〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏によく効く…?

<<   作成日時 : 2010/07/20 21:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 以前の仕事の癖や考え方が、なかなか抜けません。一日休んだだけで月替わりに別の仕事場に変わったので、実際羽根休み的な空きをつくらなかったので(保険のこととかで面倒だったの)、以前身に染みていたことが、今役に立たなくなっているのに

「あ!」

「あ゛あ゛っ!」


 と思ったりしてしまい、時々ドキッとすることもあります。

 その一つが、指先のけがだったりします。

 以前は手術室だったので、指や手に怪我をすると、器械出しの為の清潔手洗いができなくなり、かなりスタッフに迷惑をかけたりしてしまいます。そのうえ、自分の手に怪我があったりすると、手術室で働く場合は艦船の面からも危険。院内中の不潔物品を扱っていたり、院内中の清潔物品を扱っていたりするので、自分も相手も守るために、手の怪我は本当に気を使いました。

 今も、感染の面では確かに同じなんでしょうが、『清潔』とか『不潔』に関係なく、ただ気を付けてっていうだけのもの。それに、清潔手洗いさえないし。

 おかげで、何をしても大丈夫にはなったんだけど、今も指先だったり、手、腕の怪我や擦り傷、果ては虫刺されまで気になります。

 もう一つは、診療室に入ってくる虫。

 救急隊に引っ付いてやってくる虫だったり、ありだったり、蚊だったり、診療室でぶ〜〜〜ンととんでいるのほみると、冷や汗が出ます。手術室では、虫はご法度。どころか、どんな管理してるんだ!というくらいの超危険モードです。以前の病院は、手術室や中央材料室という「清潔区域」すべてが陽圧管理されていて、ドアが開いていても簡単には虫が入ってこれないようになっていました。もちろん、一番危険な『飛ぶ』虫に限り。

 空気をきれいに循環させてもいたので、花粉症もなし。それが一転、ドアの向こうは普通に道路の状態。外の気温に合わせて暑いし、蒸すし、虫なんか入りたい放題。あるスタッフは飛んでいるハエを素手でキャッチしたほど。変な話、それがいつものこと。

 点滴をさしている途中、処置をしている最中、横を飛んでいく虫たちを見つけては、

「なんなの、ここ!!!!!????

 と、悪態を付いてしまいたくなる。
 ちゃんと管理しなよ!と

 けど、まぁそれも仕方ないこと。ここ、手術室じゃないもんね・・・。
 あーあ・・・・手術室じゃないもんね…・


 清潔手洗いと、あの緊張感が懐かしい・・・・









 と思っていたら、

 きたきたきたきたきたーーー!!!!!!







 入職初めての、超重症+挿管

 あい?

 挿管?

 麻酔カート?

 マスキュラ?

 ・・・あ、そーか・・患者さん意識ないんだっけ・・・・





「うまうまさーーーーーん!!!!! 記録ーーーーー!!!!!」





「はい〜〜〜〜〜っっっっ!!!!!!!





 ・・・・で?!

 何いったっけ?

 薬は!?

 点滴は!?

 何本目!?






 のんびりと郷愁に浸っている暇はなかったのでありました。
 けどこの緊張感も、嫌いじゃない。

 ただし、医者が多すぎて出る幕なし。



「挿管する人〜〜〜!!! したい人〜〜〜!!!」




 私したい〜〜〜!!!!




 とは言えず、ひたすら記録を書いて行く。
 もう嫌…・記録嫌・・・

 患者さんが看たい!!!!!


 

 緊急時にぼんやりこんなことを考えている自分の部分と、ばたばた処置をこなしている自分が並行しているわけで。

 懐かしんでいる自分と、
 頑張ってる自分と?

 あはは・・・・

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
夏によく効く…? 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる