〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 甘味の素

<<   作成日時 : 2008/10/26 22:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 画像がないのがとっても残念ですが、乗馬日和とはちょっと言いがたい天気の中、乗馬クラブへカドリールの練習に行ってきました。日曜日の日課のようなものです。
 朝から小雨が降っていて、散歩から帰ってきたわんこはべたべた 止まないかなぁと思ったら、クラブ近くに行くと何とかぽつぽつ・・・と言う感じになっていました。

 もうすぐなんです、乗馬クラブでのカドリール発表会。それに向けての経路練習なんですが、私ってば先週休んだ上、前日の練習も休まなくてはいけないんです。当日も今ちょっとやばかったりするので、その調整中です
 やっと今日音楽が決まって(・・・遅いっちゅーに)、これから地道に編集作業です メンバーのうち半分以上がカドリール初心者なので、経験者との間に微妙なズレがあったりするんですが、そのズレがなんとも和やかムードを醸し出しているチームです はっきりいって、「ほんわかです。
 以前のカドリールチームは結構ハードだったもんな。言われるままに動いたら「こんな事すんの!?」という感じだったし。あぁ、それもいまや懐かしい・・・かむばっく!

 で、今回の私の相棒となったのが、障碍でも人気のとある一頭の馬。

 名前はあーさんとしておきましょう。

 彼の過去については語るべき多くを持っていないので省略。私が乗馬を始めたかれこれ10年前から、このクラブに居たと思います。競走馬時代のながーい素敵な名前を短くして「あーさん」。

 結構綺麗な名前で、その名前に負けず劣らず、


 グッドルッキングホース


 なんですよ!背が高くってごつくなく、美男子です。大きな流星がごってりあるという派手さではなく、さらりとアルマーニのスーツを着こなしていそうな男です。初級、ビギナーの頃は大変お世話になりましたが、実は私、その頃彼がとっても苦手でした。
 勝手に駈足をしてくれるので自分がうまくなった様な気にさせてくれる「ホスト系」乗馬ですが、少し上達するとこっちを試そうとする感じ。

「ドンペリのピンク、入れるの?入れないの?」

 という感じ?・・・・・いや、私ホストクラブ行った事ないので・・・・

 こっちが要求するとちょっとカチンと来たりしそうな、それでも美男子の仮面を脱がない子のような感じです。

      表現が微妙になってきた

 なので、勝手に指導員が私にこの子を回してくれる以外には、乗ったことがなかったのです。取り合えず初級を卒業したかな?という時期から、私には危険馬というか、ちょっと癖のある馬しか回ってこないような気がする
 そんな中で、今度のカドリールで指名されたのがあーさん。たまたま空いてて、『じゃあ』ってことになっただけのような気がするんですが、即席コンビの結成です。

 久しぶりに乗ったあーさん。ごめんけど久しぶりすぎて、思わず折り返し手綱を使っちゃいました。暴れた時に対処できないので。

 でも、要らないくらいのスーパーホース振り!

 騎乗するときのぐずりで結構参ってた私ですが、乗って手綱を絞った途端、


 かっくーーーーんっ!!!!


 ぎゃ〜〜〜!!!!

     首が折れたーーーー!!!!

 かと思う位、首が下がりました。恐ろしい!!乗って5分で既に馬場モード。こんな子だったっけ?鏡がないので歩様は分からないのですが、ちょっと身体が硬い走りだったかもしれません。フラットワークの時点で既にフラットじゃないあーさん。

 ってか、あーさんは乗り手の気持ち読みすぎですよ。あっち行こうかなぁ〜と思うと行ってくれるし。

 なのに、巻き乗りで「勝手に回ってくれるかな。」と思ってあんまり強い合図を出さないで居たら

 
 ラチに突っ込みそうになる


「回れって言わなかったじゃん。」


 ・・・・・・・・君ねぇ・・・

 何だか、完璧委ねられてます?という気分でした。さすがホスト系!!!!
 気分良かった

「アンタ、凄い馬ね。」

 と言ってレッスン終了したけれど・・・・・下馬して顔を見た瞬間、

 ・・・・・全然ハミとってないの、モロばれ・・・・

 本人、ケロッとして

「今の、何の運動だったの?準備運動?」

 という顔。全く疲れた様子ナシ

 あーさん、意外とお年を召していたはずなんだけど?

 マスターズで金メダル取る100歳クラスのおじいちゃんって、こんな感じなんかな?

                        ♪

 しんどいことに、身体の調子がまだすっきりしないうまうまです。明日から仕事をバリバリこなしたら、きっと上向きになるはずです。だってだんだん、FCUWも楽しみになってきたし。(でも恐いよーー何でだか恐いよーーー

 今日も午後からお菓子作りに邁進してました。チョコチップのパウンドケーキと同じくチョコチップのマフィン。また彼の人に会えればいいんだけど、そんな偶然に期待するのもお馬鹿さんですし、とりあえずモグラーず巣穴へ直行です
 美味しいって言ってくれる人の笑顔を楽しみにしています 悪阻でぼろぼろだった後輩の食欲も少しずつ戻ってきていて(もうすぐ臨月なんだけどね)、一安心。悪阻が酷かった時から、私のお菓子に対しては『食べたい』という欲求があったので、嬉しい限り。何の栄養にもならなくてごめんな〜〜〜

 それに、私のお菓子にまつわる嬉しい話も先輩から聞けたんです

 先週、チョコレートブラウニーを久しぶりに焼き、5センチ角切りにして箱に詰めて職場へ差し入れ。出すのが遅れてみんなが休憩をとった後だったので、それぞれに何個かずつお持ち帰りをしたそうです。(私は置きっぱなしにしていただけなんですけど・・・)
 その二つを持って帰った先輩。
 いつも仲良くさせていただいている、あの、B型の彼氏とラブラブ中の彼女です。

「昨日ね・・・。」

 次の日、たまたま近くに居た時、話しかけられました。

「うまうまちゃんが持ってきてくれていたブラウニー、二個もって帰ったのよ。」

「あぁ、はいはい。」

「でね、急に昨日彼と会うことになってね。」

 このカップル、本当に突然メールのやり取りをして「じゃ、これから会おっか。」ってことになるんですよね。週末以外は。週末の話を語らせたら長いですよ〜

「会ったんですか?良かったですね

「うん、メールが入って急にね。急だったから、うまうまちゃんのブラウニー持ったまま行ったの。」

 どんだけ急なんすか!?

「彼にね、『これ、うまうまちゃんが作ったんだよ。一個食べる?』って出したの。」

 彼、私の事おぼえてないでしょ?

 ん?その前に・・・・

「・・・・でも、先輩の彼、甘い物食べないって言ってませんでした?」

「うん。食べない。食べないだろうと思ったけど、出してみたの。」

 ・・・・不思議なカップルなんです、この二人。話を聞いているとお互いツーカーで、まるで長年連れ添った夫婦みたいに思えるときがあるんですよね。

「案の定『いらない。』っていったから、『そう。』って、私一人で食べてたの。」

 目に浮かびます。

「そしたら急にね、きっと気になっていたんだろうね。残ってた一つ、パッと取ってパクッと食べたんよ。」

 きっと先輩、美味しそうに食べてくれてたからすんごい気になったんじゃないんですか?

「よく食べようと思いましたね、彼。甘い物全然食べないですよね、確か。」

「うん。ポテトチップとかの塩辛いものだけ。だから今まで持って行ったりしてた、ちょっとしたお菓子とかも食べないで残ってる。」

 嫌いなものは一年以上冷蔵庫に放置の人だって聞いてるし

「そしたらね、彼ね、

 『あんまり甘くなくて美味しい。』

 って言ってくれたの。」


 にこぉ〜と笑うその笑顔の可愛いこと! きっと何かを『共有』した事に喜びがあったんだろうな いつもお互いがお互いに右と左を向きながら、それでもしっかり手は繋いでいるようなカップルだもん。

 私のお菓子を中心に、二人が同じ物を見て同じ物を体験したっていうのが、嬉しかったんだよね先輩。
 甘いものを食べない人が食べてくれて『美味しい』って言ってくれたことに喜びを感じるのはきっと私のほうかもしれないけれど、私以上に先輩が喜んでくれたから、私はそんな先輩が喜んでくれるのが嬉しい!

「良かったです、お菓子作ってて。二人の繋がりに力が貸せて、嬉しいです

「うん、なんか私、嬉しかったんだ。」

 分かりました!

 もう少し甘さ控えめで精進します、うまうまスイーツ工房

 『甘さ』は一緒に食べる人との間に生まれるものだからね

 

 お菓子を作っていると、このエピソードが頭を過ぎります。で、ちょっとニマッとなる。本当に、何てことない話ですよね。二人で食べて美味しいって言い合う、それだけの話。
 でも、何だかあったかいものを秘めていたの 二人が一緒に居るんだという、柔らかな感触が伝わってきて、嬉しかったんです。同じところで足を止めて、同じ物を見て美しいと言い合うようなことのなかった二人が、私のお菓子を取り囲んで言葉を交わしているのが、微笑ましかったんです。彼女の『美味しい』に共感してくれたことも嬉しい。共有できた瞬間の切っ掛けになれたことが嬉しい。
 捨てたもんじゃない、私のお菓子作りの趣味!なんて、思いました。

 一心不乱に何かしたくって始めたようなお菓子作りで、嫌なことがあったときなんかに『私に出来る、人を笑顔に出来ること』として、涙しながら作ったこともあるスイーツだけど、そんな時に限って皆がとびっきりの笑顔で『美味しい』って言ってくれるんだよね。

 こんなにどろどろ気分の私が作ってて申し訳ないくらいだけど

 人の不幸は蜜の味っていうけど、私の不幸の蜜は確実にお菓子を甘くさせてくれていますよ 嫌なことがあった日のお菓子は、飛び切り美味しい 不思議だけれど、哀しい気持ちもバターに溶けて、ふんわりと柔らかなスポンジになるんですね。
 経験って、大事なんだな

 出来るなら今度は彼の人に、二つのお菓子を渡してみたいな。
 出来るなら晴一くんにも昭仁くんにも

 二つの私のお菓子が、二人の間を甘く繋いでくれたらいいな。
 もともと繋がってる『愛』が、ぱっと輝く電池になればいいな。

 

 もしも彼の人が奥さんと並んで、私のお菓子を食べたら、どんな会話をするかな?

「美味しいね。」

「こういう味、好きよ。」


 そんなふうに、笑顔を交わしながら言ってくれればいいのにな。お互いの『好き』の知識が増えるお菓子であればいいな。そして続けて、色んな会話が始まるの 今日の事、昨日の事、明日の事、何てことない出来事の話、お仕事の話、料理の話、たまたま流れたCMの話、テレビドラマの見解・・・・二人でいる生活の中には、一緒に話せるいっぱいの事が眠っているから!
 そんな流れ中で、彼の人が飲み込んだりしているいっぱいの事が、さらりと言えたらいいな そして奥さんが、その支えになってあげてくれればいいな。ポンと背中を押してくれるといいな。
 ま・・・当然支えなんだろうけどね。私が心配する必要なし

 ハセキョーさんや晴一くんは、もっと美味しいものいっぱいたぺてるからなぁ。そりゃ・・・買って来たケーキでも、有名パティシエのケーキでもお互いの『好き』の会話は出来るけど。いや、もっと弾むかも知れんけど



  ♪ 〜 朝も夜も何度でも

          僕は君の笑う顔がみたい  〜
 
   
                        「グッドニュース」 by Akihito Okano 


 この曲の最後のこのフレーズに、やられますね。

 夢はお菓子屋さん!という子供の気持ちが、今更ながらに分かります。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
味の素 グリナ
味の素「グリナ」の購入はこちら。 ...続きを見る
味の素 グリナ
2009/08/19 18:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
甘味の素 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる