〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 細やかな毎日

<<   作成日時 : 2009/07/28 23:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 
 君のいる場所が僕の生きる場所・・・

 そう歌う、槙原敬之さんの「anywhere」
 この曲がとても好きだったりする私です。

 突然何かと言えば、
 やっぱり、
 
 私の生きる場所

 ってのを考えていると、唐突に出てくるからなんですけどね。

 私の生きていく場所は、あなたのいないこの場所なんだろうか
 それとも、あなたのいない別の場所なのか、
 
 あなたが居るその場所・・・何て事はないんだろうけど、
 そうだったらどんなにいいだろうな・・・

 なんて、叶わぬ願いを夢想しながら仕事していたり。

 ただ『居る』というだけの奇跡を、
 不意に凄いなと思った、今日のお昼の私。

 何も求めてなんかないけれど、
 ただそこに「在る」のを感じられたらと思うのも、
 赦されない事なのかなと、考えていたりする。

 何度も何度も自問自答して、
 やっぱり少しの「嬉しい」も、たった一つの「喜び」も、
 駄目なんだなと気付いたりする、ちょっと凹み気味の私。 


                      

 「救命病棟24時」を見ていると、のめり込んでしまいます。以前から見ていたわけじゃなくて、ちらちらと何度か見ていただけの番組だけれど、ついつい引き込まれてしまうのがこの番組です。
 
 本物の救命救急って言う現場を知らない私としては、「これがそうなんか〜、こんな風なんか〜」って、本気で素人並みで眺めています。
 よくモグラーずスタッフと

「こんな先生が居たら、仕事にやりがいがあってバリバリ頑張れるよね!」

 と言い合いますが、それは単に江口洋介みたいな先生が居たら!っていうミーハーな物言いではないんですよ! (まぁ、それも否めないけど。いや、進藤先生には奥さんが居てこそなのだよ!)
 進藤先生みたいな先生が居たら頑張れるって言うのは、もうそりゃカリスマみたいなものだけれど、実力があって周りのモチベーションまで上げてくれる人の事です。付いていきたい!っていう気持ちじゃなくて、同じレベルで働きたいって思わせてくれる人の事。
 あの番組の進藤先生があれほど凄いなって思わせてくれるのは、自分の実力があってリーダーシップがあって、間違いがなくって、クールだけれど意外にも人情味があって、患者さんの事を全人的に考えられてっていう、完成された医師像が凄いんじゃないんだと私は思うんです。

 こんな先生と働きたい!って思わせてくれるところが、進藤先生の凄いところ。

 つまりつまり、こちらの気持ちまで引き揚げてくれるところです。そうやって皆がレベルアップしていく現場って、凄いと思う ルチーンのようにばたばた仕事をこなして、ただ忙しいって言うだけじゃなく、この現場で働いてるって言う自信とか意欲とか、果ては誇りみたいなものまで芽吹かせてくれるんだものね。そしてそのレベルの高いことったら!
 どんなに忙しくっても、遣り甲斐とか自信とか誇りがあれば、どんな境遇だって屁でもないものです。呼び出しがあろうが不眠不休だろうが!!!!! 医療者がタフなのも頷けるものだ。

 進藤先生のリズムに乗って同じレベルで看護師の仕事が出来たら、そりゃとても本望だと思うな。ばりばりただ医師の手伝いとして働くんじゃなく、「看護師」として動けたらね

 こんな職場、いいなぁ・・・と眺めていたりするのであります。ホスピスか救急かの両極端な異動希望があったりする私。オペ場に来て、救急っていいかも!って思えるように成りましたが、うちの病院のなんちゃって救急では、真髄なんてわからないものです。ん〜、でも本場の救急に私が適応できるのか・・・それを思うと異動先も考えてしまうものです
 しかも、「救急医」って出会ったことないんですよね〜。

 所詮私は、田舎ののんびり看護師です

                         

画像


 指の傷は、脱皮を繰り返してかなり綺麗になってきつつあります。
 ただ、しわしわくちゃくちゃなのがなんですけど

 曲り具合は相変わらずです。ちゃんとしたリハビリとかしてないもんな
 何が大変って、日常生活で思わぬところに困ることです。左手で良かったねーって結構な人から言われるけれど、左手だって使うのです。いえ、使ってるのです、皆様毎日毎日。

 まだ傷自体が引きつっているし指が伸びないのもあるのですが、人指し指を反らせる格好になると叫びたくなります 人差し指の可動域が少なくて痛いのもあるし、傷が引きつれているから痛いのもあるんですが、表面だけじゃなく中身が痛い もう感覚的な話になるんですけどね。

 日常生活で、意外にも今の私が困っているのは、

 ペットボトルの蓋が開けられない
 
 という事。左手で蓋を回すか右手で回すかという個人的な慣習の違いって言うものがあるんでしょうが、私は基本的に右手でボトルを持って、左手で蓋を回していた人間なので、オペ後すぐから困りました 

 右手でボトルを持っても左手が使えない。
 左手でボトルを固定しようにも手の平がない。

 それは包帯が取れても同じ。頭脳線にかかるくらいまで手の平の傷が伸びているので、握力自体が戻っていないんです。まぁ、握ることがまだ十分じゃないので・・・。人差し指の力って、「握る」動作では結構大切だったりしますね。

 ヨーグルトやプリンの蓋を剥くのも、慣れない時は大変でしたし、ビニールの小袋になった調味料(お刺身についているお醤油や、ドレッシング、ジャムなんか)も、「どこからでも切れます」って書いてあるにもかかわらず開けられなかったりします。力をかけるにも、支えがないので空振りするんです。 「どこからでも」じゃなくて、「いつでも」か「どんな時でも」にして欲しいもんだ。
 不恰好になりながらも一人でやりましたが、錠剤の薬を押し出すのも苦労しました。病院で貰う薬なんかは、押し出す構造です。バキッと普通に出していた時には何て簡単なんだーって思ってましたが、実際自分が患者になると、世の中不便なことだらけです

 病院食には本当に色んなビニールの小袋が付いて来るし、牛乳に至ってはコンビニで売ってるみたいにストローを背中に背負ってるまま。片手で押し出して伸ばして突き刺すのは、ほんとに大変なんだぞ!!!! 今もあんまり左手の動きが良くないので、「伸びるストロー」を伸ばすのが大変です。
 病院食で一番困ったのは、

 プリンが付いてくるのにスプーンが付いてこない

 これは、病院の厨房に文句です・・・指の問題以前の事。(因みにうちの病院の病院食は、箸やフォークなどが一緒についてくるので、用意しなくてもいいんだけど、ヨーグルトの時にもスプーンが付かなかった。スプーン不足。)

 脱皮をして皮膚がカサカサで敏感なせいなのか、傷がまだ少し変な感覚だからなのか、手の平がまだ痛いからなのか、食べ物の事以外でのこまりものは、

 石鹸

 です。仕事場では何にしてもよく手洗いをするのですが、ハンドソープを泡立てるのがとっても痛いんです 両手をこすって泡を立てる、それだけでも痛い・・・ 家では泡で出てくるハンドソープを使っていたので全然気にならなかったけれど、病院に戻って使った殺菌剤入りのハンドソープがこれまた粘張で・・・。
 同じことですが、朝晩の洗顔も結構苦痛 泡立てネットを使っているので、簡単に泡は立つけれど・・・

 泡を搾り取るのが、モロに傷をこするんです。

 今まで使っていた左手と右手の役割を交代させて、何だかぎこちなくやらざるを得ない状況です。
 こう考えると、本当に左手って、しかも人差し指って、使っているんですね。パソコンのキーボード打つのもそうだし。

 何より私は携帯電話を左手で使う人間!!!!!!!

 左手が使えなかった私が、メールやブログを書くのにどれだけ大変だったか、

 きっと誰も予想できまい





 想像を絶する、



          お笑いです
 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
うまうまさん、大変なことになってたんですねぇ。。。
私もありますよー、全く同じ経験が!
私も左手の親指付け根に穴が開いて、縫いは
しなかったけど全治3週間でした^^;
おまけに左利きなもんで、いやー苦労しました。
そのときのワンコはもう召されてしまいましたけど、
今となっては、・・・やっぱりツライ思い出です^^;
とりあえず、包帯がとれてヨカッタですね☆

こと
2009/07/29 23:57
 ホント、大変な思いでですよね。お互い、わんこには泣かされてますね、ことさん。

 少しずつ、元の動きに戻っていくと、半分たかをくくっているので大したリハビリはしてないんです。
 流石に私は右利きなので仕事には困りませんけど、ことさん左利きなんですか!そりゃ、その時の怪我は大変でしたよね〜〜!!!

 これに懲りて(?)少しの怪我でも「大したことないですよ〜」と、患者さんに言うのはやめようと思います…。
うまうま
2009/07/30 21:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
細やかな毎日 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる