〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 神様の力

<<   作成日時 : 2009/05/07 21:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 忙しいんです。

 いえ、仕事ではなく、プライベート。

 私のよくない性格の一つが、性急さだったりします。

 これ、いい意味ではなく、悪い意味

 やらなければならないことを前にすると、気分がせかせかせかせかして、駄目だなぁって思うんです。

 急に気分がそわそわして、アレもこれも、それも!!!と思ってしまうんです。

 あわあわしてしまって、結局動物園のクマ状態。

 だから毎回そんな場面では、ゆっくり行動するようにしてるんですが、如何せんこの性格・・・。

 気が急いて駄目なんです

 で、気がつけば途中でへばっていたりする。

 駄目ですねぇ〜、この性格

 

 忙しいんですって、毎日。それも、この性格のせいで、全然時間は余ってるのに、気分が急いて「忙しく」思えてしまうんです。だから、見ている側としてはきっと「普通」なんだと思いますよ。
 ただ、先輩のサプライズパーティーが本決まりになりましたので、これからばたばたする事は間違い無しです 一人で出来ることはしれているので、早いとこ後輩達と役割分担しなければいけません。

 ペーパー類や、安く上げるための手作り物もきっと私が請け負う事になるんだと思うと、ちょっと気負いますが、頑張りますよ!

 楽しみです!

                       

 私、この先輩たちの始まりから知っています。
 ブログに書いたかどうか既に分らないんですが、去年の夏、コンパという名目を脇において置いたような、上司の紹介で知り合ったんです。
 
 「先輩に、この人を紹介してあげる。」といわれて、一対一では緊張するからと、2対2でお食事をしたのが出会いでした。その時、先輩と私、旦那様と彼の部下という4人でした。

 お互いいい年の独身者だったので、いつものコンパとは違う、とても落ち着いたお食事会でした。その席がとっても楽しかったのか、べろべろに酔っていた先輩 彼女が楽しいときによくやる酔い方で、その様子を見ているだけで、先輩がこの食事会を本気で楽しんでいたのが私にはよく分かりました。

 そうそう、ブログに時々書いていた、あの先輩の彼氏です。

 付き合うようになってお互いの癖や性格を知って行ったり、そのたびに少しずつ出てくる食い違いも修正しながらの一歩一歩。

 突然連絡が来なくなった時期もありました。

 一度目は、不可思議なまま過ぎていき、二度目もそんなことがありました。

 二度目の連絡不通のとき、先輩は言いました。

「もういいのよ。私は駄目だったのよ。」

 ケロッと開き直り、

「新しい出会いを探すんだ!」

 って言ったりしてたものです。

「うまうまちゃんだって頑張ってるんだもの!」

 そういいながら、からからと笑っていたのを思い出します。その度私、

「でもまだ、彼の事好きなんですよね?」

 って、切ないけれど確認してました。
 無理して忘れたって、きっと身体を壊すに決まってます。
 そんな先輩なんです。

 そんなときは決まって、気を使って人に知られないようにいつもよりずーっと元気に笑って明るくしてるくせに、本当は心なんて遠い彼方で凍えて凍り付いてる人なんです。あんまり普通に笑うから、つい皆は「大丈夫だ」って思っちゃうけど、私には分かります。

 凄く凄く、無理してるんです、こんな時の先輩。

 何でかな?

 何で彼にはこの先輩の優しさが伝わらないのかな?


 不思議で不思議で、何でうまく行かないんだろうって、考えても答えの出ないことに悩んだりした事もありました。

「まだ好きなんよ・・・・。でも思ってたって駄目な事もあるじゃん。うまうまちゃんは知ってるじゃん。」

 突然、彼から「連絡を暫く絶ちたい」と言われた後、もう駄目だと感じた先輩は、笑いながらそういいます。項垂れながら、視線が下ばかり・・・。

「思ってたって駄目な事があるのは私も分るけど、状況が違うじゃないですか。私と先輩は全然違うでしょ。」

 そう言いあった事もあります。

「先輩は恋人同士じゃん。分かり合おうと思えば何時だって出来るんだよ。それを放棄しちゃ、駄目じゃん。」

「だって連絡できないんだもん。するなっていうんだもん。」

「じゃあ、信じて待てばいいじゃないですかー!」

 先輩の気の使いようも、優しさも、せつなさも哀しさも、全部全部分るからこそ、すんごい励ましなのかすんごい喧嘩なのか分らない事もありました。

 けど、その彼の沈黙が、今に繋がっています。

 そう・・・・その「連絡を暫く絶ちたい」と言っていたその間、

 

 彼はとてもとても、彼女の事を考えていたんです。


 彼女と未来を共に歩く事を、その時決めたそうです。




 その間の沈黙が、未来を考える彼にとっては必要な時間だったんでしょうね。彼女がどれだけ自分の人生に大事な存在か、それを分かった上で理解するのに、2週間近くの時間が必要だったんです。

 短いのか長いのか・・・・それは当人にしか分りません

 けれどその時間の事を思い出すと、悩んでいる先輩を見ていて苦しかった時間ではあったけれど、今はその苦さも、最大のエッセンスとなって笑い合うことができます。

 だからこそなのか知れません。
 私、先輩の結婚の事、先輩の幸せの事、考えるだけで泣けてきちゃうんです

 感動とか嬉しさとか、笑いながらどんどん涙が零れるんです。

 嬉しくて嬉しくて・・・


     少し、羨ましくて


 それ以上に、言葉に出来ない「何か」が胸につまって



 だから、このサプライズパーティー、私は何度泣いちゃう事だろうって、今から心配です。打ち合わせでも泣いちゃうかも。あぁ、もう!こんなところも、駄目ですね・・・

 私に出来る、私達に出来る、最高で最大のパーティー。

 出来たらいいなぁ・・・

 先輩たち二人が、これからも思い出すたびずーっと笑顔で居られるような、そんなパーティーに



 私のとんでもない恋愛にも、どうにも出来ない恋愛にも、ただ話を聞いて欲しかった時にそばに居てくれ、優しく、ときに厳しく、ちゃんと諭してくれて見守ってくれた先輩だからこそ、私に出来るたった一つ「おめでとうと繰り返すことを、私の全ての心を添えて、贈りたいんです。

 先輩は私の、大切と言う言葉の中の存在の一人。

 彼の人に幸せになってもらいたい気持ちと同じ強さで、

 先輩の幸せを願ってます。

 いいえ、既に確信してます




 これから彼女は、誰よりも幸せに成ります。



 二人の始りのとき、私が「この二人なんだな」と確信した思いの先に、

 二人の幸せがありました



 そう、私は、始まりの瞬間から、こうなる事に気付いてました。

 彼の視線が彼女に注がれるあの柔らかさを、温もりを、

 私は知っていたんです



 ・・・・神様、お二人の未来を、お守りくださいね・・・・

   そして私に、二人の門出を祝う力を、少しの間貸してください。

          当たり前のような「奇跡」を起こせる力を・・・

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
神様の力 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる