〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 飲めば楽しい、aの付くあれ。

<<   作成日時 : 2010/08/23 20:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 暇。

 仕事も暇。

 そりゃいいことなんだけど、だれちゃうよ。

 と思っていたら、ホットライン!



 よっしゃよっしゃ!



 と思っていた看護師は私だけではないはず。


              



 普通のホットライン、ホットラインって言ってもいわゆる電話なので、電話を取った先生しか救急隊の話を聞けないわけです。だから、先生の反応から病状を推測。

 なので、普通のホットラインの対応。

「もしもし、○○病院です。」

 おそらく初めに、救急隊の名前が伝わる。

「はい、○○ね。 (←救急隊の名前) 」

 で、ここから状況を話すようで、

「はい? 自転車と? バイクの? 事故?」

 事故となると、高エネルギー外傷かどうかが分かれ目。高エネルギー外傷となると、三次救急です。

「○歳、男性?」

 性別が伝わった時点で、現在の空き病床状況をチェック。

「名前教えてくださーい。」

 名前がわかった時点で、受診歴をチェック。

「JCS1? 歩けない? え? 認知あり?」

 まぁこういった感じで・・・・。←何がじゃ?



 総合的に、診れるかどうかを判断して返事をするわけです。「おいでくださーい」になるか、「ちょっとうちでは対応困難です。」になるのか・・・。時々別の理由もあるけど。



 それが・・・今日のとある一件の対応。

 ホットラインが鳴る。

 医師がとる。

 第一声、

「38件目!?」

 何事!?

 と思ったら、県内でも結構端っこの方の救急隊の名前が飛び出し、

「あぁ・・・38件断られたんだ・・・。」

「そうなん!?」
 
 次々と、周りの医師たちから『そりゃ、仕方ないよな』的なタメイキ。

 次の瞬間、

「あ、無理。無理無理無理無理!!!!!」

 がちゃん。



 ・・・・なんだったの?



 という感じ。聞くところによると、若い女性の服毒。
 アルコールと服毒って、結構嫌われる。

 服毒って言ってもいろいろあるんだけど。
 
 とある医師は、夜勤で言った。

「ホットラインでアルコールが原因で搬入を断るたび、『酒はやめよう』と思う。自分もきっと拒否られるだろうから。」

 切ないね・・・



 前の病院では、アルコール入ってようが、高エネルギーだろうが結構見ていた気がする。二次救なのに。ほぼ整形外科専門だったもんなぁ。
 アルコールで拒否られる事実を知ったのは、都会に来てから。病院の方針っていうのもあるんだろうけど。

 アルコールに逃げたくなる地域のくせに、アルコールが入ってると受け入れ先はない。



 お酒が飲めなくてよかったと思う、数少ない瞬間の一つ。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
飲めば楽しい、aの付くあれ。 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる