〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 「Royalの・・・」

<<   作成日時 : 2009/03/15 22:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

 
 さぁ、アリスたち・・・素直にベッドに入らないで、

 今宵、扉を開けて、あのwonder landへ行こう。

 丸く輝くフル・ムーンは、どこを照らしていると思う?

 その月の光が差す方に、目指す夢の国があるんだ。

 ふわふわフリルの付いた青いエプロンドレスを脱いで、

 青いカクテルドレスで行こう。

 髪のリボンをほどいて、揺れる巻き髪にそっと羽根の髪飾りをあげよう。

 訳知り顔のディーラーからの目を盗んでルーレットを回して、

 ベルベットの敷き詰められたテーブルで、トランプを切ろう。

 チェシャ猫がそっとエスコートしてくれる、音楽鳴り止まぬwonder land

 君にしか見えない、君しか意味を知らないWonder Land

 手持ちの切り札が揃ったら、勢いよくカードを広げて声を上げよう。

 JOKERを放った君の横顔を、

 月は妖しく照らすだろう。

 瞬間、少女から「女」に変わるその横顔に、

 彼らはそっとほくそ笑むだろう。


 Pornograffitti 「Royal Straight Flush」  



                      

 福岡公演一日目、そりゃぁもう寒かったです
 でも、行ってきました

画像


 その日一日だけ、兎に角兎に角寒かったのです。雨はやんだようですが、雨バンドの別名を持つポルノグラフィティは、今回は雨雲どころか低気圧寒気団を連れてきてしまったようです。ここんところは恨みどころ?
 
 福岡に居を構える姉のもとへ、広島から新幹線で一直線 うまうまは14日のお昼過ぎに福岡入りしました。そこから私の観光目的である大宰府へ行ったりなんかしてまぁ色々(?)歩き回った訳ですけど、今日の記事はそこんそころは飛ばしです また後日書きますけどね!

 マリンメッセ福岡から姉の自宅までは、実は自転車でいける距離のようですが、姉は自転車を持っていないのでタクシーでワンメーターと少し 福岡の駅へ行く道とも違うので、帰りの混雑もタクシーを待つ行列のみで、行き先を告げたら人通り少ない方へ連れて行かれ、ビックリでした。

 にしても、初めてマリンメッセ福岡に行きましたが・・・・

 というか、九州自体私上陸二度目ですが

 広いですねぇ・・・・

 広いですねぇ・・・

 広いですねぇ・・・


 こんなんで広いですねぇを繰り返していたら、さいたまスーパーアリーナとか、行ったらたまげ過ぎてどーなるんだかわかんないですけど、兎に角広かった
 広いって言っても、に広いんです。横長、縦長スタンド席と言っても、アリーナと同じ床から段々で上へ客席が伸びているだけなので、2階席という感じではないし。

 広島を行った後に福岡に来た私達姉妹、「広いな・・」「なんか広島と全然違うな・・」と、言葉少なに唖然でした。広島はスタンドはスタンド!という感じでモロに2階席。スタンド一番前の人はもしかしたら落っこちちゃうんじゃないかという位だし。
 福岡は、アリーナからでもスタンドの様子がすんごくよく分って、振りがみーんなおなじ感じで動くのが、面白いくらいよく分りました

 私の席は、32列。丁度PA卓の隣で、ブロックの端だったんです。隣はスタッフさん。OMCの時の愛媛公演もこんな感じだったけど、冷静にステージを眺めるスタッフさんの隣ではしゃぎまくるのはいつもの事。こっちは冷静ではいられず、感無量で泣いてるのも、コンタクトレンズがずれて痛い目に合ってるのも見られたと思う・・・

 福岡、本当にひろかったっす・・・ 考えてみれば私、今までこんな大きな会場で観た事なかったんですよね。ライブハウスとか、アリーナと言っても比較的小さな広島とか愛媛とかの会場で、意外と美味しいトコ取りだったりします

 今回はじめての本格的アリーナ公演。やっぱり音が違います うおんと響くような感じではなく、会場が広い分かなりクリアな音として響いてきます。
 今までは音量が大きい為に聞き取りにくい歌詞があったりするものでしたが、今回はかーなーり楽勝で平気に聞こえます。公演一日目ということもあってか、昭仁くんの声の伸びも広島公演2日目のときとは全然違う!!!!! 艶と伸びと声量が凄い!一日ステージをするだけでかなり消耗するもんなんだなと感じました。5月の4日間公演、昭仁くんの身体はどうなるんだろう?と、今から心配してしまう私であります。

 でも会場が広い分、少しステージが小さく見えたりもします。相変わらず昭仁くんと晴一くんの位置が近いので、ステージの全体を望むと二人がどこにいるのかイマイチ分からなくなったりするんです。それに、今回の私の位置が兎に角あんまりよいとはいえなくて
 前に男の人がいたのもあるし、その斜め前に背の高い女性がいて。身長はもう仕方ないことなので、その間を縫ってステージを見ていたんですが、二人の間を縫うのがとっても大変 昭仁くんと晴一くんの立ち位置が近いので、女性の頭一つでそこのところがぜーんぶ隠れてしまっていたんです。二人がそれぞれ袖の方まで来てくれたときにだけ、ようやく「晴一くんだー!と分る。
 いえいえ、アリーナで見ると言う事はこう言う事もあるもんです しかしまぁ、ステージの2/3は隠れていたと思います。右へより、左へより、丁度私の右手側は通路だったので、かなりはみだしていたと思います。チビには辛いアリーナ。心配後無用、それでもガメツク張り付いてましたけどね

 広島でスタンドから見ていた照明の具合も、アリーナからだと全然見え方が違っていました けれどね・・・今回の福岡一日目、残念なことがあって・・・

 ステージというか、会場全体が常にモクってて、ステージが曇って見えないのですよ!

 会場入りした時から何となく曇ってるなぁという感じはあったんですが、広島の時もそうだったし、そのうちすっきり晴れるだろうと思っていたら、なかなか!!!!! 二人の登場のときから、「どこにいるんだ?」と、きょろきょろしてました。
 ステージが曇っているのか、前の方が曇っているのか、私がいた30列付近からでは兎に角全体的に前のほうに霧がかかっているような感じで、ピンスポットも真っ直ぐしゃきっ!っと届いていないような雰囲気。ぼんやりした感じてになっていて、ビミョ〜〜〜

 二人が袖まで来た時には、背景が暗くなるせいか、スポットの当たり具合がよく分ったし、姿形もはっきり見えたのですが、何だか曇りガラスを通してるみたいな感じが拭えず、ずーっともやもやした気持ちでした。隣でスタッフさんが見ているから気づいたと思うけど、あの見え方が普通なのかなぁ・・・
 スタッフさんの目には普通に見えたのかなぁ 私としてはもっとステージ自体、人自体をはっきり輪郭もたせて欲しかったです。こっちはちゃんとコンタクトレンズを入れてるのに、眼鏡かけてるときのような「一枚の壁」があるみたいな感じに見えたんですよね。
 他の人はちゃんと見えていたのかな・・・・

 ステージのモクモクって、すっきりならんのかな。照明の当たり具合とか効果とか、半減までは行かないけどちょっと勿体無い もっときっはりしゃっきり見えていたはずだけど。広島公演の時にはこんな事感じなかったもん。
 会場の広さで色々変わってくることはあるんですね。広島のときは兎に角兎に角熱かったけど、福岡はさほどでもなかったし。トレーナー着たままでも十分でした

 そうそう、私は乗馬クラブで作ってもらった「UMA」トレーナーを着ていました。気づいた人いるかな?

 姉妹で広島弁丸出しで因島の話をしていたのは、私です

 
 
 で、肝心の内容の事は、






 覚えてません。







 ・・・すまねぇ・・・




 後から姉と話しながら思いました。

「今回のライブ、覚えとけんものなんよ。」

「・・・・昔の曲が多いけぇかな。」

「どうか分らんけど、終わった途端に全て忘れてしまうが。」

 


 覚えてません、ではなく、




 覚えられません。




 何度行っても、覚えられません

      まだ2回ですけど


 セットリストではなく、ライブそのものが。
 セットリストはもともと覚える気はさらさらございません。
 だから私、不思議の国のアリスのイメージなんです


 ワンダーランド。


 そこはもう、本当にPornograffittiの世界なんです。

 彼らはどう思うか、覚えていて欲しいものなのか意図的に思い出にすべきものなのかどうか、私には真意は分りませんが、ライブは本当に、その場限りの一瞬の夢のような場所です

 ここではない別の世界のような場所で、入り口は分るけれど巨大な迷路のようなもので、いつ角を曲がったのか、いつの間にかこんな所に出てきたのか、どうして同じところを回っているのか分らない。そしていつ出口に辿り着くのかも分らない

 もしかして、ポルノグラフィティというアーティスト、ポルノグラフィティの音楽に出会った瞬間から、夢の国の巨大迷路は始まっていたのかもしれませんね。不思議の国への縦穴を、真っ逆さまに滑り落ちていたのかもしれません。

 いつも、夢の出口を見つけられないままゆっくりと霧が晴れて、気がついたら元の世界に居るんです。色んなところにぽっかり空いたその国への入り口を、私達は片っ端から覗いて飛び込んでいるんでしょう そして辿り着くといつもそこに、彼らがいるんですね

 だから、覚えられないのも無理がありません。夢を見ていたんです。
 リアルな、地上の夢
 
 その夢の余韻を、人の言葉に追い求めても、仕方ないのかもしれませんね。
 私の心の中に在る、記憶の中に在る名残を言葉にしても、感歎のため息しか漏れません。
 私と彼らとで見た夢の続きは、自分の中にあるんです。

 私の、それぞれの人の中にしかないんです。

 そして、素敵でロマンチックな、何よりも愛おしい夢だからこそ、続きを求めてしまうんです。

                       

 さて、ここからはちょっと余談

 いづれ分ることなので、これは書いても支障はないと思います。

 いつのことなのか分りませんが。
 ひとつ前の公演からそうなのか分りませんが。

 ・・・・でも、書いちゃいけないこと?ん〜〜〜、でもこれは書きたいことなので、反転します。

 

 晴一くん、髪を切ってるんです。




 私的には、ばっさり

 いつもお猿さんのような短髪の昭仁くんの方が、長い髪にな見えるほど、ばっさり


 若返ってる感はあるんですけど、

 基本的に私は晴一くんの短髪って、ものによりけりだと思ってます。

 短い髪の方が好きですけど・・・・



 切りすぎじゃね?



 福岡公演の間中、どんなにソロをかっこよく弾いてても、軽快にテクニックを披露してても、



 晴一くんに見えなかったです。



 意識的に



 「これはあの新藤晴一くんで、ポルノのギタリストなんだぞ!」



 と、言い聞かせていたようなものです。

 言い聞かせていないと、どーやっても、

 どう斜めに見ても下から見ても上から見ても、後ろから見ても、前から見ても、





 南原清隆





 にしか見えないのです!!!!!!!





 晴一くんは何処!!!!!?????




 そういう意味で、昭仁くんに釘付けだった私です。

 これ↓は、本気で私の本音です。




 晴一くん、髪切りすぎ。 




 一ヵ月後の愛媛公演までに、どうにか彼が愛しの愛しの「晴一くん」に戻ってくれることを願います。

 戻っていたら、感無量で泣くと思う。

 

 いや、短い髪も素敵!うなじが可愛らしい!しかめっ面も愛い!


 でも、南原清隆にしか見えないのです。


 せめて、「あれ、新藤さん?」くらいに・・・・・




 同じ現象が一時昭仁くんにも襲い掛かり、
 ギターを抱えて、身体でリズムを取りながら歌う横からのお姿が、





 ASKA




 にしかみえなかったっす。



 戻ってこい、ポルノグラフィティ・・・・

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
私もポルノグラフィティが好きで、14日の福岡公演に参戦しました。
会場の曇りというか霞、確かに私も感じました。
でも、初めての参戦だったので「ライブ会場はこんな感じなんだろう。」と勝手に納得していたのですが、広島ではそうでもなかったんですね。
私の席からは2人の姿、結構クリアに見えましたよ。
やはり、座席によって違うのかもしれないですね…。

あと、晴一さん、確かに私も思いました(笑
1ヶ月後はちょうどいい感じになっているのではないでしょうか。
逆に昭仁さんに、今回の晴一さん現象が起こってるかもしれませんが^^;
okame
URL
2009/03/16 16:23
訪問、ありがとうございます♪ 福岡公演は本当にステージが煙ってて、アリーナの席からはちょっと微妙でしたが、全然わからないって程ではなかったですので、楽しみました!我を忘れて飛び跳ねてました!
 福岡、広いですよね〜〜、あのスタンド席の並びも凄いなぁと思いました。広島はモロに体育館の二階という感じでしたし。

 今回の晴一現象、もう笑うしかなくて。素敵なのは素敵なんですが、どう見ても記憶の中の晴一くんと違う!という感じで、笑いの方がこみ上げてきました。
 愛媛で素敵な晴一くんに出会ってきます♪
うまうま
2009/03/16 20:38
 因みに、コメントはちゃんと消させていただきました。わざわざありがとうございます。
うまうま
2009/03/16 20:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「Royalの・・・」 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる