〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS いつかまた・・・・

<<   作成日時 : 2010/02/06 22:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ココ何日か、寒さが深まっています。三寒四温というにはまだまだ春は遠いはず。やっぱり暖冬のお陰で、大したことないはずの寒さがより寒く感じられます
 モグラーず巣穴では、もう誰が風邪引きじゃないか分からないほど、看護師・先生・コメディカル、患者さん以外は風邪ひきさんが勢ぞろい。

 私は数少ない健康人 気持ちが滅入っているからと言って、風邪を引くわけではないのです。まぁ、今この状態で風邪を引いたら、私ってば本当に何の為に息しているのか分からなくなる

 健康であるという事は、つまり大変な手術がどんどん回ってくるという事になるのです。長い手術に風邪引きさんだったり体調不良の看護師が器械出しにつくと、途中で手を降ろせなくなるし、降ろせば手術が中断してしまう。先生はそれでも執刀医なのでアドレナリン満喫で手術中は屁でもないみたいですけど、看護師は別。
 なので、ちょっと体調にかげりがある人達は専ら外回りで、途中で鼻をかみにいったり、しんどい時は代わってもらったり、心置きなく廊下で咳したり。

 ・・・・私は術野で器械出し・・・

 泣きっ面に蜂って、こう言うときに使っていい?

                   

 でも、手術でもしていないと放心状態になるので、ある意味ありがたいのかもしれません。

 パソコンを前にしたらぼー
 廊下を歩いていたらぼー
 真っ直ぐ歩いていないから、平坦な壁に激突
 何かを書こうとして物忘れ

 とにかく自分でもボーっとしていると感じることが多くて、はっとして時間を見ると平気で10分経っていることもあり、もう何がなんだか、世の中の回り方がおかしいんじゃないかと思えるほどです。

 笑ってないな・・・・

 

 週末になりましたが何にもすることがないので、今日は雪を見に行きました。といっても豪雪地帯に行ったわけではなく、中国山地の方へぶらっと行っていただけです。岡山県の一級河川である高梁川を下流から上流に向かって遡っていたのです。(岡山へ買い物に行った帰りだったの。)

 私は大学時代を北海道で過ごし、雪の凄さも体験した人間。昨日まで何にもなかったところに、朝起きてみたら人の背以上の雪が積もっていたという体験だってある。だからこっちへ帰ってきて、たかだかうっすらと道路に数ミリ雪が積もっただけで大パニックになる環境の方に驚いた次第です。むこうじゃ、どんなに暴風雪でもメーター級に雪が積もっても、大学へ通っていたし、生活は普通にしていたし。

 中国地方で降る雪は、儚さ満天 はらはらと風に揺られて落ちてきて、舞わされるまま地面に落ちて消えていく。留まる事もなく、煌く事もなく、音を奪うこともなく、ただただ揺れて落ちていく。

 こっちで見る雪は、大概『風が運ぶもの』でした。舞台で降らせる紙吹雪のように、『落ちてくる間』だけが『雪』でした。

 ふり終わる事が儚く、「あぁ、もう終わるんだ」という終末感。
 雨が止む時の「あ、止んだ!」というあのちょっとした喜びではなく、何故だか少し淋しい終り。
 何を願うのか分からないけれど、『もっと降って』と思ってしまう。

 大きな結晶で、周りの音を吸い取りながら落ちてくる雪。
 晴天の時よりも街を暖かく包んでくれる雪の日。

 北海道で過ごした一日が、懐かしく思われました。

 風のない、静かな静かな宵闇の中、
 一つ一つがまるで仄かな明かりのように、
 灯りながら落ちてくる雪を・・・

 いつかまた誰かと、見上げる日が来るんだろう・・・・?



 いつかまた誰かと笑い合い、
 いつかまた誰かと手を取り合い、



 いつかまた、誰かを大切に思い、
 いつかまた・・・・




             ・・・・・誰かを失うのだろう?






 いつかまた涙し、
 いつかまた壊れて、



           ・・・・・いつかまた、痛みを知るんだろう?




 いつかまた喜びを知り、
 いつかまた夢を描き、
 いつかまた温もりを感じ、


             ・・・・いつか、誰かを救えるだろう?


 


 フロントガラスを叩く雪の粒が解けて消えて。

 いつかまた、どこかで・・・。



 どんな「いつか」があるかどうかは、分からない。
 今はまだ、期待も希望もないから、兎に角明日、生きている喜びを実感できる出来事があることを祈ろう。


 何もしたくない時も、何もできない時も、何をしたって何もできない時も、何をしていいか分からない時も、どうしようもない時があることも、自分には分かる。開き直りでも弱音でも、逃げでも隠れでも、仕方ない。「頑張れ」がしんどい時は、「頑張れ」がつらい時。
 言われて嬉しいけれど、言われると辛い。けれど分かって欲しい。しんどいって分かって欲しい。

 矛盾した気持ち。『馬鹿馬鹿しい』気持ち。
 「じゃあどうしたいの?」って気持ち。
 「自分勝手な!」って気持ち。

 言われて辛いのは、自覚してるからなんだろう。
 
 今しんどくない人には分からない。
 今辛くない人には分からない。

 けど、私は今辛いから、今辛い人の気持ちは分かる。
 
 だから次、幸せを感じる時、今辛い人の気持ちを忘れないで居ようと思う。
 どうしようもない、しんどい気持ち、忘れないで居よう。
 いなくなりたい気持ちも、自分が嫌いな気持ちも、
 生きてて良かったと思って、自分が大好きになれた時にも思い出せるように、

 絶対忘れないでいよう。


     人は、笑顔の裏で泣ける生き物だから・・・。


    気付いて欲しくない訳じゃないんだよね。
    気付いて欲しいけれども、気付いてもらえない。


   笑顔の裏の涙に、気づける人は少ない。
   電話の向こうの涙にも、メールの向こうの泣き顔にも。
   涙の中の苦さも、脆さも切なさもやるせなさも。


   頑張るって言葉の裏のやせ我慢も。
   噛み締めた唇の血の味も。




 これは、私の事?

   ・・・・いえいえ・・・・私じゃない・・・

           あなたのこと・・・・




 私だけじゃなく、目の前のあなたもまた、

 辛い事を隠して笑ってる。

 愚痴も泣き言も言いたいけれど、言えなくて、理解してもらえなくて、
 
 私以上に苦しんでる。




 分かって欲しいって、気持ちが叫んでる。

 


 その気持ちを隠して笑ってる。
 その笑顔が、けれどもまた誰かの笑顔を引き出してる。

 

 それは、きっと大きな愛の力・・・



     『愛は微笑むだけで始まります。』
                   mother Teresa
                 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
いつかまた・・・・ 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる