〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS あらまぁ!

<<   作成日時 : 2010/03/22 22:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

 いつもはブログの記事を書いてから、内容にあったタイトルを考える私。(いつも全然内容とは関係ないことをタイトルにしている感じもあるけれど)

 しかし、今日は違う!

 ホントにホント、「あらまぁ〜なことですというより、私にとっては「ありゃま!?」と言う感じですね。


 今日は、通っている乗馬クラブでカドリールの発表会でした 心配していた突風も強風も雨も嵐もおさまり、天気いーい!ただし寒いけど
 もともと今日の午後はクラブの競技会になっていて、カドリールの発表会の後は馬場馬術、障碍飛越のクラブ内競技があったんです。私は最近ぜーんぜんクラブ内競技会というものに出ていないうえ、あんまりその情熱もなくなったので、馬場2課目すらうろ覚え状態です。見ていたら段々思い出した。

 午後しょっぱなのカドリール発表会。私達のチームは過去最高の10騎編成。縦に一列に並ぶと、馬場の端から端までです。だから10騎一斉の演技がとっても辛かった
 7組中5組目の演技でして、幾つものチームを掛け持ちしている馬がいるので、一つのチームの演技が終わると慌てて鞍を付け替えたりと、馬装を全てやり直し状態。だから予定時間を大幅に上回ってしまいました。

 そのカドリール。発表会が始まるや否や、一組目の演技中にもかかわらず、

「駄目!緊張してきた!」

 と、うちのメンバーの先頭を勤める方が居たたまれなくなる。
 まだ始まったばかりだし、5番目だよ〜!

「あそこどうしたらいい!?ここでこうなったらどうしたらいい!?」

 想定できる色んな事態(しかも悪いことばかり)の対応策ばかり練っていて、10騎中丁度真ん中の5騎目に位置する私は

「うーん、平気平気〜。好きにやってくれたら付いていくから〜

 なんて責任のないことをのほほんと言ってたら、

「あ〜、緊張する〜

 と言いつつ、メンバーさんが一人2人と去っていきました。
 ・・・・いいもん、いいもん・・・

 みんなで何かをするのが好きな私。皆がいるし、一番先頭でもなければ重要ポジションでもない今回は、もう本当にながら族。付いていくのみです。確かに演技のポイントポイントは大事だけど、そこさえこつをつかめばあとは周りとの協調のみ! 馬も安定しているし、へっちゃらです。

 そんな私は、10分程度のフラットワークで既に力尽きてしまいました いつもの事ですが、隣の待機馬場で馬の状態を作るほうが大変。しかも、私はこのフラットワークが苦手です。いつも馬場のレッスンをしていて

「フラットワークが大事です。そこで馬を如何に手の内に入れるかです。」

 なんて講義を受けているんですが、レッスンの時には時間の半分くらいを使って指導員の指示についていけばそれでフラットワーク完了みたいなものなんです。
 けど、待機馬場では自分でするしかない。おまけに相棒のアーさんは前のチームで別経路を踏んでいるんです。私の合図を思い出してもらうためにも、フラットワークは大事。ボーっとした子だけど、動いている分反応はいいんですが、その反応の仕方がなんだかいつもと違う。

 並足に落として停止を入れた途端、かくーんと首が下がってしまい、何事かと思ったら




 寝てるし!!!!




「アーちゃん!アーちゃん!

 待機馬場で必死こいて馬の腹を蹴っていた私。虐めかと思うほど必死でした。
 並足、速足、軽速足、手綱を緩めたり張ったり、順番バラバラでも考えられる限りの事をやってみたけれど、なんだか微妙。気を抜いたらへあーさんがへろっとしてしまう。

 むっき〜〜〜!!!!

 フラットワークで既に股関節痛。鐙が邪魔になるくらい、膝に力が入りっぱなし。駄目です、こんなん
 なので、途中からどうにかするのを辞めました。もうどうにでもなれ!と

 
 して、本番


 入場するや否や、いつもは無いところに派手な色のトラクター(馬場を均すための物)が止めてあり、

「あんなところにこんなものが!!!!」

 と驚いたが次々に飛んだり跳ねたりびびったり。そんな中を平然と駆け抜けていく数頭。お陰さまでアーさんは平気でした。もともと環境に動じるほど若くは無い。私自身もトラクターがあることすら気づかなかった・・・。

 入場で馬が跳ね、私より後ろでは演技中も結構飛んだり跳ねたりが横行していたようですが、開けて見たら6分近い音楽が足らなくなるほどゆっくり演技していたようです。途中、「なんか遅いなぁ」と確かに思ったけれど、始まりから馬が動揺していたので、ペース自体を落としていたようです。

 にしても、10騎の威力は凄いですってか、10騎もいれば多少揃っていなくても、爽快豪快に見えるもののようです。一つの技(?)の終りと次の技(?)の始まりがかぶってしまう場面がいっぱいあって(10頭も居れば・・・)、練習中にメンバーさんが撮ってくれたビデオを見ていたら、実際どこを中心に見ていいのかわからなくなることも在るんですが、それはそれ。個人の自由という事で

 最終の練習を終えた後

「数で勝つ!

 と言ったメンバーさんの言葉どおり、勝ってしまいました

画像




 わっはっは〜〜〜

 勝っちゃった〜〜〜!!!



  でも、何故!?



 相変わらず

「あり得ないよね〜」

「帰るわ〜」

「バスの時間あるしー、お疲れ!」

「ま、次も頑張りましょ!」

 なんて言いあっていて、発表の時に居たメンバーは2人。しかもそのうち一人の私も、帰るつもりで帰り支度の最中。発表している表彰式の間中、あっちこっちへ走り回っていたのです。(馬場の競技会を見ていたら、たまたま帰るのが遅れて発表に間に合ってしまったの。)

 表彰式の始まりのとき、うちのチームの指導員が不安げにきょろきょろと周りを見渡し、背後に走っている私を見つけ、

「居た!」

 と声を上げる程、だーれも居なかったのです、うちのチーム。しかもリーダーさんもいないし。
 発表の瞬間は私も洗い場にいて、別のメンバーさんが賞状を受け取っていたので

「あら、どうでした?」

 と聞くと、不思議そうな笑顔で

「優勝よ、優勝。」

 冗談のように言うので、

「うっそーん。ありえんしー。まさかやろ?」

 と返したら、

「ホラ、優勝。」

 小さな賞状一枚と、10名分の賞金(商品券)の入った封筒をふって見せる。



 ・・・・数の勝利じゃ・・・・



  と言う訳で、2010年の運はまたしてもココで削られていったのです。


 表彰式の後

「まさかでかっちゃいましたね〜

 担当指導員も、実感の無い勝利でした。

 おっしゃ!これで完璧、勝ったぜ!

 という感じの達成感なく、棚から牡丹餅状態です。



 どっちがいいのかな?

 

 何にしても、

 無欲って強いですな。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
股関をマッサージしてあげたい!
マッサージの経験有
ゴリ
2010/03/23 00:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
あらまぁ! 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる