〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 凹み休憩。

<<   作成日時 : 2009/07/22 00:15   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 前後編で終わるんかいな、この「一週間」の話・・・

 さて、後編を始める前に、今日のお話。自宅療養中の私は今日の雨の天気模様に阻まれながらも、片手運転でうろうろしてきました。ちょっとブルーな話で申し訳ないけど

 今日は凄い雨でしたね 明日は皆既日食だというのに、天気職人さんはぎりぎりまでドラマを演出するつもりですかね?日食は私にはあんまり興味がないことですが、この間テレビで言ってた話、木漏れ日が半月型になるという話は、とっても素敵だなぁと感じ入ってました。出来れば確認した見たいものですが、木漏れ日が出来るほどの日当たりはあるのでしょうか・・・・?

 ブルーな話は別にそれじゃなくて。

 入院中、自宅療養中、兎に角時間があるんです 毎日が私の大嫌いな週末のように、延々と過ぎない時間が次から次へとやってくるわけです。仕事に行けばそれなりに楽しい事も遣り甲斐もあるはずですが、それもなし。仕事に行かなくていい嬉しさっていうのもあるのはあるんだけど、やっぱり何もすることがない一日の辛い事といったら、例えようがありません。入院中はそれでなくても怪我の痛みと頭痛と、何より鎖に繋がれたストレスで悶々としていた訳ですし

 考える事は一つ二つ三つ・・・。
 私がこんなになっても誰の生活にも支障がなくって、多分ここで私が死んでいたとしても、そりゃ葬式でばたばたするだろうけど、世界は変わりなく回っていって・・・・きっと彼の人はそんなことも露知らず、多分私という存在すら忘却の中で・・・そしてそうやって忘れられていくんだろうなと・・・ ぐるぐるぐるぐる・・・

 友人の一人は、入院したブログを読んで「まさか自殺未遂!!!と、慌ててメールをくれました。

 まさかね。
 やるんだったらもっと確実な方法をとるから、安心して。

 でもふと思ったり

 あぁ、自殺未遂でもし手首を切ったら、こんだけ痛いんだな。
 じゃ、リストカットはやめよう。
 失血死は結構綺麗な死に方かなぁなんて思っていたけど。
 助かる可能性の方が大きいもんね。


 人生、何度か死にたくなったけれど、最近その思いで見つめた海を、今日も雨の中見に行きました。ぐるぐる回る色んな思い、ぐるぐる回る去年の私、ぐるぐる回る大事な思い、艶やかな色をしたままの傷。指に残った、まだ抜糸もしていない傷よりも、ずっと疼いて、ずっと深くて、ずっとずっと癒えない、まだ血を流したままの傷。塞がらないこの傷の流す痛みで、死ねたらいいのに・・・出血多量で多臓器不全で、眠りに付けたらいいのに・・・。

 あの頃、すごくすごく色んな思いで眺めた海が、今日は深い深い緑色をしていました。走っている道々にふと海が見えると、何故かぽろぽろ涙が出てきて、不思議です。凹んでどうしようもなくなって死にたくなった時に見たのは海で、開き直ろうとして、もう辞めようと決心して、よしっ!と思いながら見たのも海で・・・。だから海を見ると、そんな思いが交錯してしまうのかもしれません。

 因島の山にかかる、山の息吹を伝える深くて濃い霧。
 海面ぎりぎりに浮かぶ雲。
 間を縫って走るフェリーの鮮やかな船体。
 造船所の、長いクレーンが薄ぼんやりとかすんで、
 海に落ちて行く大きな雨粒の描く水紋。
 雨雲の間を、降るように注ぐ太陽の光。
 橋を示す点滅灯の規則正しい明かり。

 こんな綺麗な風景があることを、こんな自然の美しさがあることを、こんな思いを知るまでは気付かなかった。逃げ出したくて、投げ出したくて見に行った海で、どうしようもない思いでそれでも綺麗だなと心を震わせながら見た風景。

 そして何時も思う。
 この景色を、この美しさを、あの人に見せてあげられたら・・・・。
 
 叶う事のない願いを、何度でも思う。
 そうしていたらいつか、この願いが届くんじゃないかと錯覚しながら。

 何度でも、何度でも。
 考えすぎて、涙が出て、胸が痛くて、ついでに指の傷も痛んで・・・。
 
 あんまり考えすぎて、どうしていいのか分からなくなって、今日はぼんやり雨の中、海を見に行ってきました。因島は、美しい緑に囲まれています。ただぼんやりと眺めているだけでも、目の前の景色はクルクル変わって行きます。昼間の海は、雨が降っていてもきらきらと光っています。そこに大切なものを沢山詰め込んでいます。
 そこに沈んでも沈まなくても、この景色は何も変わらないんだろうな・・・。
 
 毎回、帰り道、同じ事を考えます。まるでそう決心する為に行っているかのように、同じ思いで泣いてます。泣きたいのではなく、泣けてくるんです。ぽろぽろ涙が出てきて、ただでさえ片手ハンドルみたいな私の運転は、ちょっとぐらぐら 包帯で涙を拭いそうになって、慌てて我に返ったりして。
 
 私が、彼に出来ることは何もない。
 当たり前の事を確認する私。

 けれどどうか、願わせて下さい。

 祈る事しかできないから、どんな事にも両手一杯の思いで祈ります。
 だからどうか、私の願いを聞いて下さい。

 自分の幸せより強く、自分の喜びより強く、世界中の誰より強く、願います。
 叶えられるならこの痛みも、この辛さも、この涙も、この世の終りまで一緒でもいい。
 

 あなたが今日も、素敵な一日を過ごしていますように。
 あなたが今日も、笑顔でいますように。

 毎日が、誰よりも誰よりも素晴らしいものでありますように。
 誰よりも誰よりも、あなたが幸せでありますように。

 毎日が豊かで、穏かで、優しい暖かさに包まれていますように。
 怪我や病気に伏すこともなく、健やかでいますように。

 心に抱える様々な辛さを、ため息で濁していませんように。
 吐き出したい弱音や愚痴を、苦笑いで噛み潰していませんように。
 
 どうぞ、彼の毎日をお守りください。
 彼の全てを、お守りください。

 そしてどうか、彼の心を癒してください。
 負った傷に優しく手をあてて、残った傷跡を拭い去ってください。

 傍らに起きる毎日の小さな喜びを、奇跡を、見つける力を、
 自らの手で起こす奇跡の力、喜びを与える力に気付く力を、

 彼に与えてください。

 自分の存在そのものがこの世界に起こす事の出来る奇跡の力、
 誰かを幸せに出来る力、

 彼が持つ、大切な力。
 彼がまだ知らない、大きな彼の力。

 どうかそれを、もっともっと大きな力へ、変えていってください。
 彼が私に与えてくれた、あの素晴らしい喜びと幸せを、
 辛さと涙を差し引いて、彼の周りの全ての人へ、与えてください。

 そして彼自身へ、
 誰よりも誰よりも、揺らぐ事のない有らん限りの喜びを、幸せを・・・・。

 

 彼が噂通りの人でも、周りが言うような人でも、普通の人でも、
 傷つけた人の数が多くても、自分が傷つけられても、
 同じことを思う。
 好きなままでも、嫌いになっても、変わらず願う。
 
 いつか、
 あなたが幸せである事が私には喜びだと、胸を張って言えるようになる。
   
 いままでは半信半疑で、それが願いだったけれど・・・。

 海を見た帰りに、いつも思う。
 「言いたい」んじゃなくて、言えるようになる。

 きっと、多分・・・

 この先もずっと、
 泣きたいほど大切な人だから。
 死ぬまで変わらず、大切な人だから。

 誰より何より、大切な人だから。
 世界で一番、守りたい人だから。
 大切という言葉の一番初めにある人だから。
 
 全ての事に「YES」と囁いてあげられる、たった一人だから。
 
 
 私の「愛」が、彼の周りにある「愛」を気付く切っ掛けに成りますように。
 伝えた私の想いが、彼に大切な何かを教えてくれますように。
 
 
 だからお願い・・・
 彼を傷つけないでください。
 
 彼が傷つく事が、ありませんように。
 


 
 この苦しみを受け入れるしかないんだって、気付く。どうやったって何度繰り返したって同じなら、逃げても仕方ない。いつまでも癒えない傷の痛みも、大きくなって行く傷口も、目を背けても仕方ない。痛くて泣いて、しんどくて泣いて、新しい恋愛が出来なくても、彼を知らなかった自分には戻れない。

 本当は、戻りたい・・・。
 痛みのない世界へ、行きたい。
 何も知らなかった自分へ、戻りたい。

 ホントはもう、泣きたくない。

 だから毎回、よっし!って、踏ん張って、「初めに戻る」。
 「初め」は、堂々巡りの初めだけれど、一番大事な「初め」なんだ。

 「初め」 = 大切な大切な彼が、幸せでありますように。

 だから、強い気持ちで祈ろう。

 シスターが祈りの生活で満たされるように、
 静かに強く祈り続ければ私にも、心の平安が来るはず・・・。
 無心に、無欲に祈ってれば、それだけで心満たされる日が来る・・・。

 自己満足じゃなくてね・・・。

 

 明日はまた、いつもの「うまうまさん」に、戻れますように。
 山盛りになったティッシュのゴミ、そっとゴミ箱へ隠して、

 明日は笑顔でいられますように。
 
                     

 この一週間の出来事が、今日はそんなこんなで書けずじまい。
 続きを期待していた皆様、こんな私の今日のブルーに付き合ってくれてありがとです!


 自殺未遂に思われたけど、事実全く関係ない怪我です
 
 
 笑い話には、少しの涙もあったりするものです。
 ま、何てことない笑い話で、何てことない痴話げんかの末の出来事ですけどね。

 愛犬に手は噛まれたけど、飼い犬に手を噛まれる出来事は私の人生にはそうそう起きません。それが私の人生の良いところ。

 沢山のやさしさと沢山の思いやりと沢山の心遣い。

 どうして皆こんな素敵なものに、気付かないんだろう?
 怪我なんてしなくても、病気になんかならなくても、自分の周りに当たり前のようにあるものなのに。


 ねぇ、気付いて、感じて、捕まえて。
 あなたの毎日を、色鮮やかにする、大切なものだからね

 貰うだけじゃなく、それ以上の優しさを、思いやりを、心を、返していけたらいいね・・・。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
凹み休憩。 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる