〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 〆は猫Tでしょ!

<<   作成日時 : 2009/03/16 21:47   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 14日から時間が経って今日普通に仕事をしていると、私が3月14日に福岡まで行ってポルノグラフィティのライブに参戦していたと言う事すら

「夢だったんじゃ!?

 と思うほど、リアルな現実に苦悩しているうまうまです。

 ライブの副作用っていうものです。激しくよく効く抗がん剤のようなもの。副作用に打ちのめされるのであります 仕事場で整形外科の先生と何気ない話をしながら、

「これが現実か・・・で、目の前にいるのは晴一くんでも昭仁くんでもなく、オレ様整形外科医なんだよなぁ・・」

 私の生きる世界というものを噛み締めた一日でありました。

 噛み締めたというのも、まぁとてもよく毎日しみじみと噛み締める事がありますわ、私は
 3月半ばになりましたね、とうとう 私の生活から、私の一番大切な人の存在がなくなるその日が近づいています。駄々っ子のようにメールを時折打っては、反応がないことに打ちのめされている私です。
 それがよく分らなくて 単なる顔見知りとか知り合いとか、仕事でよく会う人とか言う以上の親しき間柄のような、そうでないような
 周りから見ていると、

「うまうまちゃんと彼は、同僚というより友達と言った感じ。」

 といわれるんですが、

「でも、そうだとしたら彼の今の態度は余りにもうまうまちゃんに対して礼儀がなさ過ぎる。」

 とも言う。

 何気なく深いことも、何気なく人に言えない事も、何気なく家庭の事も奥さんの事も私に吐露する彼。しかも、私のメールには速攻反応しているようで、送ったメールの開封時間は(実は分る。)送信後ほとんどすぐ。

 けど、返信はなし。私って、彼にとって娯楽の一つ?
 まぁ、慣れましたけど
 こんなこと書いていてはまた愚痴ブログになるので止めますけど・・・。
 彼の人に対して、

「あなたは優しすぎるんだから、駄目な時はだめって言ってくださいね。」

 と一言打っておきました。だからどーなんだといっても微妙ですけど。って、段々この手の記事が微妙になってきたので辞めましょう
 
 兎に角兎に角、3月が終わりそうです
 こんな気持ちを知るのに、何故あの人で無ければならなかったんでしょうね。

 運命の人って、存在します

 本当に、存在するんですよ、皆さん

 ただ、運命の人は必ず異性で必ず結ばれる間柄ではないんです。

 本当に、「運命」を変える、ただそれだけの存在。

 そういう人に出会えただけでも奇跡なのかもしれません。出会わずに終わる人生も在るのかもしれません。私の場合、何故出会わなければならなかったのか、何故彼だったのか、考えずにはいられません。
 それほど私の今までの人生は、儚くぺらぺらの人生だったんでしょう

 神さまは、私に教えたかったんでしょう。

 人の為に祈ること、何より誰かの幸せを祈り、望むことの豊かさを。

 今まで私は、自己中だったのかも知れません。

                        

 さて、気分を変えて福岡です
 今回の九州上陸は、14日のポルノライブ参戦が目的。日曜日の夜は待機当番だったので、早々に帰ってこなくてはいけなかったんです。

 けれど、行きたいところはあったんです

 それが、大宰府天満宮!!!!

画像


 かの菅原道真公が祀られているという、勉学の神さまです。別に試験があるとかではなく、私が見たかったのが、菅原道真公を慕って飛んできたという、

 飛梅。

画像


 広島では梅が咲き揃っている時期だったので、大宰府の梅もかなり咲いているだろうと思っていたんですが、どうやらすっかりその時期は過ぎていたようで、

「咲いてない?」

「え? まだ時期じゃない?」

 を繰り返しながら、ようやく

「・・・・咲き終わったんじゃ・・・

 という結論に至りました。飛梅は枝だけになってて、まだ咲いていないのかと思った 桜は花の後は葉が出てくるけど、梅は出ないのかな?
 
 主人を慕い、一途な思いで京から飛んできたという飛梅

 君の気持ちが良く分るよ・・・うんうん、そうだよね
 あんな句を詠まれたら、飛んでいくしかないよな

 と、しみじみ???眺めた次第です。菅原公は、京から左遷されて大宰府まで来た訳ですが、どうやらこっちではかなり手厚く迎えられ、私が思うにとてもいい人達に囲まれていたんじゃないかと思われます。
 あの頃は京で働いていないと貴族でもないし、没落することがどんなに惨めで辛い事かっていうものはあったと思うんですが、そういう柵から自由になったとき、菅原公はかなり豊かに生きることが出来たんじゃないでしょうか。

 姉は何度か大宰府に来ており、所々にある牛の置物に、

「菅原道真は、牛が好きだったんだよ。」

 と教えてくれました。

画像


 置物の牛をみんなが触るもんだから、鼻先だけテラテラになった牛が何頭か・・・

 読むと、菅原道真は自分が死んだ後、亡骸の乗った荷台を人間が引かない牛に結わえ、好き勝手に牛が歩いて止まったところに自分の墓を作るようにと言い残したといいます。
 道の真ん中だったらどんなに邪魔だろう・・・と心配してみましたが、今のところ彼のお墓が邪魔になるところにないと言う事は、その使命を負った牛さんもちゃんと考えて場所を選んでくれたんだろうと思います。

 頭がよ過ぎて恨まれて、頭がよ過ぎて神さまになって・・・・

 良いのか悪いのか

 けど、大宰府に来て彼は好かったんじゃないでしょうか。死後、恨みつらみで京へ舞い戻り、誰やらを呪い殺したか火事を起こしたかしたらしいと聞きますが、それはまぁご愛嬌
 
 福岡といえば大宰府しか思い浮かばないのが薄っぺらですが、実際ほかにあまり「観光」するところはないようで、あとは買い物と食べ物らしいです、姉曰く。
 買い物もあんまり興味がなく、食べ物もライブ前でガツガツ行く訳にも行かず。

 で、お昼ごはんに大宰府で梅が枝餅の有名な所で、
画像

 御弁当食べました。美味しかったです

 大宰府名物「梅が枝餅」も、焼きたてを梅昆布茶で頂きました。店頭で食べているとお茶を出してくれたんです。すっごく寒かったので、嬉しかったですね
 お餅はどこの店頭にも並んであって、お店によって少しずつ何となく味が違う感じ。以前お土産に姉が買って帰ってくれたものはかなりごつい、どっしりした感じだったんですが、店先で食べたものは皮の薄い、もっちりとしたものでした。食べ比べてみると面白いですよね。
 広島でいう所の、「もみまん」の食べ比べです。

 15日のお昼に、ようやく「福岡といえば!!!!!」の、

画像
 

 とんこつラーメン

 本場のものはやっぱり広島で食べるとんこつとは違う!と言う事に気付きました。さらっとしているんです とんこつラーメンだから、きっと夜までもったり来るだろうなぁと思っていたけど、11時の開店早々にお店に飛び込み、その後14時にはお腹が空いてパン食べてた私です。
 意外に消化が早くてびっくり。脂は確かに浮いているので、カロリー的には結構あるかなぁと思いましたが、そんなこと気にしてちゃ食べられません!
 がっつり、明太子ご飯まで注文しましたよ


 帰ってきてからというもの、何か食べていないと胃が痛くなる現象再びです。
 鳩尾が痛くて痛くて・・・・。
 別に福岡の食生活のせいではないんです。
     月曜日のストレスが

 また太ってしまう〜〜〜!!!!

                     

 帰り際、福岡駅でお土産を物色しました。福岡在住の姉が一緒だったので、色々話を聞きながら、

「ロイヤルのスイートポテトがいいよ!」

 と押してくるので、家用に買って帰りました。仕事場には、「ひよこのピィナンシェ」と、「キットカットゆず胡椒味」にしました。ピィナンシェは結構うまい ゆず胡椒はまだ自分では食べてない・・・恐い・・・

 そのロイヤルのスイートポテト
画像


 芋好きにはタマラン

 うまかった

 もっと大きいのをパクッ!っといきたい。



 で、家に帰り着いて

画像


 買ってきたTシャツを着て、記念写真を撮る私でありました

 ちゃんちゃん
 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
〆は猫Tでしょ! 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる