〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS anywhere

<<   作成日時 : 2009/04/04 21:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 こんな時間におうちにいるの、久しぶりです〜〜 とっても怠惰に、一日おき日記になりつつあったブログですが、それを含め、4月からは本腰入れて頑張らなきゃいけないことが山のようにあるなぁと感じる最近です。

 さて、泣き言から言わせてください

 そのうち、いつもの元気が出てくるかなぁと思っていたけど、なかなかそれが出てこない自分に、ほとほと嫌気が差しています
 頑張ることは、いっぱいあります。3月にはなーんにもやる気が起きなくて、ただただ呆然と過ごしていたので、4月からは生活全般全てを頑張るしかないのです。仕事も、乗馬も、お琴も・・・

 「自分」でいること、「自分らしく」いること、「自分」を一生懸命生きること。

 こんな自分全然好きになれなくて、いなくなってしまいたいし居なくさせたいんだけど、それも無理なので、どうにかこうにか折り合いをつけていくしかないんです
 一日ごと、一時間ごと、気持ちがぐらぐら揺れています。3月を過ぎて4月に入ったら、必然的に私の生活に彼の人が居なくなり、偶然すれ違うことも、「あ!」とお互い指差しあって挨拶することもなくなりました。覚悟していたけれど、最後の告白メールで、病院の廊下を歩いている制服姿のあなたを、無意識にされでも探してしまうんでしょうと書いたそのままに、出勤の行き帰り、きょろきょろと、居るはずのない後姿を捜していたり、すれ違う彼の人の車種を目で追っていたりします。
 もう、ここにはいない人なんだけどね・・・
 私の覚悟って、小さいなぁ・・・

 そう思うと、「離れてしまえば忘れられるかも」と思っていた自分の甘さに、どうやら気持ちが折れ曲がっています。しんどくてしんどくて、辛くてつらくて、友達に散々泣き付いてます。迷惑ばかりのうざーいメールを打っては、どうにかしたい気持ちをどうにも出来なくて

 はぁ〜 、4月そうそう愚痴ブログになっちゃいそう

 何をしたら楽になれるのか、教えてほしいくらいです。
 「終り」に出来ればよかった。舞台の幕が下りるように、最後の音符を奏でて曲が終わるように、「終り」があればよかった。

 告白メールを出しただけで、「終り」に出来ないなんて、そう言う事もありですか?
 「ごめん」しかないはずの告白だったのに、それを言ってくれないのは何故?
 それを聞いていないが為に、まだ期待している自分がいたりする。

 また会えるかも?

 とか、

 返事が聞けるかも?

 とか、

 どんな返事でも、聞く為にまた声が聞けるかも?

 とか・・・

 淡い淡い期待?けど、友達から言われた。

「連絡がないのは、返事がないのは、『ごめん』って事なんじゃない?」


 
 ・・・・・あ・・・・・・・・・・そうなのか・・・・



      そりゃ・・・・そうだよね・・・・・




 何で、言ってくれないんだろう?
 背を向けるだけじゃなくて、たった一言だけなのに。
 
 男の人は、「ごめんなさい」も言えないの?
 必死で送ったメールに対して、義理で「ごめん」と返すことも出来ないほど?

  

 ぐちゃぐちゃですいません
 お陰で、4月たった4日過ぎただけで、10年分以上の涙が流れました。

 胃が痛いです。
 吐きたいです。
 頭が痛いです。
 瞼が腫れて、醜いです。
 
 不思議ですね。涙って本当にぽろぽろ零れるんです。作ってる気なんか全然ないのに、ぶわーっと瞼が重くなって、どんどん零れて自制が効かないんです。

「泣きたいだけ泣いたらいいよ。」

 って友達は言うんです。
 こうなったら、泣いて泣いて泣いて泣いて、忘れるしかないんですか?
 
 でも、きっと忘れられない。それだけは心の奥で気づいてる。
 時間なんて、薬にならない。
 思いは溢れて、溢れて溢れて、涙になる。
 泣いて泣いて忘れようとしても、泣いた分だけまた想いが溢れる。

 どんなに強気なことを、前向きなことを書いても、その思いに自分の気持ちが先に折れちゃうんだからね・・・・。

 けど、笑っていますよ
 笑顔で居ます。

 泣いた分だけ、頑張って笑顔を作っています。
 仕事場の仲間と笑い合い、友達と他愛ない話で笑い合い、微笑みながら一日の終りにあの人の幸せを祈っています。

 彼に降り積もる幸せの一部が、私の祈りで構成されていますようにと・・・



 4月を4日過ぎて、彼はまだ新しい生活を一生懸命頑張っていることでしょう。
 思い出の中の後姿が、凛として輝いて私を励ますように、
 現実の彼もまた、真っ直ぐな瞳で前を見つめているでしょう。

 きっとそんな彼に出会ったら、また初めから恋をしてしまうくらいに・・・。


 頑張れ!
 頑張れ!




 出来るならもう一度、あなたに恋をしてみたいと思う・・・

 もう一度出来るなら、同じ恋でもかまわないと思う位・・・

                       

 グチグチ、ブルーブログです まだたった4日なのに、これから先がとっても心配なくらいです。 
 自分の事なのに、自分でどうしようもないと言うのは結構辛い事ですが、とりあえず私は私でいることを頑張らなければ成りませんよ!

 私は新しい環境ではないけれど、新しい年度に色々じたばたしているのは事実です。

 来週の水曜日、大きな手術に付くことになりました。昨日からその大掛かりな器械との格闘です。久しぶりに土曜日出勤をした今日、ながーく感じた勤務時間の半分は、この器械たちとの乱闘(?)。

 私が担当する手術は、THA
 股関節の全置換術です。

 股関節は、骨盤側の臼蓋と、大腿骨の骨頭で出来上がっています。臼蓋という丸いくぼみに嵌った骨頭のスムーズな動きで、『歩行』されている訳です。
 人工骨頭置換術は、大腿骨側の骨頭だけを変える手術。人工股関節全置換は、骨頭はさることながら、関節面の臼蓋部分も人工物に変えていきます。
 その一連の手術を、水曜日にします。私、器械だしなんです・・・・

 手術の流れの説明を聞いていると、やりたい事と結果はよく分かります。でも、それに対する器械がいろんな種類がある上、『選択肢』が多く、その分器械も倍々で増えていくんです。

「これ、バックアップ用なので、使わないと思いますけど。」

「これ、別のシステムの器械なので使わないと思いますけど。」


 そういいながら、積み重なっていく器械の箱
 
 使わないんなら持ってこないで!と思うんですが、矢張りそこは『何かあったら困るので・・・・』が常套句の手術場です。
 私は勿論THAは初めて。別のスタッフが以前ついた事があるのですが、手順を聞こうにも

「これ、私が使ったのと違います。」

 と言われた上、メーカーさんからも

「今回は症例が特殊なので、以前の考え方とは違います。」

 ひぇ〜〜〜〜!!!!
 こんな状態の私に、理解できるのかしら・・・・
 
 受け持ちの後輩と共に、ぼーぜんとしていた次第です。
 にしても、私がやらなければ誰も出来ない訳で(説明聞けたのは私しか居なかった)、つまり代役が居ないんです。熱が出ても這ってでも来ないと、手術が出来ません。
 
 器械の数と術式の大きさにたじろぐけれど、頑張らなければ成らない時には頑張ります!!!!
 今は、一つずつ前へ進んでいくのも大事です

 水面下で、必死にもがいてみます

                         

 明日は待機当番もあったりして、ドライブに出かける余裕はないけれど、もう一つの『本腰入れて頑張らなければ!』の乗馬に行こうと思ってます。・・・どうなるか分からないけど・・・

 落ちた自分は自分で引き揚げるか、自分で這い上がってくるかしかないと分っているけど、水面下に沈んで息したくないことだってあるんです。頭で考えることと身体が反応することが同じだったら苦労しないんだけどなぁ。

 言葉以外は、ため息しか出てこないこの頃の私です。

 どこか、遠くへ行きたいです・・・

 遠く、遠く・・・・



にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
anywhere 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる