〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 人に会いたい!

<<   作成日時 : 2008/10/10 23:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 内科系の先生に会いたい!!!!!!
 

 これが、今日の私の気分です。10月に入って何かと忙しく、よくよく考えたら手術室という場所柄、外科系の先生にしか会っていない 話すことも何となく外科系・・・・というか、体育会系?

 10月から、手術場には麻酔科研修と称して(?)、研修医の女医さんがやってくるようになりました この先生がとっても気さくで大らかで人当たりのいい先生で、私たちモグラーずのもつ「女医はヤバイ!という観点を覆す勢いです。おしゃべりもすんごく楽しくって、年下のはずなのに大きく見える先生です。(身体は小柄だけどね)
 で、今日もまた手術の外回りで仕事をしていたんですが、外科医二人を眺めながら、

「外科の先生にしかあってないなぁ・・・

 と感じてしまいました。まぁ、手術場はそういうところなんだけどさ 手術室を歩いても歩いても、見る先生は全てメスを握る先生たちばかり。

 内科系の先生がいない。

 でも、居たら居たで「何で居るの?」ってことになるんだけども 今日は痛切に何故かそれを感じてしまい、

「メスと関係ない先生と話がしたい。」

 と言って先輩を困らせていました。
 研修医の女医さんは、専門を聞けば

「内科でも小児科でもいいんだけど、とにかく内科系に行きたいんだよね〜

 と言われ、唯一の「内科系の頭」を持った先生だったのに、今日は麻酔科の先生が学会参加でお留守と言う事で手術場には来なかったんですよ
 最近は例の小児科の先生と会うこともなくなっちゃったので(単に私がメッチャ忙しくて手術場を出れていないということですが)、ホンわかとおしゃべりできる先生が居ないんですよねぇ〜。

 なので、やることといったら黙々と器械を片付けることのみ。先輩ともおしゃべりが出来ず、ただひたすら今日という日は仕事をしていた気がします。

 医療と関係ない話がしたいよーーー!!!!

                         

 先生も、内科系の先生と外科系の先生では雰囲気も違えば話すことや頭の中の考え方が少し違います。手術場で働いていて、手術場の考え方が染み付いていると言う事もあってか、どちらかといえば話しやすいのは外科系の先生 矢張り手術というチームワークが必要な山場を一緒に乗り越える訳ですから、病棟看護師と内科の先生という関係に比べると濃いものがあります。

 だからと言って医師と看護師という強い信頼という素敵な言葉じゃなく、うちの病院の場合はなんとなーく「同士」「戦友」といった感じです。言いたいことを言い合えて、ブラックジョークをバンバン飛ばす間柄、というのが一番しっくり来るんですかね?
 アルコールが入れば浮気話や不倫話?も一杯飛び出てくるほど・・・勿論、言うまでもなくエロい話にも付いていきます。(←これは素面でもするか・・)

 という訳で、やっぱり外科は体育会系という表現になってしまうわけですね。整形外科も一般外科も、何だかメスを握る人種はすぱっとしてます、いろんな意味で。腹黒さもすっぱりはっきり!
 何を考えてるのか分からないのは、内科系のお医者さんかな(内科系の先生、ごめん!!)うちの病院は特に個性のある先生が目白押しなので、余計に扱いづらいです。
 当直をしていても、外科系の先生の方がずーっと気楽に話せたりして、手術場って不思議な縁と絆を生むところだなと思ったりしてます。

 そんな手術室スタッフにも異変がありまして、10月末で親しくさせてもらっている先輩の一人が職場ローテーションで病棟へ異動に成ります。これがとっっっってもショックというか、淋しくて淋しくて、10月の日の経つ事の早いことといったら・・・・・

 この先輩、恋バナでよく登場する先輩とは違う人なのですが、手術室看護師として10年を勤め上げた先輩。その間結婚があったりして、おめでたい話もあったんです。けれど、やっぱり器械と臓器相手の手術室看護というものに行き詰まりを感じていたようです。
 手術室には夜中の呼び出しや拘束時間などもあり、病棟看護師とは比べ物にならない程の緊張と責任の重さに絶えかねていたんです。これは皆同じなんですが、真面目すぎるほどまじめな先輩の事、必要以上に重く重く考えていらしたんだと思います。

 当直が始まって以来のモグラーずは、手術室経験年数の多い人から順番にローテーションにかかり、病棟へ異動しています。 (当直をする代わりにと言う感じですけど) その巡りでこの先輩が今回病棟へ出ることになったんですが、代わりに手術室に来る子が看護師3年目の若手10年間の手術室ナースのキャリアを持つ先輩の変わりに3年目とは・・・・ちょっと比較にならない
 手術室に配属になって誰でもすぐに働けるとはいえませんが、ばりばり働いていた人の代わりに新人さんと言うのは、スタッフにも不安が残ります。こうして上が出て下が入ってくるという巡りを考えると、手術室看護師のレベルを一定以上に保つ為に、私たちに課せられる負担は物凄い!!!!!

 新人さんの指導もそうだし、自分自身の向上にも気が抜けない 追う立場から、追われる立場といった感じが良く分かります。
 だからこそ、何もかもひっくるめて、やっぱりこの先輩の異動はとても淋しいんです。

 とってもとってもとっても!!!!!いい人なんですから!

 手術室の仕事のしんどさや責任の重さ、それなのに評価が低いことも、全ての不満や欠点を補って余りあるものが、手術室スタッフの仲の良さです。人間関係がとってもいいのです
 最近の病棟看護師の間では、人間関係のごちゃごちゃがとっても酷くなっているようで・・・・(穴蔵にいる私たちには全然分からないことなんですが) 派閥があったり、贔屓があったり、もう「ここは何処の世界!?」という様相を呈しているようです。だから「何処へ行っても働きにくい。」というのが病棟看護師の言い分。
 その点手術室はみーんな仲良し 笑顔のない日なんてあんまりない。いつだって一緒にいるし、家族よりも恋人よりも一緒に過ごす時間が多いんだからね。
 一日姿を見ないスタッフには必ず誰かが

「○○さんどーしたのーーー!!!???」

 と叫んでます。手術についていて会えない場合は夕方にでも

「今日お久しぶり!何してたの〜〜」

 なんて声をかけるし、誰でもが誰でもを確認できる程小さな場所で働いているんですものね。休日で休んでいるスタッフでも、近くにいるような気になっていて、

「えっ!?もしかして○○さん休みだったの!?」

 と帰り際に気づく。挙げればキリがないけど、本当に仲の良いスタッフです。嫌な子がひとりもいないんだもん。凄いよね。良い子ばっかり!いい先輩ばっかり!

 一人ひとりが何を趣味にしていて何が好きかって言う事も分かってるし、食べ物の好みだって知ってる。得意ジャンルの話も知ってるし、家族構成も知ってる。御弁当箱の見分けだって、御箸の見分けだって付く。文字の癖だって分かるし、誰が書いた文章かって事も何となく分かる。仕事の手癖だって分かるし、器械の準備の癖だって分かる。

 これって、凄いことじゃない!?

 ある意味、家族以上じゃない?


 人間に恵まれてるなぁと思うのは、こういうところもそうです。病棟で働いていた時も、まだまだ古きよき時代だったので、すんごく楽しかったんです。よく同期の子から、「うまうまちゃんが手術室に行ってから、病棟の人間関係最悪だよ〜」と言われます。私って、ラッキーな人間だなぁとつくづく思う次第

 そんな手術室で仲良くさせてもらっていた先輩、異動は嬉しいけど淋しい。先輩にとってはすんごくいい事なんだけど。当直だってしなくて良くなるし、呼び出しだって無いし。救急車の音に一喜一憂しなくて済むし。羨ましい。

 先輩の未来に、栄光あれ!

 待望の赤ちゃんがやってくるといいねぇ!

                       

 さて、そんな事を書いていたら長くなったので、書きたかった絵本の話はまた後日ということで・・・

 明日は所用で徳島へ出かけてきます。車の調子が悪いので、初めて父親の車を拝借。インスパイアって意外と馬力が無いことが判明。にしても、横幅が自分の車より少し大きいので、兎に角安全運転で行ってきまーす!

 何故車で行くかって!?

 電車は乗換えが面倒くさいからです。

 因みに、私の住むところから徳島まで、車で行っても電車で行っても、時間は変わらないのです。お金もあんまり変わらないのです。

 運転好きの私は、ポルノグラフィティをガンガンかけながら、車で行く訳です。

 では、また明日!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Azithromycin buy.
Azithromycin buy. ...続きを見る
Azithromycin buy.
2009/07/29 07:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
人に会いたい! 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる