〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS A型のロマンチストさん。

<<   作成日時 : 2008/09/17 22:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 昨日の記事の最後を締めた

 「また会ってくれますか?」

 は、14日の晴一くんの最後の言葉です。私、この言葉がかなり心の奥にずしんと響きました 記事にも書いたように、何度でも何度でも彼がそう望む限り何度でも会いにきます!そういう気持ちにもなったし、それはこちらの台詞だよって気にもなったし。
 何より、自分から「会いたい」と乞う彼の言葉が、本当に愛情に溢れた響きで聞こえたんです。何しろ、生声でしたからね

 私、晴一くんがこう言う事を言うとは思わなかったので、ちょっとどっきりしちゃいました 15日は「お前ら好き!」と、お決まりの文句でしたしね。なので、あの一言は本当に「ギフトです。

                      

 さてはて、仕事です あれからしゃかりきに仕事してますよ!16日には仕事場に入った瞬間から

「うまうまさんのテンションが変です。」

 と指摘され、休憩室では参戦記で盛り上がりました。みんなしーんとして聞いてるし
 アリーナツアーの決定があったことを、一緒に行った先輩や後輩に伝えると、

「また行きたい!」

 と言われたのがとっても嬉しかったです 知っているけど曲はじっくり聞かない、という程度の先輩達がどうライブを楽しんだのかとっても心配だったけれど、帰りのバスの中で

「すんごく楽しかったよ!」

 と言って笑顔になるのを見ていたら、安心しました。その上でまた行きたいなんて!!!!
 嬉しいです

 これが私にとって、晴一くんのいう「ライブはロマンチック」の一つですね。
 
 ライブのお陰で頭はすっきり 気持ちにも余裕が生まれて本当に生き生きと仕事が出来ているなという気分なんです 時間の使い方が上手になるし(単に無駄がなくなると言う事なのかな)、兎に角「頑張ろう!」という気分に成ります。自分が頑張ることで、巡り巡って彼らを応援していることにも繋がるんだ!なんて、すんごく壮大な妄想を繰り広げている次第です
 アリーナツアー・・・・ついこの間「初めてって言ってた気がするのに、もう2回目。数的には少ないかもしれないけれど、すでに貫禄あり。

 ツアー決定の報告がオーロラビジョンに出たときにみんなでやった万歳にも達成感を感じたりして、これから始まるのに無事終わったような安心感がうまれて来たりしてました。きっと成功する、絶対上手くいく!みんなそう思っていたはずよね、あの瞬間。

 ロマンスポルノって、本当にロマン溢れるライブでしたね。

                        

 そんなロマンをまだまだ胸に秘めた私。なんとも寛容な気持ちで一日を過ごしていました。文句を言うよりも笑っていることが多い一日って、本当に素敵!

 図書室でいつも当直でお世話になっている小児科の先生にばったり出くわした挙句、

「何してるの?」

 と聞いたら

「・・・・・寝てる。」

 と答えられても、平気
 
 お疲れなのねぇ〜〜〜
 
 なんて心でエールを送って

「パソコン使うけど、いい?安眠妨害してごめんね。」

 と切り替えして睡眠を見守ってあげますわ!

 いえいえ、決して『仕事しないで何してんの!?という気分にはなりませんことよ!

 私たちの病院、実はとってもケチでね。←身内に向かってこんな事書くんじゃない
 オーダリングシステムがあるので、パソコンはそこらじゅうにごろごろしているんですが(といっても、手術室には4台しかない。しかも、いつも誰かが使っている)プリンターがないのですよ。レーザープリンターの白黒のは一台だけ部署にあるんですが、カラープリンターがない。私たちの手術室はコピー機もファックスもない

 なので、カラープリントしようと思ったら、図書室まで出向かなければ成らないんです。しかも、私が使いたいのはいつもA3バージョン。この手のプリンターは医局のOA室か図書室。医局に行ったら何を言われるかわからないので、専ら図書室へ行く羽目になるわけです。

 仕事合間のちょっとした空き時間に行くので、普段は誰と出会うこともないんですが、ごくごくたまーーーにこの小児科の先生に出くわすことがあります。以前会った時にはお勉強されていたのに、今日は入った瞬間

 ・・・・先生が寝てる

 と分かるほど。誰かが入ってきたのにはすぐに気がつかれたようですが、慌てて飛び起きる様子もなく、パーテーションで区切られたブースの一つを私が覗き込むまでお構いなし。
 となりのパソコン台に用事があったのでブースの中を覗き込んだら、

「・・・お疲れさん。」

 とな
 やっと私だと気付かれたようで、上記の会話となったわけです。
 
 違う会議室で、いつも仕事をしないことで有名な事務室のお偉いさんが寝ていたときには憤慨しましたが、今日は平気。いつも忙しい先生の事だし、何より心に余裕が!!!!!

「煩くなるけどごめんね。」

 と先に謝ったら、

「ううん、いいよ。」

 ・・・・・・という返事はいいんだけども・・・・・



  そのまますぐに寝るな!!!!



  ・・・・・・ってか・・・・・




 私が居る前で本気で眠りだすのはどーか!?




    安心しきってるんじゃないのかっ!?





     ちくるぞ!





  ・・・・そんなことはしないけどさ・・・


 にしても、顔見知りだと気付いたせいなのか、それが私だというのがある意味「ま、いっか。」という気分なのか・・・本気で眠りに入られると・・・・



 私、どうしたらいいの!?


 という気分になりました。いや・・・・まさか襲いはしないけど・・・・・
 

 わわわわわわ・・・私、動いていい?

 プリンターをガーガー動かしていい!?

 煩くしても大丈夫!?


 
     ・・・・何でこんなに気ぃ使ってんのーーーー!?

 そんな気持ちを汲んだのか、パソコンがフリーズを繰り返し、プリンター音をとやかく言う前に私自身が奇声を上げそうになりました。

 そんなんじゃ寝てる気にもならないだろうに、難しい体勢で腕組んで寝入ってる先生の姿を眺めながら、つくづく医者って大変な仕事だなと思った次第です。
 なら、静かにしてあげようか・・・本当だったら出て行くのが筋なんだろうけど、図書室に図書室の本分としての用事があるのはワ・タ・シ!!!!(先生にとっては寝室)
 居座ってました

 けど、10分もしないうちに別の方が入ってこられ、違うパソコンに向かい始めたんです。出勤前に研究でもまとめようとしている看護師さんなんだろうけど、顔知らなかったんだよね 知らないなりに

「お疲れ様です。」

 って普通に私がその人に声をかけたら、その声で気付いたのか背後で先生が起きられて、仕方なさそうに出て行かれました。

「じゃ、お先に。」

 ・・・・・先生・・・・・その声かけは間違っちゃいませんか!?
 お先にだったか、お邪魔したね、だったか・・・・ちょっとうろ覚えだけど・・・どっちにしてもナンだか変な一言だな。

「先生、夜眠れないの?」

 すれ違い際に聞き返したら、

「ううん、そんなことないよ。」

 と苦笑い。続けて

「ご飯食べたらねぇ・・・・

 語尾は先生が過ぎ去っていくのにつられて濁されました。

 ご飯食べて眠くなるんっすか?

 


 先生、




 それはとっても子供みたいですーーーーー!!!!





 ついう奇声は上げませんでしたけど 生理現象だしね、睡魔って。
 そんな私も、夕方のスタッフミーティングで太平洋まで漕ぎ出していました

 人の事いえませんね

 しかし・・・・・あの先生、もしもずーーーっと私一人だったら、そのまま寝入るつもりだったんかな?他の人が来たから逃げたけど、私だけだったら「いいや。」ってことで寝てたのかな?初めから私の前で堂々と寝てたくらいだし 大体、当直だけでそこまで顔見知りってところがすごいっす どんだけナァナァな訳ですかっ!?

 先生にとって私ってスタッフは、勤務時間内に仕事してない事に気付かれても平気な存在のようです。これってちょっと、甘やかしすぎ?

 寝てて良いよって仄めかすような言い方がいけんかったかな?

  ・・・・ま、いっか。いつも忙しいもんね

                           

 普段だったら怒ります というか、居たたまれなくなるほどガン見したり嫌味を言ったりすると思います、私。けど、許せるのはこの先生だからかな。やっぱりいつも頑張ってるって言うのを知ってるし、それなりに顔見知りだとあんまり邪険に言えないもんね。

 一応

「何してんの?」

 という言葉の裏に

『・・・・・仕事は?外来は?病棟は?』

 という気持ちを込めたつもりですが、午後は外来もないし病棟も入院患者さんも今は少ないみたいです。これから冬に掛けて小児科はまたまた忙しくなりますし、そうなると小児二次救急の当直もまた格別の忙しさがやってくるわけです
 
 先生、今度一緒に仕事が回ってきたら、覚悟しておきましょうね・・・
 私たちコンビはメッチャ忙しいコンビ。
 管理人さんにも呆れられましたし

 そんなのんびりの一日の後、実は院内の研修会で輸血についての勉強会に行って来ました。半分「早く帰りたいよ〜〜」というグダグダモードだったんですが、意外な事実を知りました。

 輸血って、どういうものかしってますよね? 
 献血、したことありますよね?

 献血された血液って、輸血用血液として赤十字の方で色々加工(?)されて医療現場へ届けられるわけですが、最近感染症のスクリーニングがとっても厳しくなっています。未だにエイズ検査目的のような感覚で献血される方も居るそうです。
 献血された血液の感染症検査は、血液の一部を20人分集めて検査します。その20人分一気に行った検査で感染症陽性と反応が出れば、その20人のうちどの人の血液にプラス反応が出たのか、更に詳しく調べます。つまり、最初の20人分一気に行う血液検査で陰性であれば、20人一気に検査が済んだことになるんだそうです。合理的
 このスクリーニング検査の精密度はかなり高くなっていて、結構な数のプラス反応が出るそうです。

 で、私たちが普段使っているだけでも、血液型はA・B・O・ABの4種類、Rhの2種類、あわせると8種類の血液型があります。詳しく行けば白血球にも型があったり、他の血球にも血漿にも型があったりなんかして、全く同じ血液を持つ人間のどれほど少ないことかと言う事が良く分かります。

 で、血液型が違う輸血をしてしまうと命に関わる、というのもご存知ですよね?

「A型の私はB型のあなたから血液を貰うことができない。」

 という意味が分かりますよね?

 そーなんです当然です 血液型が判明していなかった昔々には、輸血療法と称して人の血液を輸血してしまい患者さんが亡くなったという失敗を繰り返しています。そこから『何かあるんだ!』と言う事が分かり、血液型の判明と相成るわけですが、亡くなられた方にとっては喜ぶべきことなのか・・・・・。

 簡単そうで難しく書くならば、

 A型の人 → 赤血球上にA型抗原を持つ
          血清中にB型抗体を持つ
    人。

 B型の人 → 赤血球上にB型抗原を持つ
          血清中にA型抗体を持つ 
   人。

 この原理でいくと、

 AB型の人 → 赤血球上にA型とB型の抗原を持つ
           血清中に何の抗体も持たない  
  人。

 O型の人 → 赤血球上に何の抗原も持たない
          血清中にA型とB型の抗体を持つ
   人。

 です。抗原は自分の持って生まれたものなのですが、抗体は生まれてから作られるものらしいです。もしかして持っていない人も居るの?と思ったけれど、それはどうかな?さてさてはは〜〜ん
 これ、ランドシュタイナーの法則といいます。自分の血球が保有しない抗原に対する抗体を自然に作ってしまうこと。
 O型の私は赤血球上に何の抗原も持たないので、AとBの両方の抗体があるわけです。(言葉の意味は辞書で調べてください。) 
 この原理でいくと、O型の人に他の血液型の血液が入ると、免疫反応が凄いと言う事に成ります。 (えっ!?どう言う事か分からない!?)

 この原理でいくと・・・・・・・・

 いや、この原理は捨てましょう 説明できんから

 聞いた事をそのまま言えば、

 血液型不適合輸血

 という可笑しくもない重篤な医療事故が存在しまして・・・。あってはならないことなんですが、時々どこかの病院で起こします。事故を起こさない為に、適合試験や患者間違いがないように、輸血療法の場合はすんごくすごいチェック関門を通り越してようやく血液が患者さんに投与されるという仕組みになっています。何処の病院でも、面倒くさいくらい何度も確認の為の手順が作られています。(面倒くさい言うなーーー!!!

 けれど、時折起こしてしまう血液型不適合輸血。

 この事故で、一番恐ろしいのは、


 O型の患者さんに、A型の血液を輸血すること。


 らしいです 他の血液型だったり、A型の人にB型の血液という相手間違いであれば、救命することも可能だそうですが、この

 O型の受血者にA型の供血者

 という組み合わせは、ホンの数mlの輸血でも死に至ることも珍しくないそうです 私にとってこの事実は初耳。O型の血液は、広く言えば誰にでもあげられるけど誰からももらえない、という事を聞いたことがありますが(実際はそんな血液型不適合輸血はしません!!!)この組み合わせが一番やばい!ということは初めて知りました。びっくりです。というか、

 何故A型が駄目なんだーーー!!!!????

 と叫んだ。
 心理的要因

 皆様、知ってました? うまうま、初めてすぎてビックリしました。
 思わず資料にメモしちゃいました。

画像


   「特に怖いペア」



       と・・・・・



  眠りながらここまで書くか・・・・・



    ってか・・・・・字、きたね〜〜

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
うまうまさん♪こんばんは。

うーーんテンション高いなぁ(笑)
あ、ワタシとアナタも特に怖いペアのようです。
hoko
2008/09/18 00:57
 あら、hokoさんA型ですか?私の周り、A型率多いです。みんないい人ですよぉ〜〜♪

 このテンション、次の日にはしおしお萎れちゃいました・・・あははっ(^^;)
うまうま
2008/09/18 22:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
A型のロマンチストさん。 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる