〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS ため息交じりで。

<<   作成日時 : 2008/11/28 23:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 こんなに寒くなったのに、厚手のコートをまだ出せていないうまうまです。風邪引きそう・・・。

 そもそも風邪って、寒いから引くんじゃないんですけどね。体調を万全にしていれば、薄着でも風邪に罹る事はないです。しかしまぁ、寒いとやっぱりねぇ・・・ なんちゅう医療者ですかね、私。
 現在体調が万全ともいえない私としては、自分で書いておきながら耳が痛い話です。実はここ最近の忙しさとともに、またまた不眠症の如く眠りが浅くなり、頭痛勃発 昨日、脳神経外科で頂いた片頭痛の薬を初めて飲みました。耐えれんかった それが、またメッチャよく効くんですわ こりゃぁいい!と感動していたら、今日の朝起きたらまた頭痛 今度は病院で処方してもらっていた別の片頭痛治療薬を飲んだんですが、昨日より症状が酷いのか、半分位しか効きませんでした。

 何せ今日の頭痛、朝寝坊の衝撃からはじまったようなもので・・・

 今朝、起きたら8時でした。
 それも母が

「あんた今日、遅出?」

 といって部屋に来たことで発覚。

「・・・・・私の出勤って、何時だったっけ?

 ガバッとおきて時計を確かめ、一瞬自分が何時仕事に出て行けばいいのか分らなくなっていました。

「あぁっ!!!!!私、8時半出勤だった!!!!」



 何年仕事しとんねん、アンタ・・・



 そこから慌てて仕事に行ったのは言うまでもなく、顔も洗っていない、歯磨きこそ適当にしたけど、髪もとかしていない状態で、猛スピードで病院駐車場へ乗り入れました うちの病院の私が使っている駐車場は、小高い山の上にあり(最早丘とはいえない)、帰りはこの坂を上るのが一種の地獄と化します。

 そんな急斜面を大荷物抱えて駆け下りていたら、病院の入り口で整形外科の患者さんと出くわし、

「・・・・・こけそうな勢いだったなぁ・・・」

 と、真面目に心配されました。

「あの坂、見た目よりずっと酷いんですよ・・・

 と返し、苦笑いしか出てきませんでした。手術室で介助した事のある患者さんで、見覚えがある方だったんですが、向こうはきっと私はどこかの看護師だと分かっていたでしょうが、まさか手術室だとはっきりは分っていないでしょう。こんな時間に病棟看護師が出勤していたら、確実に「師長の部屋」へ呼び出しです。手術室だからこそ許される・・・ようなもの・・・・。

 慌てていたので掛けてくれた言葉にも曖昧に笑い返し、申し訳なかったですが、あの状況で患者さんにからかい半分でもこうして声をかけていただいた事、実はとっても嬉しかったんです。
 あのままでは、慌てていて周りが見えていない自分のまま仕事に入って、笑顔一つ作れないで終わっていたんじゃないかと、今更ながらに思います。朝、ばたばたしている中にも一瞬の彼の声かけで、私の気持ちがふっと笑顔の方へ傾いたのは確か。
 実際は遅刻しなくて時間にも余裕があったんですが、だからこそ笑える話というのではなく、自分のせいながら、とりあえずこんなに遅刻しないように頑張ってる私を、笑いながらでも「頑張れ!」って言ってくれた、それが何だかとっても暖かかったんです

 その時は苦笑いで、本当に笑うしかなかった状況で、患者さんから見たらきっと酷い格好で転がるように走って来た風に見えたんでしょう。きっと病棟では笑い種になっていたかもしれません。けど、彼が何気なくかけてくれた言葉が、優しさとなって私を一日笑顔にさせてくれていました。彼は何も考えていなかったと思いますが・・。

 ありがとうございます

 患者さんからもらう言葉は、どんな言葉でも、やっぱり凄く嬉しいです

                          

 化粧もする暇もなく、日頃スッピンでいる自分も流石に洗顔も出来ない状況と言うのは流石の私でも一日とってもはずかしかったっす・・・ こんな日に彼の人に会わなくて良かった・・・ 曲がった眼鏡のままだったし、お洒落なんて全然出来んかったし。

 ふとしたら淋しい気持ちや哀しい気持ちや、どうしようもない色々の事でマイナスの気持ちばかり溢れてしまう最近の私。

 けど、笑顔で居ればそれなりに、色んなものが見えてくるのかもしれないなと思ったりする一日でもありました。10の笑顔の出来事も、1の涙の出来事があったら全てがくすんで見えてしまうものです。その1の涙の出来事をそれでも笑顔に変える事が出来る力を、「幸せ」と呼ぶのかもしれませんね。
 私は、まだまだだけど

 今死んだとしたら、色んな後悔の方が思い出よりも多くて、天国の門はくぐれそうもありません。

 

 誰かに幸せになってほしいと思うなら、自分を幸せにしてあげないといけない。

 自分を信じてもらうには、相手を信じなければいけない。

 そう、本にありました。

 けれど、

 誰かに愛してもらう為にどれだけ自分が愛しても、駄目な事もあるんです。

 きっと、自分が自分を愛せていないからかもしれません。

 けれど、

 自分の愛し方は、分りません。
 
 ということは、

 誰かを愛する事も、誰かを愛する愛し方も、分らないままということなのかもしれません。






 不思議と、そんな風に感じた今日。

 誰かを喜ばせる事は、計画的にはいきませんね。

 わんこの純粋な「好き」の思いを受け止めながら、思います。


       ・・・・私って、ちっちゃいなぁ・・・・・

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ため息交じりで。 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる