〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 難しい〜〜!!

<<   作成日時 : 2009/09/08 22:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 珍しく手術件数が少なかった火曜日。退勤予定時間には既に最後のオペが終わろうかとしている時期で、私は午前中からお昼過ぎまでかかっていた、骨折観血的整復術で使った器械の片づけまで済んでしまったという状態。夕方17時過ぎには既に自分の車に乗り込んで、買い物がてらちょっとぶらりと福山の奥のほうへ行っていたのです

 火曜日にこんなにのんびりするの、久しぶり〜 まだ通ったことも無い山道をうろうろ走りながら、山裾から見る山の頂辺りを照らす夕焼けがとっても綺麗なことに気付きました。
 この頃の夕陽は、赤いと言うより正にオレンジ色です。緑深く、どこかに紅葉の様子すら隠した山の色にオレンジ色が重なって、何だかとっても懐かしい感じの色。昔昔、音楽の教科書で「夕焼け小焼け」のイメージイラストに使われそうな、そんな風景でした。

 家に帰って普通に家族とご飯を食べ、食後にまったり読書しているところへ、後輩からのメールが届きました 別の病棟で働いている後輩で、最近ご無沙汰。仲良くしているこの間結婚された先輩が、そろそろ遅い新婚旅行に出るので、なかなか一緒にご飯にも誘えず、向こうは三交代なので連絡も出来なかったのです。

 後輩からのメール、「久しぶり〜」と思ったけれど、内容はシビア
 どうやら、後輩の働く病棟で、また退職したいと後輩に泣きついてきたスタッフがいるというのです。

 相変わらずだな・・・・

 簡単に言えば、働きにくい職場なんだそうです。外からはなかなか実情を知ることが出来ないけれど、実際ここ何年も新人が2年と続かず退職していて、いつも人手不足。中堅所も含めて、とにかく一日やり過ごすことだけを目標に仕事しているだけのようなところらしいのです。
 外部の者は、

「結局師長がよくないんよ!」

 とか、

「環境も悪いかもしれないけど、我慢が効かない若い子が増えてるってことなんじゃない?」

 とか、好きなように言ってるけれど、ペーペーならまだしも、看護部の総括である看護部長ですら、新人が居つかない、スタッフのモチベーションが最悪、チームワークで仕事が出来ない病棟を、 「個人のせい」と考えているようなので、何を言っても問題解決に乗り出すこともなく、

「そうなの〜〜フフッ。仕方ないじゃない〜」

 と愛想わらで誤魔化すばかり
 この看護部長については、自分の部署でも痛い目を見ているので良く分かる。

 身内の恥だけれど・・・・元来、リーダーではないんです

 いや・・・上の文句が言いたいのではないんです。でも、リーダーにはやっぱり、もう少しでも「付いていきたい!」と思わせる魅力が欲しいと思うのは我侭? (もう、ぜんっぜん駄目なんです。もともと私はこの方を、『上にいる人』とは思えないので。カリスマ性とかなくてもいいから、堅実でもっとなんというかしゃんとした人であって欲しい・・・)

 しかしまぁ、上がなんともしてくれないのであれば、自分達で何とかするしかなくて。何事も人頼みだけでは駄目だし。だとしたら、漫然と従順に過ごしていく人の多い事といったら
 そんな単調な生活の中で、人は楽なほうへ逃げがち。

 人を褒めるよりも、育てるよりも、人を貶して指摘して、注意して酷い言葉を投げつける「快感」を覚えてしまった人達がいるわけで。
 自分がそこそこ経験を積み、何でもとりあえず一人で出来るようになり、病院内の事も大体分かってるし、別の部署にも顔見知りが増え、自分の顔もみんなに知ってもらっている、それが「変な自信」を芽生えさせることだってあるんだなと感じる訳です。

 真実は分からなくて、私も一方的なことしか見ていないのかもしれないけれど、

「何をしても平気!」

 という感じで振舞う人がいるのは確か。

 新人や若い子たちの行動を逐一攻めることしか出来ず、嫌味、暴言。
 自分は記録机から動かず、後輩に「あれして。これして」の指示のみ。
 ちょっとした間違いをしたら、人のせい。
 だからといってその人が何が出来るわけでもない。
 記録が上手な訳でも、患者さんから信頼されているわけでもない。
 医師も見下し、言いたい放題、自分が指示だしのような態度。

 片やその相手となる若いスタッフ達は、自分が評価されず仕事を押し付けられ、何をしても怒られるばかり。怒られるというのも、人の前で大声で罵倒される。仕事に熱中するよりも、そんな人達の顔色を伺いながら、決められた仕事をただするだけ。
 決められた仕事をしても怒られる、余計なことをするとますます怒られるので、最小限の事しかしない。(いや・・・出来ないのか?)

 そんな看護師さんがいる病棟が、暖かくて潤って穏かで、安心できるんでしょうか?それって、本当に看護なの?私はいつも後輩に聞き返しています。後輩は結構ばりばりと向き合っていく子なので、自分のしたいようにやっている様子。伸び伸びとまではいかないけれど、自分の思うところはちゃんと出来ているみたい。自分の後輩達の相談も良く受けているみたいだし。

 看護師さんによって受ける看護が基本的に違うなんて、切ない。患者さんに向かうハズの気持ちが、ただ「先輩が恐いから」という事に終始してしまう。

 看護師に限らず、きっと世の中こんな職場はあるに違いないけど、看護師の職場でこんななの、嫌くない?ってか、呆れない?その状況が嫌で、スタッフが辞めたいといってるんですと、後輩からのメールには切々と書いてありました。

 答えに窮したのは言うまでも無く

 最近は、こういった事になんと答えて言いかわからなく成ります。辞めたいスタッフも、全部が全部相手が悪いだけではないだろう・・・そう思ってしまう。全部相手のせいにするのは、全部後輩のせいにして暴言を吐く先輩と同じだよ?

 どんな仕事でも嫌なことはあるし、迷惑かけたりかけられたり、ムカついたりすることはいっぱいあるし、それを許したり許されたりしながら一緒に働くんじゃないのかなって、返しました。自分が許せば、相手も許してくれる。それを信じられなかったら、どうしようもなくなる。
 嫌だ嫌だって気持ちで毎日仕事をするのも、どんどんストレス。嫌だ嫌だって思って仕事をしていると、ちょっとした小さな輝石があったとしても、絶対見落としてしまうか、素敵なものだと感じなくなってしまう。やることもぞんざいになるし、投げやりに成る。嫌だけど仕事はちゃんとするって、実は無理な話。人と人との関わりの仕事なんだしね。
 
 横暴な先輩は、哀しい人。自分が人からどれだけ許されたことがあるのか気付けない、淋しい人なんだよ。

 仕事場の人間関係で力が入ってしまい、ぐったりしているというスタッフ。「人を許せたら、気持ちは楽になるよ・・・無理な話かもしれないけど、一瞬でも、相手を許してみたら?」と返したけど、なかなか届く様子もなし。どん底に落ちてるときには、誰の言葉も届かないのも分かるからなぁ。

 私は、楽観視しすぎてるのかな・・・でもなぁ・・・・
 自分が悪いことだって、あったりするもの。

 人を許せなくなってる自分とか、意固地になってる自分とか、
 兎に角凹んでいる自分とか・・・・
 何を言われてもプラスに考えられないくらい疲れてる自分とか。
 素直になれない自分とか・・・。

 理想論とか精神論なのかもしれないけど、もしもプライベートで、この上なくすばらしいことがあったとしたら、どんなにしんどい仕事でも頑張れるようになるじゃない?だからやっぱり、心の柔軟さっていうものが一番大きいのかもしれない。
 先輩の暴言にも、冗談で返したり素直に聞き入れて「え?」って思わせてやったりすることも出来るかもしれない。・・・なんていうのは、本当に理想なのかな?

 皆、何だか一つのことしか見てない気がする。

「叱られて怖い」

 とか、

「あの人は酷い」

 とか、

「なにもしない」

 とか、

「これをしたらああいわれる」

 とか。

 先輩に対してびくびくしてるって後輩は言うけど、

 びくびくするほど大した先輩でもないんだけど?
 何にも出来ない、ただの心の餓えた淋しい人なんだけど?


 自分を守ることだけで精一杯になって、回りを高い高い壁で囲ってしまって、何にも見えなくなってるのは自分達のほうかもしれないよ?



 って・・・・「よく知りもしないくせに!」っていわれそうだけど




 心の門は、閉じちゃ駄目なんだよ!



 って、前にも書いたけどね。(先輩の恋バナで♪)
 閉じてしまったら人も入ってこないけれど、自分も出られなくなる。

 高い壁は、自分を守るためじゃなく、人を拒むものになる。




 心の門を閉じていた私自身が気づいたことだから、確かよ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
難しい〜〜!! 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる