〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 昨日も今日も明日も、明後日も。

<<   作成日時 : 2008/10/14 22:55   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 3連休明けの火曜日。私は朝一番の人工膝関節全置換術(TKA)に、外回り看護師として付いていました。最近メッチャ早くなったこの手術。うちの先生達は医師2名で1時間と少しで終わらせます。その代わり、その手の速さについていく看護師は大変ですが
 そのTKAって、手術中よりも手術前後の看護の方がずーっと大変です。手術前の準備では、麻酔介助から体位固定、その他色々と滅茶苦茶いろんなことを用意しなければならないのです。全て患者さんの為ならば!頑張るしかないんですが・・・

 実は今日、いつも大学から来てくださっている麻酔科の応援の先生が急遽お休み 秋になって医療界は学会シーズンですしね。世の中、医療関係の学会って物凄い数在るんです。看護師関係だけでも色々・・・・自分に関わりのないところは全く分かりません。(関わりがあっても興味がなければだめですけどね)
 学会が理由なのかどうかは分からないんですが、いつもの手勝手をしった先生ではなく、代理の先生が大学からやってくる予定になっていて、丁度私のそのTKAを担当する羽目に
 
 常勤の先生や定期で応援にやってくる先生なら顔見知りだし、何でも要求出来るのでやりやすいのですが、新しい先生で、しかも一過性に過ぎていく先生なら何だかやりにくいなぁと思っていたら、案の定先生は時間ぎりぎりにやってこられ(といっても、私たちの手術室って、朝一番の手術は予定時間より10分早く入室するようになっているんです)、常勤の麻酔科の先生から麻酔器の事や麻酔カートの事なんかを申し送りされていてばたばた、私は患者さんの事を申し送ることが出来ないまま。
 私は術前訪問した用紙を持って立ち尽くし、やっと応援の先生の手が開いたと思ってかけより、急いで申し送り。そうしたらあれよあれよと麻酔導入

 その早さにもビックリしたけど、何にも知らない状態で麻酔をかけようとするこの先生の凄さにもびっくり 確かに自分で患者さんと2.3事話した方が分かりやすいって事もあるんだろうけど・・・。
 麻酔導入やら準備やら、兎に角さかさかと何でも『早い!』この先生。意外と大雑把であけっぴろげで人懐こい先生だなぁというのが第一印象でした。
 見た感じ結構若そうだし、さくさく麻酔をする様子や、患者さんが落ち着いたらぶらぶらと部屋を出て行き、手術室内をうろうろ見学している様子なんかを見ていたら、

「この先生、大丈夫かなぁ?」

 と感じたりしてました 丁寧さがないって感じで、ほんとにちゃんとみてる!?という気にもなっていたんですが、手術の合間に患者さんの状態を聞いたら、かなり的確に分かりやすく今の状態の変化を教えてくれるんです

 あれ?結構安心かも!?

 むくむくと蠢いていた疑念がちょっと晴れ、そのまま手術終了。
 麻酔の導入から挿管に至るまでの流れと麻酔覚醒から抜管までは、麻酔の中でも一番緊張するところ 飛行機の離陸と着陸に似ています。私の『良い麻酔科医』の基準もここにあります。

 その応援の先生、ビックリすることに!!!!

 突然

「○○さん、お疲れ様でした。まだ喉に管入ってますからね。」

 と患者さんと話し始める。

 えっ!?まだ麻酔かかってるんじゃないの!?

 ・・・・そーなんです この先生、驚くほどすらっと無理なく、慌てず、過不足なく、麻酔を覚まされたんです。

 驚いた

 この驚きが分かる人は同業者です

 私の中での良い麻酔科医といえば、麻酔の導入はさることながら、麻酔から醒めた時にバイタルの変化が少ないことであり、暴れさせないことであり、パニックにさせないことであり、尚且つ「痛い」と言わせないこと。
 その患者さんはまるで眠り姫が眠りから醒める時の様にすうっと瞼を開けちゃったんです

 ワンダホー!!!!

 ビューティホーーー!!!!

 エクセレントーーー!!!!


 これにはビックリ何度も書きますが、ビックリ麻酔をかけると言う事が身体に何の負担にもなっていないんじゃないかという程あっさりと眠り、あっさりと醒められました。喉にチューブが入っているので、異物反応として咳をしたりえづいたりって言う事はよくある現象ですが、それさえなく、咳をすることで起きる気道内圧の変化もなし 無いなら血圧も変動無く、脈が速くなることもなく。

 素敵な麻酔でしたうっとり〜〜こんな麻酔の介助ならいくらでも付いても良いわぁ〜 ナンと言っても、患者さんの身体がしんどそうではない麻酔を見るのは感激です。
 大概、全身麻酔で醒める前後は患者さんもしんどそうな表情を浮かべたり、身体に力が入りすぎたりするものです。この辺りの事は患者さん、起きているんだけど覚えていないようですけど・・・
 それが無い、穏かな全身麻酔は

「全身麻酔でよかったなぁ〜

 という気分にさせてくれます。こればっかりは患者さんの頑張りというより、全てが麻酔科医の腕次第 
 手術が終わって覚醒された患者さん、硬膜外チューブという除痛の為のチューブが入っていたというのもあるのですが、穏かな顔で

「痛くないです。」

 と答えられました。それは硬膜外麻酔のチューブが良く効いていると言う事であり、その麻酔をした麻酔科医の腕がいいと言う事。 (硬膜外麻酔のチューブはうちの常勤の先生も上手に入れますよ)
 
 人は外見ではない。
 そして見た目の雰囲気でもない!


 という当たり前の事を改めて感じました。

 大雑把で大らかに見えてそうで、実は繊細な麻酔管理をされている、稀に見る先生でした。こんな穏かな目覚めをさせるくらいだから、術中の麻酔管理も微妙に調節され、的確だったんでしょうね。
 うちの先生より上手だった。すげ〜〜〜!!!!
 
 大学の先生って言うだけで結構『大丈夫かなぁ〜』と思ってしまう私たちモグラーず。大学の先生って物や環境に恵まれているから、物資の少ない私たちのような中小病院では中々上手に麻酔をしてくれなかったりします。あるものに頼ってしまい、それが無いと上手に出来ないというのはちょっとおかしいよ!って思うんですが・・・・ほらね、弘法筆を選ばずっていうじゃない。
 まぁ物や環境が揃っていたら、それだけいいことが出来るって言うのは確かなんだけど、それが出来ない病院もあるわけですよ。医療費削減とか言う名目で、一番堪えているのはきっと2次救急指定病院。これは私の自説だけども

 そんなこんなで、素敵な麻酔を見た一日でした その先生、その後の全身麻酔も何件か担当していたので、また見たかったんだけど、私は私の手術予定がいっぱいでそれも叶わず。きっと今日だけ来て明日からは縁のない先生なんだわぁ・・・・。
 ただ、気になるのは、結婚指輪をしたままで清潔手袋をするところ 滅菌手袋って、滑りやすくする為に中にパウダーが入ってるんですよね。それをそのままつけるから、きっとあの指輪の溝にはパウダーがぎっしり詰まってるんだわ・・・・ って考えると、奥さんに申し訳なくも思えてしまう私です。
 おまけにこの先生、その汚れた手袋であちこちの器械を弄るもんだから、 「汚い・・・汚いーーー!!!と、心の中で何度も叫んだのであります。

 そこ、血が付いてるよ、先生?

                            

 初っ端からナースのお仕事話。まぁそりゃあーた!本気で素晴らしい全身麻酔でしたのよ!眠り姫だわ!王子様よ!って感じ。
 実際は王子様でもなんでもないんだけどさ

 ほかに全く話題が無い今日の私。長いこと会っていない大好きなあの人の顔すら忘れそう。(←・・・本当に好きなのか!?)

 仲良くさせていただいている先輩の異動が今週に迫っているし、

 仲良くさせていただいている別の先輩は恋人と上手く行ってるみたいでとっても穏かな笑顔だし

 後輩の恋愛話は全然聞ける時間がないし。

 私は・・・



 私が一番立ち止まってる!?



 まぁ、確かなんだけども。巣立っていく先輩からは色んな継続仕事を次々依頼され、

「この資料、うまうまちゃんのファイルに移動させたから。」

 と言われても、あんまり興味が無かったりすると

「・・・・・・消していいですか?」 

 の世界。慌てて先輩は

「だめよっ!消すならうまうまちゃんが退職するときにして!」

 うっ!!!! それならまだまだ予定がたたないじゃんか!!!!
 身辺整理のように先輩が一つ一つ仕事を後輩に任せていく姿を見ていると、何だか淋しくなってきます。あーあ、時間なんてとまればいいのに。楽しくって幸せなこの時間で止まってしまえばいいのに

 泣いたり叫んだりする時間が来なければいいのに。

 秋は物悲しい季節です。出会いがあって別れがあって。そうして人の縁って繋がって広がっていくんだって分かっているけど、広がらなくてもいいからこのままで居させて欲しかったな・・・なんて・・・
 それが自分の成長の為にならないって、分かっていてもそう願ってしまいます。そうして経験してきた別れがどれ程今の自分の肥しに成っているか、ちゃんと分かっているんだけど。
 
 私も、前へ向いて進んでいかなきゃいけないんだな。

 一番でなくても、2番でも3番でも、もしかしてびりっけつでも、

 区切りのゴールテープは切らなきゃいけない。
 
 「頑張ったね!」っていうエールを貰って、また次へ進めるんだよね。



 人生に幾度もある真っ白く張られたゴールテープ。

 それは、『美しい終わり』じゃない。
 
 もしかして、古い荷物を下ろして、新しい荷物を授かるところなのかもしれない。

 古いモノをずっと握り締めていたら、新しいものは得られない。



 ・・・・分かってはいるんだけどね。

 頭ではね

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
昨日も今日も明日も、明後日も。 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる