〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS ドキドキの電位

<<   作成日時 : 2009/06/16 22:43   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0



えーかーげーといえば、心電図のこと。うちの病院の隠語みたいなもの?アルファベット表記でEKGですが、皆さんなんと読んでいるのやら?
たぶん誰でも心電図と言えば、医療ドラマでピッピコ鳴ってるあれとか、一度は経験したことがあるであろう、胸に電極を張り付けるアレを思い付くと思いますが、まさにそれです。

心電図って、看護師の中でも鬼門のことが多く、見て解析できる能力を持つナースは循環器エキスパートナース位。たいていの一般病棟の看護師さんは、口を揃えて苦手と言うはず。それではあんまり良くはないんだけど、私たちの病院では循環器科がない上に、循環器の専門の先生もおらず、内科の先生が一手にソノ辺りをカバーしている状態なので、わりと難しい症例に会うことがなかったし、看護師に要求されるレベルも、こと心電図に限ってはあまり高くはなかったわけです。

かくいう私も、看護師になって何年の身。はじめから今まで、心電図は苦手分野のトップ。毎年毎年、こんなんではいけないと思いつつも、手が延びなかった訳です。

しかし、ここにきてかなりヤバイことに気づきました。
今年度から赴任してこられた麻酔科の先生が、心臓外科を経験している上、循環器には滅法強い先生なんです。赴任前の噂で、すごいらしいと言うのを聞いていたけど、噂に違わず・・・・。話に付いていくのも一苦労。なけなしの知識を会話の間にフル稼働させて、鼻から湯気がでそうなくらい思考回路を回しながら、消えていきそうになる先生の影を追いかけてるみたいな会話の状態。

しかも、それほど循環器に強い麻酔医なので、少々の循環器疾患があっても安全な麻酔をかける技と腕を持っているんです!麻酔医はたいがい全身状態のどんなことにも対応できますが、やはり循環器だけは強い弱いが歴然です。以前までうちの病院にいた麻酔医は、循環器には少し弱いところもあって、かなり循環器疾患を持つ患者さんにたいしては厳しいレベルで麻酔可能かどうかの判定をしていました。

その判定基準が、今年になって大幅に下がり(患者さんにとってはありがたいことなんですよね)、今まで対応できなかった循環器疾患を持つ患者さんの手術がめきめき増えています。世の中、本当に循環器疾患を持つ患者さんは多いんですね。

つまりは、私たちが今まで経験したことがないような緊急の場面も出現しうると簡単に予測がつきます。最悪の場合、術中に心停止が起きる可能性だって否めない。
つまり、そういう対応に迫られるというわけで、今まで逃れていたリスクに立ち向かわなければならなくなったわけで。
連日、大きな手術の時には、廊下に除細動器が用意される状態のオペ場です。どうか使うことがありませんように!

で、大切になるのが予測、予防能力。

つまり、危険を早くに予知して、大事に至る前に予防する!


それには、知識が足りない!!!

まぁ、わかっていたことだけど、循環器疾患で大事な指標の一つが心電図というわけです。
その知識がないと言うことは、危険の予兆に気づけないかもしれないということ。まぁ、私だって腐っても看護師です。心電図の異常くらいわかります。「あれ、なんか変!」とか、「ST下がってる!」とか、「P波無くなった!」とか。

ただ悲しいかな、解るだけでそれが何なのか不明。大体、心電図ってなんぞやというところからあやふや。
腐りすぎた看護師です。

ので、この四月から、自分なりに心臓のあれやこれやと向き合っているわけですか・・・。







最近、原因不明の胸痛に悩まされている次第です(;´д`)





ドキドキは、トキメキで欲しいもんだ。






ちなみに難しいことを言えば、心電図とは、心臓の電気的活動をグラフにしたものの事で、その電気って、ナトリウムイオンとカリウムイオンのバランスで起きるものです。




賢い!!



受け売りの丸覚えだけどね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドキドキの電位 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる