〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS お箸の国の人だもの!

<<   作成日時 : 2009/11/03 21:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 来てしまいました、明日
 別にいやなわけではないのですが、お琴の発表会の日です。どうやら毎年文化の日には、この行事が恒例になりそうな勢いです。

 私にとってはお琴の発表会とはいえ、全体的には邦楽の集いなので、観てきました。

 詩吟

 長唄

 舞踊
まで。

 尺八は云うに違わず。お琴の演奏も、他の発表会よりはずーーーーっとレベルが高く、私達の演奏にも私が混じってていいのか!?という位。お陰で私は何時も何時も、誤魔化すのばかりが上手くなっています。

 間違ったとしても、顔には出さずにしらーっと演奏しているフリをするのよ!と、間違うたびにしかめっ面をしてしまう私に、お師匠さんは何度も言い聞かせられましたが、やっぱりどうも顔に出るようです。私は白々と同じ表情で顔も上げずに弾いているつもりなのに、

「アンタ間違えると顔に出る。」

 と、母から指摘が
 途中で曲のテンポが速くなりすぎ、一瞬顔を上げて本手と替手の各お師匠さんを見やったのがバレバレだったようです。といっても、私はいつもテンポが変になそうなときや、上手く入れなかったとき、拍のとりかたが難しいときは、お師匠さんの手を確認しながら弾くので、顔を上げることはあるんですけど丁度そこで一つ間違いを犯してしまい、思わず顔に出てしまったようです。

 一曲だけの演奏だったので、終わってしまえば着物が着崩れるほど、礼儀を忘れて走り回っていました。
 お陰で、帰ってきて携帯で写真を撮った時には、

画像

 既にヨレヨレ 帯押さえが飛び出ているし。

 今回は動きのある帯の結び方をしてもらったので、動くたびに帯の端が揺れていい感じでお嬢さんしていたのです。嬉しかったのでぶりぶり動いていたら、着崩れてしまいまして。発表会で弾く寸前まで、一緒に弾くベテラン先生から

「うまうまさん、着物大丈夫?」

 と気を使って頂いたりしてました。

 にしても、初めて聞く詩吟も長唄も、びっくりすることばかりです。詩吟と長唄の違いすら分からない私ですけど、長唄なんて、三味線の生き生きとした音の響きといったら、ちょっと凄い!お三味線って、弾く人の感覚が凄く出てくるものです。
 詩吟では、尺八が大活躍。一体どこで拍をとっているんだか訳分からないけれど、朗々とテンポ良く進んでいくさまは、流石に腕がないと駄目なもんだと思います。師匠クラスの演奏は、やっぱり違う!邦楽は「お師匠さん」というだけの響きがあります。音の響き方や表現力が全然違うんです。

 私はまだまだ、譜面どおりに弾くのが精一杯。その譜面だって、自分勝手に音を飛ばしてしまっている次第ですけど

 文化の日、古き良き日本の伝統芸術に触れてきました。

 ちょっと、自分がふっくらした感じです

                   

 お琴の演奏会では、自分のお琴を運ぶのがとっても大変ですが、今回は私自身が座奏ではなかったので、簡単な譜面台とお琴の枕ではなく、重くて大きい立奏台と長くて組み立て式の譜面台を持っていかねばならず、荷物は倍増 おまけに立奏台のときに使う椅子も持っていくので、楽屋と車を往復でした。
 大変です

 でも一人で弾くより、皆で一曲を仕上げるのはとっっっても楽しいです。自分に全責任がこないって言うのもあるんでしょうけど。一人だけ、のんびり楽しんでいたみたいな感じです。

 会場は初めてのホールで、緞帳が上がる、降りるの世界。

 自分の番で位置につき、お辞儀をしたまま緞帳が上がり、顔を上げた途端





 人少なっ!




 ぷっと吹き出しそうになりました。

「来るのは身内ばかりよ〜」

 なんていうのはお師匠さん。
 早い時間の出番だったので余計に観客が少なくて、本気で笑いそうになりながらの演奏でした。お陰であんまり緊張感が続くことも無く、安心して弾けました。
 
 今日はそれで一日が過ぎ、明日からまた仕事だ〜〜〜

 一つ、忙しかった用事が済んで、これからまたこなさなきゃいけないいろんな事が待っています。
 ため息だ・・・。


 いきなり寒くなってきました 朝の冷え込みも厳しいし、日中の陽だまりにも冷たい風がひゅるひゅると吹き込んできます。天気がいいのは幸いですが、見た目と違って気温は上がらずです。本格的に、冬支度ですね。

 今日は満月 日中の強い風で雲ひとつ無い夕暮れの空に、宇宙船のような真ん丸のお月様が浮かんでいました。
 地平線に顔を出したばかりの月は、深い深い蜂蜜色をしています。高く上った今は、キンと冷えた空気のように張詰めた金色をして輝いています。千切れ雲が時折行過ぎて、まるで日本昔話の風景のようです。

 この空からあなたが読む明日は、どんな明日でしょう?

 この月夜の向こうに昇る朝日は、どんな明日を連れてきてくれるでしょう?

 笑顔になれる明日でありますように。
 誰もが幸せな明日でありますように。

 苦しみの中にも一瞬の輝きが見える明日でありますように。
 傷つくことを厭わない明日でありますように。

 誰かを愛せる明日でありますように。
 赦し、赦され、全てを受け入れられる明日でありますように。

 
 生きている意味を知る、明日でありますように。 

 たった34年の人生の時間が、無駄ではなかったのだと知る一日でありますように。

 
 誰かを幸せにし、誰かを救い、癒し、助ける明日でありますように。
 自分が傷つく代わりに、誰かに愛を届けられる明日で、
 自分が泣く代わりに誰かを笑顔にする明日でありますように。



 その誰かが・・・・・あなたでありますように・・・


 
 確かなものは続いていきます。古曲のように、美しく人の心を震わし、感銘を与えるものは続いていきます。
 人の心がまだ思いやりや優しさを忘れていないのは、それが確かに美しく、確かに必要なものだからでしょう。

 自分に必要なものは、古い一曲の旋律に似た、煌びやかに飾ることもなく謙虚で美しく、静かで深い慈愛。

 静かな一曲が、聞く人の心の琴線を揺らして涙が零れるように、その「愛」に触れて穏かな温もりに包まれ、心の角がふんわりと取れていく心地よさを与えることが出来たら・・・。




 そんな人になりたいですね

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
お箸の国の人だもの! 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる