〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 何事も、修練が必要。

<<   作成日時 : 2009/04/25 23:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 中国地方に限らず、今日土曜日は朝から雨。

 あーあ、雨だ・・・・

 寝床から、聞こえてくる外の雨音に気づいてげんなりした朝でした。今日は以前から予約していた乗馬クラブのレッスン日。先週はポルノライブがあったので行けずじまい。

 なのに雨だなんて

 付いてない

 今日はレッスンどうのよりも、乗馬久しぶりというよりも、四月末で乗馬仲間さんがクラブを退会するんで、その方と最後にクラブで会える日。乗馬クラブ自体を移籍するんですが、移籍先は私も知っているところだから永遠にバイバイってわけじゃないんですが、「土曜日は久しぶりにクラブへ行くから、逢えますね!」って昨日メールしたところだし。
 是が非でも行かなきゃ行けない理由はそこ。
 雨が降ろうが槍が降ろうが

 クラブへと車を飛ばしていたら、どんどん風は強くなるし、雨脚も加速するし!!!!!

 泣きっ面に蜂ってこのこと!?

 土砂降りというにふさわしい、まさしく暴風雨の一歩手前の天気の中、駐車場からクラブハウスに飛び込むと、フロント入り口でカドリール指導員が、馴染みの会員さんと話しているのに遭遇。

「お、うまうまさん、おはよう。」

 指導員は朝にもかかわらず、こんな天気にもかかわらずにこやか。ってか、大阪人って感じ。(←察して)
 彼は、私もよく話す馴染みの会員さんに向かって言いました。

「こんないい天気じゃないですか!」

 いい天気!?

「乗馬はへっちゃらで出来ます。」

 ・・・・・え?この方、オニ?スポ根?

 もしかして、青春映画、好き?

「これくらいの天気、何てことないですよ!

 ごうごう風が鳴ってて、木が揺れてて、

 雨が横から振ってて、顔に当たって痛くても?


  これくらいの天気?


 つかまっていた会員さんも、こんな雨の中乗ろうか乗るまいか迷っていた様子。手にはまだ申請していない騎乗券を握り締めて唸ってる。
 どうやら指導員、その会員さんをどうにか騎乗させようと頑張ってたみたい

「ねぇ、うまうまさん!その格好を見ると、乗る気満々だね!」

 え? どこが?

 この怪訝で嫌そうで、億劫そうな表情は「格好」には含まれないのか!?

「えーーーーーっ。皆乗らないなら私も辞めます〜〜

「いやっ!!!!! 一人ではなかったよ!!!!!」

 指導員、慌ててパソコン画面をチェックする。

 何故そう大慌てで否定する?

「大体私、予約入ってましたっけ?」

「入ってましたよ。頑張って乗りましょう!

 ちらりと見た窓の外は、ありえないほどどんより
 気分もどんより・・・

 指導員の誘惑から逃れた会員さん、そそくさとその場を立ち去っていく・・・
 あっ!あの人騎乗券、出したっけ?

 チェックする間もなく指導員、畳み掛けるように笑顔で

「ね、乗りますよね!」

 指導員、私に修行しろと?
 滝に打たれて悟れと!?

 か弱いオトメ(?)に、こんな暴風雨の中乗馬しろと!?

「一人じゃないなら乗りますけど・・・・45分レッスンでお願いします。」

 もともと予約していたレッスンは90分レッスン。後半キャンセル。
 
 当然!!!!!

 90分も雨に打たれてひーひー言うのは嫌!!!!!

 馬場に降りていくと、先ほどの会員さんとばったり

「乗るんですよね!?」

 即座に聞くと、


「いいえ


「えーーーーっっっ!!!!!!!

「この雨じゃ、確実キャンセルでしょ。」

「なんでよ〜〜〜〜私騎乗券出しちゃったよ〜〜〜

「頑張ってね。」

 それだけかいっ!!!!

 暖房のかかった選定所で座り込む彼を尻目に、4月末だというのに目茶寒い洗い場で、もくもくと馬と戯れていた私。レッスンが終わった後の馬は泥だらけで濡れ鼠。
 私も同じく濡れ鼠。

 さ・・・・寒い・・・・身体も、心も・・・・


 

 『この雨の中、乗馬には行かれんよなぁ』


 
 ずぶ濡れになった雨の乗馬レッスンが終わった後、師匠からそうメールが来たとき、ちょっとだけ誰かを恨みたくなりました。

 天気はどうにもならないんだけど。

 おまけに、午後から雨止んでるしーーー!!!!!

                       

 明日、お琴の発表会です

 この話題あまり出してないんだけど、地味に練習していましたでごんすよ、私 けど毎日毎日遅くに帰るもんだから、最近は特に練習量が減っていて ちょっとやばいかも?って思っていたんですが、総勢6人での演奏の為、私一人音符を奏でなくても結構平気という抜け穴に気づいてしまったのです、とうの昔に
 絶対音感を持つ、半音に耳ざとーいお師匠さんも、練習を重ねるにつれ「ええやんええやん!と笑顔。

 あはは・・・私そこ弾いてませんけど

 発表会が明日だというにも関わらず、なーんにも用意をしていない私。今ようやく弦を張る柱に名前を貼り付けたところ。自分のお琴を会場まで運ばなきゃいけないんですが、それ様にまだお琴も包んでないし、袋にも入れてない始末です。座ってお琴を弾く立奏台を始めて組み立てたのも、実は昨日。
 明日10時には遠方までお琴を運ばないといけないのにねぇ
 発表会は立奏台で弾かないといけないのにねぇ

 初めての発表会ですが、4月の私は低空と大気圏を行ったり来たりしている状態だったので、何だか緊張感も高揚感もゼロ 兎に角私は目立たず騒がず、笑顔担当です。間違った音を出しても、ニヤッとするな!と、お師匠さんから言われております。 「あっちゃ〜」って顔をするの、ばれてるみたい。

 同時進行で6月の発表会の曲も始めてまして・・・・そっちの方がかなりゆっくりの曲にもかかわらず、古典的な筝曲なので、歌も入るし技術も色々。押さえて弾いて引っ張って伸ばして!!!!!
 弦楽器の奥深さに、そろそろ降参しそうな勢いです。しかも、6月の発表会は着物着なきゃいけないと来た!着物着て正座して、15分くらいの曲弾いて・・・・


 立って歩いて退場出来るのか!?


 今からそんな心配してどーする!?
 しかも、曲の心配じゃないのか!?


 ソロを弾く訳じゃなし、お琴に関して私は、永遠に「その他大勢」の一人です。
 永遠に不肖の弟子であります。

                   

 当日である明日、演奏の順番がきたら舞台まで自分のお琴を引っさげて入場するらしい。

 

 
 琴を習っていない人は想像つかんかも知れんけど、6人がぞろぞろと長いお琴を抱えて入ってきて、立奏台に立てかけていく様子は、きっと「お琴って意外とラフ(いい加減?)なんだなぁ」と思うだろうな。そのごちゃごちゃ加減に唖然として笑い出すかもしれん。演奏の始まりまでは、優雅って言葉はに会わないに違いない。

 確実に、力技だし。

 当事者でよかった。
 考えるよりも、ふんがっふふっ!とお琴をセットする役回りで良かった。

 しかも私のお琴、普通のお琴より重いんだよ 自分のお琴じゃなくていいから、静々と人間だけ入ってきて演奏するほうがわびさびだと思うんだけど・・・。
 弦を張っている柱を倒さず運べるのか、そっちの方が心配

 何もかも素人なもんで

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
何事も、修練が必要。 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる