〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS La Divina Commedia

<<   作成日時 : 2010/05/23 23:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「より完全に近づけば近づくほど、

 その分だけ喜びも哀しみも、より強く感ずるものなのだ。

 勿論 これはすでにお前が知っていることでもあることだ。」


 

 喜びをより大きな喜びとして感じられるのも、

 より深い悲しみを知っているからで、

 悲しみをより大きく感じるのも、

 この世に深い喜びの存在を知っているから。


 ダンテの「神曲」の中の、ごく初めのひとコマです。


 ダンテの描いた地獄には、不鮮明な濁った形の亡者たちが

 混沌とした世界に折り重なるように蠢いています。

 最後の審判で救いを得られたものは、

 その形の無い世界から抜け出し、

 より形のある「姿」へ変化し、新しい生へと旅立っていく。


 それをダンテは

 「苦しみは減るのでしょうか、増えるのでしょうか。」

 と問います。



 その答えが、「悲しみも喜びも、より深くなる。」というものでした。

 

 「神曲」が書かれたのがいつの事だか、実は私は知りません。
 随分昔、歴史の始まりの位置だった様に思います。

 けれど今その本を読み解いて見ると、
 何だか古代より、人々は「完全」な形に憧れを抱き、
 「完全」に付きまとう苦悩や悲しみも良く理解していたのだと思われ、
 結局それは人間が生き続ける世界には、
 変わる事の無い「性」なのだと分ります。



 喜びも哀しみも、より深くより強く感じるのは、

 自分という人間がまた一つ「完全」へと近づいている証。

 人間は不完全で生まれ、不完全なままで死んでいく。

 けれど「不完全」の中でもどれだけ完全な形に近づけるか、

 それが生き様なのかもしれないなと感じた次第です。


 歳をとり、小さな喜びも大きく感じられたり、

 悲しみがより強く心を抉り、何度となく心を壊し、

 精神を蝕み、心と身体の分解寸前まで追いやられようとも、

 それこそが「完全」へ近づく成長の一過程なのかもしれません。


 喜びが倍にも三倍にも感じられる時も、同じ。


 そうは分かっていても、深く強い苦しみがある時、
 人はそれを成長の証だと喜ぶ事等できない、
 不完全な生き物なのです。


 

 今日、後輩の出産祝いを選びにデパートに行ったら、

 一日止む事もなく降り続けた雨のせいか、少しどんよりとした店内。

 湿っぽさよりも寒さの方が先にたち、人々の足は止まることなく流れていく。


 子供服売り場を抜けて、赤ちゃんコーナーを抜けて、

 産着やマタニティーグッズの一角に辿り着くと、

 淡い淡い、白の中でもまだ淡い、

 まるで溶けてしまいそうなほどの甘く柔らかな白さの中に放り込まれました。

 厳かな「誕生」という瞬間が、何色にも染まれない神秘なのだと気付く、

 新生児の為の一角は、何だか恭しくも思えます。


 オーガニックの授乳クッションを選んで

 「これ、お願いします。」

 と差し出したら、店員さんは当たり前のように

 「ご自宅用ですね。」

 と言われて。

 「いいえ、お祝いです。」

 当たり前の様に当然に言葉を返して、ふと気付く。



 当たり前の言葉、当然喜ばしい言葉が、人を傷つけることもある。



 未婚で子供の居ない私がそんな言葉で傷つく訳でもなく、

 思い返したのは、とある知り合いの顔。

 

 一緒にこなくてよかった。



 当たり前のように自分の物差しで幸せを計る人達。

 当然のように自分の幸せの物差しを押し付けてくる人達。

 それがどんなに酷かも気付かない、お気楽な人達。



 子供が欲しくてたまらない人に、
 
 どんなことをしても妊娠できない人に、

 その一言がどれ程辛い事かは、分るまいな・・・



 店員さんが悪いのではなく、「世間」がいけないんだろう。

 完全に近づく為には、喜びも深くなれば悲しみも深くなる。



 気遣う心が、刃になる。



 生まれてよかったね、というお祝いの言葉が、

 赤ちゃんおめでとう、という優しい言葉が、

 自分に返って刃物になる。

 「何故自分には・・・」

 「何故自分は・・」

 


 何故、産めない?




 その人の泣き顔まで浮かんできそうで、

 それでもおめでとうと笑っている横顔を思い出して、

 代わりに私が泣いていたりする。



 「ご自宅用ですね。」

 と言われて、苦笑いどころかきょとんとしてしまった私。

 どうやら、子供を産んだ母親に見えたみたい。

 ちょっとした、笑い話。


 えへへ・・・・



 

 皆が幸せになればいいのにねぇ・・・・

 子供が出来なくて悩んでいるあの人にも、この人にも、

 彼氏が出来なくてぶつくさいってるあの子にも、この子にも、

 仕事が大変で四苦八苦している子にも、

 自分の決めた道を歩もうと努力しているその人にも・・・



 たった一人だけではなく、皆が同じだけ、笑顔で居られればいいね・・・



 一人だけ、あるいは相手とだけではなく、

 取り巻く全ての人達が、笑顔になれればいいね・・・


 そうして笑顔の輪が広がって、

 皆が幸せになれればいいねぇ・・・


 悲しみがあっても支えあえて、

 喜びを分け合えたらいいね。


 
 

 誰かの幸せを紡ぐ人でありたいです。

 みんなの幸せを紡ぐ人間でありたい。

 悲しみを避けたり、喜びを与える人間にはなれないかもしれないけれど、

 そんな苦しみの中にあっても、

 幸せへの糸を紡ぎ、道標をさす人でありたい。

 

 それが気付かれなくても構わない。

 私が生きていることで、紡がれる幸せがあればいい。

 私を紙縒りにして、誰かの幸せに焔が燈ればいい。

 私を肥料にして、誰かの喜びの木が芽吹けばいい。



 そこにあるだけで地球の命を育む太陽や水のように、

 当たり前に在ることで、誰かの笑顔を守れるような、

 そんな人間になりたい・・・



 悩む時も悲しむ時も、涙を流す時も、膝を折るときも、

 どうか笑顔を、忘れ無いで居てね・・・。

 

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
La Divina Commedia  〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる