〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS カンガルーさんの袋。

<<   作成日時 : 2008/08/05 22:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 休み明けのお仕事は流れがつかめなくていつもより気を使います。けど、何だか新鮮 学校をズル休みすると学校で何をしているのか気になるように、仕事場を休むと「昨日どうだった?」と思わずみんなに聞いてしまいます。それと同じ気持ちなんだと思います
 けど、私が休みだった昨日の月曜日、仕事場はどんより沈んでいたようです 人間関係に暗雲の兆し またまた複雑な泥沼にはまりそうなので、笑顔ですり抜けているうまうまです。悩むのは恋愛だけで良いってば・・・

 そんな今日のお仕事、かなり順調でした 気力が戻ると頑張る気がアップするし、それだけ他人に優しくなれるものです いつもは苛立つ先生にも、何だか心広く接することが出来、お陰でスムーズな手術運び。怒られることなく、「しまったーーー!!!って思う事もなく。いつもこうなら良いんだけどなぁ そうできない、器の小さなうまうまです
 出勤したら、この間学会員になったお陰で日本手術看護学会の学会誌が送られてきていました。こういう会誌が送られてくると「私って勉強してるんだなぁ・・」という気分に成ります。何の根拠もない喜びなんですけど この度は前回の年次大会の発表論文集が主。行きたいと思っていた今年度の年次大会の案内も入っていてラッキーです。

 私、個人的にやってみたい看護研究のテーマを何個か持っているんですが、その何個かを実現させる為には病院中にお願いして回らないといけないほど壮大なテーマだったり、一年じゃ到底出来ないことだったり、一人では絶対無理なことだったりするんです。

 その一つが、帝王切開時のカンガルーケアについて。

 帝王切開はお腹を切って子供を産む方法。つまり手術。
 なので、お母さんが赤ちゃんとちゃんと対面できるのはほんの一瞬なんです。他の病院ではどうしているのかわからないんですが、出てきたところは見れないし(ある意味スプラッタ〜だし)、おぎゃ〜って泣く声は聞こえるけど、すぐに助産師さんや小児科医が子供を預かるので、隙間からようやくちらりちらりと見えるほど。赤ちゃんの処置が全部済んでおくるみに包まった状態でお母さんに

「おめでとうございます〜

 と言いながら赤ちゃんのお顔を見せるんですが、手術室看護師が気を利かせてあげないとそこでお母さんが赤ちゃんに触れることもままならない状況だったりします。私は、それでは勿体無いと思うので、その場にいたら必ず手を出してもらい、赤ちゃんのほっぺたなり指先なりに触れてもらうことにしています。

 モグラーずの間では、この事は随分前から何の関心もないようで、当たり前のように赤ちゃんは小児科医、お母さんは麻酔科医と産科医という感じで役割分担されています。手術室看護師は手術自体でばたばたしているのでなかなか気が回らない。新人さんなどでは「おめでとうございます。」の一言も出ないときもある位忙しいんです。

 けど、私、これってやっぱり淋しいと思っていたんです

 自分だったら、少しでも良いから抱かせて欲しいと思うと思うし、ほんのちょっとの対面だけで、どっちがお母さんなのか分からないほど意気揚々と赤ちゃんを抱えて病棟に帰っていく助産師さんの姿などを見ていると、

「産んだのはこの人よーーー!!!!

 と思うわけです。赤ちゃんが大変な状態と言う事になれば、それこそお母さんそっちのけで小児科医の先生が赤ちゃんを取り囲み、悪くすれば小児科病棟の看護師さんまで出てくる。そうなれば「お母さん」の存在はかき消されてしまいます。医療者って、大概そういうものですよね。一生懸命になると個人の命しか見えなくなる。
 でも、帝王切開の場って、赤ちゃんの命と、その命を育んだお母さんの絆を見るところ。はさみで臍の緒を断ち切るように、ぷっつり切ってあげないでほしいなーと思うんです。

 なので、うちの病院の帝王切開で「カンガルーケア」が出来ないかなぁ〜とずーっと思っていたんです。それが研究できたら嬉しいな〜と。
 しかし、この研究をするには手術場の看護師、麻酔科医、助産師さんや病棟看護師さん、小児科の先生や小児科の看護師さん、一番難関の産婦人科医などの協力と同意が必要 ここに挫折してしまっていたんです。だってね〜、やっぱりどこからか出るわけですよ。「何かあったらどーするの!?」っていう意見。その言葉に希望を折られていた訳です。

 で、何でこういう話題かと言えば、

 今日ぱらぱらと見ていた日本手術看護学会誌に!!!!!

 あったんです!!!!

「帝王切開手術でカンガルーケアを行った母親の反応」

 という題で、研究論文が!!!!!

 目を皿のようにして読みました

 まさしく今のうちの病院の様な現状からカンガルーケアへと持っていった研究論文なんです。ちょっと感動!!!ちょっと残念・・・もう研究できへん・・・

 読む限り、カンガルーケアに対する否定的な意見はなく、お母さんにとっても良いケアになっている様子。

 いけるかも!?

 うちでも出来るかもーーー!!!???

 研究にしなくても良いんです。出来れば。嬉しいって言ってもらえれば!
 お友達に子供が産まれると言う事がそう感じさせると言う事だけじゃなく、私が手術室に配属されて5年、本当にこれだけはいつか実現させたいなーと思っていたことだったんです。中堅と言われる今なら・・・・????ニヤリ

 私は子供を産んだことがないので、赤ちゃんとの始めての対面っていうものを頭で考えるしかないんですが、やっぱり帝王切開で産んだ時、赤ちゃんを一目も見ることなく人の手にゆだねられてしまうって淋しい事だと思うんです。
 赤ちゃんは生まれてすぐに一生懸命目を開けようとする。その瞬間に見る「お母さん」という存在に安心するんだと聞いた覚えがあります。そしてその時に見せる、この世に生まれて初めての笑顔があるんです お母さんには、それを見て欲しいし、出来れば見せてあげたいもんね! 
 普通分娩なら、生まれてきた赤ちゃん、すぐに対面できるもんね。分娩台で胸に乗っけてもらえるもん。だったら帝王切開でもそうしてあげたい・・・・。

 カンガルーケアとは何処からの言葉かは不明だけど、簡単に言えば肌と肌とのふれあいの事です。生まれた来た赤ちゃんの素肌とお母さんの素肌を合わせて、赤ちゃんの重みを感じてもらうんです。ただ触るよりも、ずっとずっと愛おしく思えるんじゃないかなぁ・・・

 この研究、参考にさせてもらいたいと思います。今度いい症例があったら早速実践だ!

 仕事はこうやって面白くなるんですね。

                        

 毎日毎日、とりあえずお琴を弾いていると、左の指先の皮が剥けてきちゃいました。痛いお琴って、弦を押さえて半音挙げたりする動作があるんですが、それが中々上手くならないのです。頑張って押さえていたら、そんなこんなで一皮剥けちゃいました。

 最近私の左手は受難の様で、高校時代から持っていた左手首に在るガングリオンを壁にぶつけて潰してしまったと思ったら、今度は手の甲の部分に3個ぽつぽつと山の連なりのように出来てしまい、それがとっても気になっていたんです。
 時々筋が痛くなるし、潰してしまえ〜と思ったら中々潰れない。最終手段で今日、手術の合間にのんびり座っていた整形外科医をひっつかまえて、

「暇だったらこれ、吸い出してください。」

 と、注射器を渡して中身を出してもらいました。高校時代にもこうやって出してもらったことがあるんですが、その時より中身がどろどろ。
 ガングリオンの中身は大概関節液です。関節の動きを滑らかにする、まるでコラーゲンのような無色透明のもの。今回出てきたものも、全然濁りのない綺麗な関節液でした。高校時代のものはもっと黄色かった気がするんだけど。
 このガングリオン、注射器で吸い出すときは18Gのめっちゃ太い針を使います。細い針では詰まってしまって結局でないので。18ゲージという太さは、献血の時の針の太さと同じか、それよりすこーしだけ細いかと言う位。(献血は最近何ゲージ?昔は16ゲージだったよね?)ピアスを自分であけるときには、この18Gがすんごく便利なんだけどね。(ピアスはちゃんと医療機関であけてもらったほうが良いと思うけど。因みに、行くなら皮膚科か耳鼻科。うちの病院では耳鼻科でやってます。)

 兎に角、太いんです

 それを見ていた師長さん。

「何でそんな太いのでやるの!? 虐めだわ。」

 ・・・・いや・・・・これ位じゃないと吸えないんですよ・・・・

「おぉ〜〜〜ヤダヤダ!!! 見てらんない!!!」

 ・・・・・・師長さん、意外に恐がりですね・・・・

 後輩の一人はものすごーく興味深そうに見てました。
 けど、そんなに痛くなかった。

 良かった〜〜!しかし、手の甲に穴が開いちゃったけど



 でも、ガングリオンってその袋ごと取らないと、結局また出来ちゃうんですよね。
 そしたらまた吸い出してもらうしかないかなぁ。

 潰すと痛いんだよね〜〜

 皆様も、身体の不調は早めに病院にかかりましょうね!


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
カンガルーさんの袋。 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる