〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 大好きなのに(>д<。)!!!!

<<   作成日時 : 2008/11/30 20:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 土曜日の夜明けを見ました。
 明けて行く空に浮かんだ、一足先に朝日を浴びて輝く雲を見ていると、彼の人の横顔を思い出しました。

 あの人、こんな表情をするな・・・

 それは雲の形が横顔に似ていたからではなく、朝日のオレンジ色が次第に透明に変わっていく、その光に照らされた雲の堂々とした美しさが、何故か彼の人の横顔に見たオーラに似ていました。なんといえば適当か分りませんが、はっきりとした意思のある、先を見つめた、ひきつけられる様な憂いすら併せ持った表情でした。

 この週末、とても感傷的に過ごしたうまうまです。

                         

 何故夜明けを見ていたかといえば、単に乗馬クラブへの道をひた走っていたからです 夜明けが遅くなっているので、朝早くに出て行かざるを得ない土曜日には、いつもは見ない光景を目撃したり出来ます。車の流れも、走っている車の種類も違うものです。

 今週末は、久しぶりに二日とも乗馬クラブに行く事が出来ました。

 土曜日は乗馬学校。朝一番のレッスンの上、結構特徴的な馬が割り当てられ、「もしかしてこれは次に初心者が乗るための調整の為に乗せられているのではないか!?」とメンバーさんと囁きあう事も多い時間。新馬調教上がりだったり、びくびくさんだったり、散々色々痛い目に合っているのはこの時間。

 久しぶりの参加なので、きっと大変な馬があたるのではないかと心配していたワタシ。

 割り当てられたのは、鱧ちゃん
 
 この一年のうちに新馬調教を卒業した馬で、真っ直ぐな流星ですぐに見分けが付く可愛い馬です。
 しかしこの馬、つい数ヶ月前までは障碍で走っていて飛んだり跳ねたり、かなりの荒々しさを披露していたはず 
 障碍上級者の、所謂乗れる人達には大人気で、所謂暴れ馬が大好きな人達には大人気だった馬。

「私、鱧ちゃんはじめてなんですけど・・・・。」

 一緒に参加するお仲間さんに、不安を暴露。洗い場から出してきた鱧ちゃんはまったくそんな気配もなく、これがあの暴れ馬?という感じで大人しい上、何故かすんごく懐いてきて、すりすりべたべた
 ほっぺをあてて来て、こっちのほっぺもすりすり。背中を向けていたら背中に頬摺り。

 めっちゃかわえぇ 

  密かに萌える


 ・・・・・これが、暴れ馬ですかい?

 ドキドキしながら乗ったけれど、全く・・・ 駈足で尻っぱねを数回したけれど、それ以外は本当にお利口さん。

「鱧ちゃんって、こんなイメージと違ったんですけど。」

 と指導員にも驚きを白状。

「うん、良い子に成ったよね。部班運動のルールを覚えたみたい。」

 にしても、馬場馬っぽくなっちゃってまぁ!!!!
 爆走して障碍飛んでたのはあなたじゃないの?

 それがこの鱧ちゃん、駈足がとーーーーーーっても面白いんです 言葉にすれば「ほわん、ほわんと言った感じで、駈足をする一歩目が、もう漫画のような動作で始まり、笑いが止まらない 馬場の端っこで一人、けらけら笑いながら駈足を出していた私です。

 本当に、「よっこいしょーーー!!!」といった感じで前足を上げ、その反動で首を振り、ぼうん!と一歩を走り出す鱧ちゃん。これは体験したら本気で笑える。走ったら走ったで「ほわんほわん」。

「私は何処を走ってるの?」 ←勿論笑い付。

 という気分に成ります。
 生き返ったナウシカの黄金の絨毯もどき。

 らん・らんらら・らん・らん・ら〜

 の世界 しかも、馬の後ろ足のリズムが変わったのもすぐ分る。(馬は走りながら、前足で駈足、後ろ足で速足という芸当をこなします。馬場馬術でこれをされると、駈足と見なされなくなり、減点の対象か、経路違反をとられます。)それが今までは曖昧にしかわからなかったんですが、鱧ちゃんはばっちり分かる。

「今、変。」

 と思ったら案の定。わっかりやすい!おまけに合図が入りやすい!考えてる事がよくわかると言うのか、素直と言うのか・・・。

「鱧ちゃん、凄いいい子だね!!!!」

 乗り終わって指導員に絶賛しときました。楽しみな馬が一頭増えました。最近私の乗せてもらえる馬が居なかったんですよ〜。 (キョウコさんか、ハネウマさんかってところばかり。)

 開けて今日は、ななななななんと!!!!


 ちゅ〜さんとのコンビ。


 またまたいつぞやのように配馬チェンジに指導員がやってくるのかと思いきや、無事レッスン時間に!
 ちゅーさんも、相変わらずすりすりべたべた 私が自分の準備をしている間も、背中や肩やほっぺにすりすりを繰り返し、お腹元へ自分の顔を押し付けてふんがふんがリラックス。お陰で全身ちゅーさんの匂い

 丁度県外での競技会があったため、きている会員さんが少なく、馬も選び放題だったのかもしれません。久しぶりのコンビで馬場に出たら、まぁなんと!

 ちゅーさん、口堅いって・・・・

 ブレーキかかんないって・・・・

 奇跡の右回りと言われたのに、普通ですって・・・

 「会有馬」としての学習能力だけは飛躍的です。初心者の人達からも絶大な人気を誇るちゅーさん。色んな人が乗る為だと思うんですが、色んな対処法を身につけていて、案外に頑固になっている気がします。口が堅いのは新馬の頃からで、折り返しで治しつつあったんですが、この一鞍くらいでは私には対処できる技量もなく・・・・
 馬場なのでとりあえず首を下げて・・・・と格闘していたら、隣の馬場から調教補佐が

「何してんの?」

 と、立ちすくんでいる私とちゅーさんに声をかけてくれました。

「首が下がらなくて。」

 返事をすると、

「馬を前へ出しながらやったほうがいいよ。」

 以前指導員とちゅーさんの調教をしていた時に、教えてもらっていた方法を試していたんですが、それでは埒が明かないといわれ、とりあえず歩かせながら徐々に屈頭を促すんですが、これが中々・・・
 あんまりやると口向きが悪くなり、次に乗る人に悪いからと思い、がっつりは出来ませんでした。軽く続けているうちにある程度はちゅーさんも思い出してくれ、後半位からはスピードも馬場向き、頭の位置も安定してきて首をぶんぶん使った走り方ではなくなりました。
 久しぶりのデートでしたが、意外と問題点の多いコンビと判明 次のカドリール発表会はこのコンビで参加の予定です。かつての絆を取り戻して、もう少しかっこよくいかないといけません!!!

 ちゅーさん、昔取った杵柄ですわ!!!

 レッスンを終えて馬を降り、どーしたもんかと悩みながら馬具を片付けていたら、

「うまうまさん、ちょっといい?」

 レッスン中に隣の馬場から声をかけてくれた調教補佐が

「行き過ぎたことかも知れんけど。」

 といいながら、

「首を下げる時、どうやってる?」

 と

 この調教補佐は、以前カドリールでもお世話になった元お仲間さん。馬場馬術を極めるべく、かなり色々乗り込まれています。それも、技術と知識がイコールで結ばれるような感じの人。(感覚で分ってください。)

「え?下げる時?拳の中で握ったり緩めたり・・・」

「そうだよね?拳の中でやってるよね?」

「はい・・」

 そう教えてもらったし。

「じゃ、何で上手くいかないんだと思う?」

「・・・・・ちゃんとかかってないからでしょう?」

「そうだよ。」

 ・・・・あっさり正解

 だって自分でも感じてたもんーーー!!!

「右引っ張ったら左が緩んで、左引っ張ったら右が緩んで・・・・外側の手綱が緩んでるからだよ。」

「外側?」

「そう。ずっと見てたけど、どの時も外側が緩んでる。外側手綱はしっかり張って置かないと!」

 そう言った調教補佐、徐に私にハミを握らせ、

「いくよ?」

 と言って手綱を操作。

 あ!

 かかってる!


「これ位。外側はこれ位がっちり張って置かないと駄目だよ!」

 ・・・・・ほほう・・・・こんなに?

「で、内側の手綱でこう・・・ちょちょいっと・・・」

 くいっくいっと内側のハミに力がかかる。

 あっ!これ、馬がかくん!と首を下げる時の感覚だ

「ね、分った?」

「はい・・・」

「外側だよ。」

「はい・・・」

 私の返事に覇気がないのは・・・・そうです・・・・私も気付いていたからです
 漠然と、手綱がかかっていないのはわかっていたんです。
 乗っていながら、外側の手綱が緩み過ぎ、いけない!って、思ってることが多いからです。

「つまり、逃がし過ぎってことですよね。」

「そう。」

 ・・・・・・分っていたんですーーーーー!!!!

 ただ、半分「ま、いっか・・・」と思う性質のせいです。

「かかったり外れたり、カチカチするから馬が嫌がってる。」

 
 ぐさーーーーーーっっっっ!!!!


 とどめの一発!!!!


「・・・・・はい。」


 ありがとうと返事をして、とぼとぼ帰ってきた次第です。
 分っていた事をこんな風にはっきりと指摘されると、嬉しい反面、落ち込む・・・

 分っていても出来ないんじゃ意味ないよって言われてるようで・・・ま、そういうことなんだけども・・・



 馬が嫌がってる。

     馬が嫌がってる。

   馬が・・・

       馬が・・・・



 どっぷりブルーです




 ちゅーさん、私頑張るね・・・



                         

 帰ってから、無心でお菓子作り

「あんた何個作るン!?

 と母に指摘されるほど。
 
 おまけに、マドレーヌが型から外れず、2枚貝に成るし

「なんてこと!!!!

 折角ふっくら焼けたと思ったのに、貝柱がしっかりしてないのよ!

 なんでアサリのようにぱかっと開くのよ!

 
 スイーツに八つ当たりするうまうまでございました。

画像


 今日の成果です。
 緑色は、ラップの色です。決して怪しいものではございません。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大好きなのに(>д<。)!!!! 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる