〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS おそらくおそらく。

<<   作成日時 : 2009/02/19 21:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 忙しい 木曜日と火曜日は大概忙しいものだけど、今日は馬鹿に忙しい。いきなり手術の時間が変わる、順番が変わる、そんなのいつもの事ですが、今日は何だか感覚的に違いました。

 外から来る先生の手術があり、それも大変大きな手術と言う事で、近隣病院からの見学の先生も大挙して押し寄せ、決して広いとはいえない当院バイオ・クリーンルームが、ただの部屋と化していました。
 そーなんです今日は別の病院から、その筋の第一人者なのかどうかは分らないけど、大御所の先生を呼んでの手術があったんです 私は全く関わることなく、同じ時間に行われた当院の整形外科医の手術にのんびり付いていましたけど しかしまぁ、うちの先生たちも、当院で行われる大きな手術とあって、気になる気になる!!!! いつもより苛々した様子でせかせかと手術をするので、振り回されるこっちは大変です

 矢張り、その道のプロというのは同じ医者の中でも『専門』としてあるものです。同じ術式をしていても、手術にかかる時間と出来栄えの何かが違います。しかも、手術中のあの自信 あれさえあれば、付いていこうと思います。外科系の先生の中にはたまーに、自信がないのかただ確認したいのか、

「これでいいと思う?いいよね、いいよね。」

 と言い合いながら手術を進める先生もいます。これがとっても不安 何だか共犯になったような気分で、どうにか上手く治ってくれ!と、人間の神秘に祈るしかないです。
 その道のプロの人の手術は、経験と実績という根拠が在るんだろうけど、実際私達外部のナースはその時始めてみるので、その類稀な「根拠の見えない自信」に圧倒されます。腕があるから・・・と確信しているんですが、

『この先生のこの自信はどこから来るんだ・・』

 と不思議に思いながらも、安心して付いていく事ができます。

 世のメスを握る先生方、分相応の自信を漲らせて手術に望んでいきましょう!
 こっちが安心します。

                          ♪

 その後、うちの先生の中で一番「気が利かない」先生のアシスト姿を眺めながら、

「やっぱりこの人は・・・

 と、目で言い合うモグラーずです。
 口ばっかりで手が動いてない 執刀医が筋肉の向こうの骨を処置をしたいのに、自分が喋っている事を中断する事もせず喋り続け、その間両手は置き去り。

「Kさん、筋鈎引いてあげて。」

 見かねて私は器械出しをしていた後輩に言いました。

「あぁ、ありがとさん。」

 おずおずと筋鈎を差し出した後輩に、執刀医はホッとしたように言い返してくれました。
 アシストをしていたその先生はその間ずーっと喋り、後輩が差し出した器械にも目もくれず
 後輩は器械出しをしながら片手で筋鈎を引き、難しい体勢で術野を監視。

 アシストの先生がしたことは、足の上に手をのっけているだけ。



 何様!!!!!


 たかが看護師にそんな叫びは出来ませんけれども。そーです、私はたかが看護師で、相手はそれでも医者ですから。しがない一看護師の私は、後輩に指示する事しかできないのです

 医師の器って、人間の器よりもずーっと脆くて壊れやすいものですね。不用意に重いものを乗せてもいけないし、あれもこれもと飾ってもいけない。医師のそれは、人間のそれと違い、アンバランスなやじろべえのようなもの。どっしりとした大地においてある物ではなく、いつでもゆらゆら揺れて中身が零れ落ちてしまうもの。
 何度乗っけても何度も零してしまう人もいれば、上手に重心へ積み上げていく人もいる。医師としての「伸び」って、そういうかんじですかね・・・。

 色んな先生に関わりますが、アンバランスな先生の方がずーっと多いような気もしないでもないです。

 まぁ、看護師もそうなのかもしれませんけど。

                         

 明日、突然お休みを頂きました

「うまうまちゃん、明日手術入ってないから、お休みあげるよ。」

 今日の仕事終わり、師長さんが笑顔でそう言ってきました。余りにも今日疲れていたので小躍りして喜んだけれど・・・・・

 何の連絡もないんだけど・・・・・・・

 明日、あの人と会う予定。

 え?

 会えるんだっけ?

 幻だっけ?

 私、欲望が先行して幻覚を見たっけ?

 明日でよかったんだっけ?

 連絡全くなんですけど




 それが気がかりで仕方ないんです

 きっと、忘れてるんだろうな 忙しくしていて、私と先週約束した事を忘れているんだろう。私は彼にとって大した存在ではないし、こうやって反故にされた約束も今まであったから、その一つみたいなもんかも。ただ今21時。だけど何の連絡もありません。男の人ってこんなもん?

 この一週間、こちらから連絡を一切入れませんでした。どうしますか?なんてメール、打てませんでした。私にとって大事な約束でも、彼にとって私が「きちんと話をしたいこと」は、たいした約束じゃないんだなと思って切なくなるのが嫌だったから。(もうそう感じてブルーだけど)
 週の半ばで連絡があるかな、なんて淡く淡く思いながら、毎日毎日期待はずれですあんなに嬉しくて哀しかった約束が段々薄っぺらく扱われるようで、淋しいですね・・・。

 価値観の違い。

 確かにそうです。私が相手を思うように、相手にも思ってもらいたいなんてことは我侭。恋人とか好きな人としてではなく、人間と人間として、私が人間として相手を思いやり向き合ってきたように私に向き合って欲しいと思うのも、また大きな我侭なんだなと思う次第です。

 「その日」が来ない寂しさは、もう何度も味わっているから、今回そうだとしても平気です。平気にします あと一ヶ月、それでもあの人に会える可能性と「その日」を信じていくしかないのだと思います。ただ、人としてでさえも、私は彼の「何者」にもなれなかったことが、淋しいといえば淋しいですけど・・・

 
 気にしないでいよう。

 その人がそこにいる残り一ヶ月を、もう泣いたりしないように。

 たった一ヶ月を、淋しく思わないように。


    今、あの人はそこにいるのだから

    これからもあの人は、この世界で生きているのだから。

    この空の下で

    同じ物は見ないけれど、同じ方向は見つめていないけれど、

    この同じ時代を生きている。

    それは、「偶然」という「運命」なんです。

         多分・・・・

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
おそらくおそらく。 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる