、時に胃に穴が開いたりもします

 出てくる器械を千切っては投げ、千切っては投げ・・・・いや、違う・・・整理してまとめて声をからしながら説明して、ようやく自分の手術の用意の為に手術場に帰ってきたら、目の前に

 私の背よりも高く積まれたインプラントの山

 私、身長158センチ。でも、一番上のスクリューの箱まで手が届きません

 一人の患者さんの、何処がどう折れてこんなにインプラントが必要なのーーー!!!???という気分でしたが、うちの手術室では珍しくないことなので

「ふぅ〜ん、大変そうだね

 と苦笑いしておきました。

 のんびりしているように見えても、明日私が付く手術も大変大きな手術なんだよーー
 ただ、今まで私は付いたことがあるし、手順やからくりが分かっているからのんびり構えていられるだけ。器械だしの後輩は何だかナーバスになっていて、どんなに資料を積み上げても安心できない様子。でも、サポートする側の私は全く平気。だって、アノ子なら出来るから!っていう安心感です。

 それよりも、先生の方が心配なんだけども・・・!?

                          

 一つの手術をする為に、どれ程沢山の器械が必要か、どれ程のバラエティのインプラントが必要か、それは想像を絶する事なんです。病棟で看護師として働いていた頃は、手術って「いってらっしゃい」「お疲れ」って、普通に出来るものだと思っていましたが、借りた器械での手術だったりするし、骨折を留めるスクリューだって2ミリ刻みで長さがあるし、その2ミリで治療の良し悪しが決まってしまう繊細なものだったりするんです。
 鉛筆だって用途に応じて濃いものから薄いものまである、そういうのと似ています。 「弘法筆を選ばず」というのは、書の世界だからこそ。選べる範囲の広さが広いほど、良い手術って出来るんだなと思う次第です。そのために前日、ハチャメチャなインプラントの数と格闘しているわけです。

 どーにかなりませんかね、シン○スさん

 という、ナースのお仕事です。手術室って、大変なところですねぇ

 因みに、明日私が付く手術は、PCLの再建術です。
 PCLはサッカー選手などがよく怪我をする前十字靭帯(ACL)と対を成すように十文字を形成している、膝の後十字靭帯の事です。以前私がこの手術に付いた時もブログに書いた覚えがありますが、PCLは血流が豊富なので怪我をしても保存療法で治すことが多いのですが、時々こうして再建術となる症例が出ます。
 ACLは前十字靭帯というだけ合って膝の前面(という言い方も変なんだろうけど)に在る上、膝を90度に曲げた状態で付着部から付着部までが真っ直ぐになるという生理的状態なので、再建も意外と分かりやすいのですが、PCLは後十字靭帯というだけあり、ACLの後ろ側についています。膝の裏側が付着部なので、手技が大変 それに、このPCLの付着部周囲には、動脈が通っていたり神経が通っていたりと、重要な部分なんです。そこを傷つけずに刃物を使うのはかなり気を張ります。それも、PCL再建が難しいと言われる所以なのかな。

 まぁ、そんなこんなで4時間位かかるそうです。

 そんなこんなで4時間、患者さんを守り抜かねば成りません。

 がんばりまっす!

 

 今日、午前中に付いた外科の手術。朝、後輩と患者さんの情報を交換していて気付きました。

「あ、この人、うちの母と同じ歳だ・・・。」

 言葉にして改めて、そういう歳なんだなと思います。自分が歳をとっていくのと同じように、親も年をとっていくんです。わんこだってそう。一年一年、時間は同じように誰の上にも流れるんですね。時間は目に見えないけれど、過ぎていった証は確実に残しているものなんです。

 母は元気で働いていて、今日の患者さんは癌でお腹を切る。もともう少しふくよかだったんでしょう、痩せてしまい、皮膚がたるんでしまってます。
 
 なんだか、複雑でした。母が寝ているのと同じ感じ・・・・とはいえませんが、この方にも家族があり、この方も母であり妻であるんです。手術室の入り口で、不安な笑顔で手を振っていたのは、旦那さんかな・・・。「手術室」に家族を送り出す不安を、「関係者以外立ち入り禁止」の言葉のこちら側で働いている私たちは気付けているかな。家族の方がよっぽど「関係者」なんじゃないかな
 病棟の看護師さんは「そこで待っててください」と言って「関係者以外立ち入り禁止」のドアをくぐるけれど、私は清潔区域に入る寸前のドアまで、家族の付き添いを許可します。病棟看護師が入れて家族が入れないなんて間違ってると思いませんか?

 病棟ナース!君達こそ家族の事をもっと考えてあげて欲しいんだけど!?

 家族ケア・・・これも私の看護研究の一題材。まだまだ熟考してないんだけどね。

                       

 わんこと歩く散歩道に、季節の変わり目を感じます

 時間を選ばなくなってきたのは、日の沈むのが早くなってきたから。それは少しずつ地球の傾きが変わっている証。
 田圃の稲に穂を確認してにんまり いつの間かにこんなにふっとい穂を出したんだろう。

 住宅街の家々に一つ二つと明かりがついていきます。灯りの下で家族の声が響いているんでしょうね。
 集合住宅の一角でも、ぽつりと明かりが灯ります。一人暮らしの様相のアパートにも、家の前に小さな自転車が転がっているドアの脇の窓にも・・・。
 すぐに晩御飯の匂いがしてきて、オレンジ色の明かりがついたり消えたり。その灯りの下には、家族の笑顔と穏かな時間が流れているようです。

 開け放たれた窓にかかるカーテンが、風に揺れています。部屋に篭った温い空気を入れ替えるように、稲穂を揺らした風が部屋へ導かれていきました。
 そのカーテンの向こうには、誰がいるんでしょう。勉強している学生?ご飯の用意をしているOLさん?うたた寝している赤ちゃん?

 長い長い、帰宅を急ぐ渋滞の車の列。脇を縫うように歩いていくわんこを眺めながら喜ぶ子供たちの声が車の中から聞こえてきました。
 助手席に乗った彼女がわんこを覗き込んで指を指して来ます。そこに浮かぶ笑顔に、私は少し得意げになれます。

 可愛いでしょ

 良い子でしょ

 うちの子、素敵でしょ



 そう思ったとたんにわんこが拾い食い

「何してんのーーー!!!

 ぱこっと頭を叩いたら、まるで漫画のようにガムの欠片がわんこの口から飛び出してきました

 やっぱり私たち、漫才コンビだわ・・・

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ナースのお仕事 キャスト
みなさんに質問します。(男20歳)ナースのお仕事を見て、何を思いますか?みなさんに質問します。(男20歳)ナースのお仕事を見て、何を思いますか?テレビで最近再放送されている... ...続きを見る
えっ!?そんな事あったの?
2008/08/30 08:36
ナースのお仕事 画像といえば
まずは新着情報をチェック ⇒  ★新着トピックス一覧★ 【旬の話題の部屋】にようこそ!旬の話題といえば? 思いつくいろいろな話題をどんどん紹介していきますね!ナースのお仕事 DVD-BOX(DVD) ◆20%OFF!商品価格:16,632円レビュー平均:0.0女優 深浦加奈子さんを偲.... ...続きを見る
旬の話題の部屋
2008/09/04 23:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
8月の晩夏 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる