〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 小さな願い。

<<   作成日時 : 2009/10/18 01:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 遅い時間にこんばんわ、うまうまです

 お琴のレッスンの後は、音感が結構いい感じです 万年音痴の私にしては、音感ビリり!のいい感じな訳です。何って、歌が歌える訳です らりほ〜

 という訳で、窓を開けた軽四で山道をぶっ飛ばしながら、大声でドリカムを歌っていたら、傍を通り過ぎていったバイクのにーちゃんが、すれ違い様に振り向いていきました。

 ・・・・・なんか複雑・・・・

                   

 今日はいいお天気でした お陰で、いい夕陽でした。
 それはそれは美しい、高い空に浮かぶ雲を茜色に染めた夕陽でした。

 家に帰って別段何をするでもなくご飯を食べてテレビを見て、本を読んで。
 久しぶりに買ったこうの史子さんの漫画をぱらぱら読んで、ごろごろして。
 来るはずもない、色んな人からのメールを期待してみたり、うつらうつらとわんことまどろんでみたり

 そろそろわんこを眠らせないといけない時間になり、いつもの日課で夜のおしっこの為にわんこと共に庭に出たら、花を開かせ始めた金木犀の香りがふんわりと薫ってきました
 寒くなったなぁと冷たい空気に身を曝しつつ、わんこの幸せそうなおしっこの音を聞きながらぼんやり、新月の真っ黒な空を見上げていると、何故か不意に、本当に唐突に、涙が零れました。

 何で私泣いてるんだろう?って自分でも思うほど、頬を伝うというよりは、瞼からぽたぽたと膝に涙が落ちてくるんです。見せてあげたい何物も浮かばない空がとても寂しく感じた訳でもなく、胸いっぱいの伝えたい思いが溢れて止まらない訳でもなく、本当に突然でした。

 そのままお風呂に入りながら、不意に、泣きながら自分が童話「人魚姫」を思い出しているのに気が付きました。
 ここまで、本当にビックリするほど自分の思考なのに自分以外の所で構築されているような感じです。こんなことってあるんだ〜って思いながら、ぼんやり物語を考えると、



 「人魚姫」に出てくる王子様は、人間。

 人魚姫は、人魚。




 昨日の記事じゃないけれど、王子様が残酷なのは、その為か・・・・なんて思って落胆していたりした自分です。相手に対する無償の愛と、それを受け止め包む神の愛を描いたといわれる「人魚姫」。その中で一番愚かなのは人間。

 命を救ってくれた人が誰かも気付かず、傍にいて心安らぐ微笑よりも、自分の地位の為とはいえ、愛の言葉を囁きあうほうを選んだ王子様。王子様が、美しいけれど声も身分も持たない人魚姫を、「所詮」と思っていたのは想像できることで、誰も責めることが出来ない人間の心の動き。
 それでもハッピーエンドでいて欲しいと願う私達の予想を裏切って、この物語は悲劇になるんです。

 描きたかったのは人魚姫の無償の愛ではなく、どうしようもない人間の愚かさだったのかもしれないなんて穿ってみたり。

 何で急にそんなことを思ったのか、それはもう想像にお任せするとして・・・

 そんな私が昨日読んだのは、無差別読書家の姉の本棚に合った

「リンさんの小さな子」     みすず書房
     フィリップ・クローデル:著   高橋啓:訳 


 という一冊です。何故この本を姉が読んだのかは、知らないというより考えが及ばない未知の世界のようなもの。まさしくジャンル無用のサバイバーな感じの姉の読書暦のどこにひっかかるのか、この本は本当に淡々と一つの糸が紡がれていく物語です。糸が紡がれるだけで、布にはならない物語。
 起承転結以外に、ドラマも事件もロマンスも、なーんにもない、唯糸一つだけの物語なんです。

 本の感想を表現するのに「面白い」というのは個人的な見解の違いが在ると思いますが、この本を読んで誰もが思うことは、きっと一つ。

「ただそれだけの物語」

 なんです。読み終わってつまらないと思う人も、素晴らしいと思う人も、きっと「それだけ」と思うはず。

 それだけのこと。

 人間の素晴らしさも、人間の醜さも、「それだけのこと」なんです。




 けれど、その「それだけ」のことが、どれ程輝かしく得難いものであるか、

 そして与え難いものであるか・・・・




 それだけです。



 一日で読めるほどの、活字の大きな一冊です。読書家といわれる皆様、どうぞお読みくださいませ。読んでいただければ、きっと「それだけのこと」が、どれだけの事なのか分かるはずです。

 この本を読んで眠った昨日、一人の赤ちゃんを助ける夢を見ました。
 夢だからとてもちぐはぐで、とてもじゃないけど「病院で命を救う」という感じではなく、デパートで買い物をするみたいな可笑しなシチュエーションでしたけど

 この一人の赤ちゃんが私に与えてくれたものは、なんだったんでしょう・・・・?



 誰かがどこかで、膝を抱えて泣いているんじゃないかと、心配です。


 お元気ですか?

 お体を壊していませんか?

 絶望に、肩を落としていませんか?



 それでも、そうであったとしても、

 あなたが幸せであることを、これから幸せを紡ぐことを、

 この先のあなたに限りない幸せがあることを、

 

 願っている人がいますよ・・・・

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
小さな願い。 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる