〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS Island Soul

<<   作成日時 : 2009/08/11 20:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日本当に久しぶりに地元の大きな本屋に出かけていったら、配置が変わっていてビックリ けど内容は変わっていないし、目新しいコーナーもなし。ここの本屋は、品揃えが豊富かと見せかけて実はそうでもないというのが私の見解。ベストセラーを探すにはいいんだけど、マニアックな本を探すのは意外と不便。

 小川糸さんの「食堂カタツムリ」を、帯が昭仁くんだと発表される前からここで見つけていたんです。

「おお、昭仁くんじゃないかー

 と思ったことを思い出すけど、今日はマジでビックリというか、どきっ!!!!とした。
 街中の人込みの中に、大好きな人の後姿を見かけた時のような感じ?

 本屋によく行く人はもうご存知かもしれませんね
 ポプラ社から今月の新刊として出版された、八束澄子さんの

「明日へつづくリズム」

 黄色い表紙と柔らかなイラストが印象的な、ちょっと小振りのハードカバーです。新刊のコーナーで「ふぅん」と見ていたら、まるで昔の恋人に出会ったようなドキドキ感!!!!!(昔って言うのは表現の一つよ!)

 街中で見かけた大好きな人の後姿は、ポルノグラフィティ

 ポルノグラフィティの名前を、音楽コーナー以外で見つけると、何だかいけないものを見てしまったような気になるのは私だけ?

 そーです この本、ポルノグラフィティに彩られた、因島出身の著者による、ポルノグラフィティの楽曲がエッセンスとなった児童文学(?)書です!!!!!

 児童文学って言うには少し違うのかもしれないけれど、著者は児童文学を主に書かれている方。ぱらっと捲っただけだけど、本当に柔らかな耳馴染みの良い言葉で綴られていて、ポルノグラフィティが出てくる所を読んでいると、何だか頬が赤くなっちゃう感じです。くすぐったいような、よく知る人をみるような

 物語の舞台は当然因島。島に残るか、島を出るか・・・学校生活も残り少なくなった少女達の物語です。偶然なのかどうなのか、大きなテーマの伏線となったポルノグラフィティの2人も、著者も、因島という故郷を離れている。だからこの少女達がどういう決断をするのか、それは興味の在るところです。
 
 ポルノグラフィティの因島凱旋ライブを偶然見て著者が受けた感銘が、この物語の起点だそうです。島だから分かる、田舎だから分かる、この感覚なのかもしれません。自己研鑽や自分の夢の為に故郷を去るという体験をすることがない「都会」では、何となく理解できない事もあるでしょうが、地方に住んでいるからこそのこのジレンマが、私にも分かってしまうのであります。

 ポルノグラフィティの名前そのまま、楽曲そのままが使われているのに、ポルノグラフィティの公式サイトでは何のお触れもないって言うのは、単に宣伝が遅れているだけなんでしょうか?帯かいただけでもHPに載ってましたよね?まさかこの地域だけの発売って事もないでしょうに ポプラ社って全国規模の大きな大きな児童文学館ですものね。

 今ならきっとこの本、八月の新刊コーナーに平積みになっているはずです 地元文学のポップも新刊のポップもなく、ちょっと地味に並んでいたけれど、ポルノグラフィティが大好きなあなたなら簡単に見つけられるはず!無ければ私が買って送ってあげるわっ!
 児童文学者ならではのとても読みやすい本ですので、日頃あまり本を読まないなぁという人も、青春小説の一つとして読んでみては如何でしょうか? ・・・・って、実は私も立ち読み程度なんですけど 凄く迷った挙句、申し訳ないけど仕事に必要な参考書にお金を使わせて頂きました。すいません・・・

 久しぶりの本屋は、癒されます あれもこれも欲しいって気分になるけれど、読む時間がどこにあるんだ!?というくらい、私は今、必要な事も後回しにするくらい(←駄目じゃん・・・)精神的に頑張れない状況で、低め横ばいをキープしています

 って、何でこんなにテンションが低いのかは自分でも分からないんです何をしたら元気になれるのかも、到底見当が付かなくて、ただ毎日何もなければ何も無いでぼーっと過ごしている次第。何をするのも面倒くさいって感じ?単なる怠惰!!!??? ぼーーーっと、本気でぼーーーっと、ドライブしてます

 まぁ、のんびり本でも読んで・・・って時間がないんですけど!?

                         

 いつから始まるのか、我が家の台所リフォーム計画の為、居間と台所の物品がドンドン運び出されていきます。自分のものがどこへ行ったのか、欲しいものがどこにあるのか、全くさっぱり分かりません

 片づける人が父親なもんですから、物にたいするこだわりが無さ過ぎ それが私のものか母のものかも分からないまま、「しーらない」という感じでぽいぽいどこぞへ投げ込まれていきます。今の所その合間を掻い潜って、苛々しながらも必要なものは拾い出していますが。

 まだわんこの居場所も決まっていないのに、あれもしようかこれもしようか、父の希望はどんどん膨らんでいるようです。一体、家をどうしたいのかわからないっ!!!!

 34年親子していても、父の事が良く分かっていない私。

 B型男性って、やっぱり永遠の謎????

               

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Island Soul 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる