〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS お盆だから?

<<   作成日時 : 2010/08/13 22:16   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨日の木曜日、夜勤入りでアパートを後にしていたら、大家さんとばったり。

「これから仕事?」

 私が看護師なのを知っているだけに、大きな夜勤用の荷物を抱えて歩いていると、必ずそう聞いてこられます。

「はい。夜勤なので。」

 気の利いたこと一つも返せず、そう言ったら、

「お盆なのに!?」

 大概この季節に働いているとそういわれますね、看護師って。

「お盆は関係ないんですよ〜」

 なんて笑って返しながら、そういえば看護師になって11年、毎年誰かにそういわれて過ごしている気がします。そんなことを考えながら仕事をしていたら、点滴を受けている患者さんから

「お盆なのに働いてるのね。」

 とか

「お盆だから病院が休みなんで困っていたんです。」

 とか言われるんですよね。

 みんなが休みの時に働いているっていえば、デパートの店員さんとかも大概そうだし、レストランとかもそうだし。でも私たちって、そういう人たちの「大変さ」ってあんまり考えたことないなぁと思ったりします。
 自分が苦しいときやしんどい時にたまたま休みが重なって、たまたまやっている病院に駆け込んで看護師さんや医者が働いていると「よかった」と思って、労いのようにそういって下さることが多いんでしょうね。

 お盆に総合病院が休んだら、日本の医療は崩壊してしまいます。地域の人たちはお盆になると大きな機関が休みっていうイメージがあるんですが、病院だけは別です。医療従事者にお盆は関係ないんです。家庭の事情などでスタッフや医師の中にはここで夏休みを取ったりすることはあるんですが、病院全体の営業(?)という点では、ほとんど関係なしです。夜勤自体、人が休みの時に働いている仕事だしね。
 カレンダーでも、お盆は「いり」とか書いてあるけど、赤字になっていたりすることはないですよね。あれと同じです。日本の古き良き習慣の一つで、休みとかではないですから。

 なので、皆様、病院はやっていることの方が多いです。特に大きな総合病院は、休まず平日と同じ体制で外来も運営しています。いつでも頼ってきてくださいね!

 よく

「お盆は病院が休みだと思って。」

 と言いながら、夜間の救急外来や救急当直に来る方もいます。ちなみに、世の中が休みと決められた日でも、日中の当番医というのがいるので、どこかしら必ず病院はやっています。そういうところを確認するコールセンターがある県もあったりします。当然のように『当番』として働いているので、大概そういうところの方が態度が柔らかなような気がしますけど。(担当外のところへ行くと、『なんで今頃』みたいな言われ方をすることもある。)
 
 日本の病院はどこかしら必ずやっているんです。救急外来という意味ではなくて。日中はそういう当番医を探していくのも手です。夜の救急外来は結構みんな浸透しているので来られるんですが、日中にも当番医がいるってこと、あんまりしられてないんですかね?

「病院が休みだから、日中我慢して夜の救急外来に来た。」

 という感じの方が多いんです。

 しかしですね・・・
 救急外来って、あくまで救急。対症療法的なことの方が多いんです。

 専門的な詳しい検査や専門医の診察などは、やはり日中のもの。朝6時とかに我慢できる範囲のことで来るなら、8時まで待って外来を受診した方がずーーーーーーっといいし、お金だって一回で済むとおもうんだけど、たまに

「詳しい検査をしてほしい」

 と夜中に言われて困ることもあったりします。
 しかも、

「日中に来たら待たされるから今来たんだ。」

 というコンビニ受診。
 夜中で詳しい検査もできず、『また外来で』って説明しても、その繰り返し。
 確かに大きな病院は待つこともありますが、待っただけの診断や検査や投薬などが可能です。

「この病院の昼間は何時間待たされるんだ!」

 と言われるけど、それだけ大変なんだって…・
 怒る位なら医者になって手伝ってほしいよ…

 などと思う次第です

 
 医療って本当に人間の生理的な根本にかかわっているせいか、『人間性』が出ます。命より大切なものはないとかあるとか議論されながら、矢張り命に関わることには視野が狭くなりがちです。
 「生きている」この現状では、痛いことや苦しいこと、できれば避けていたいことだもんなぁ・・。

 我儘になることもわかるけれど、悲しいかな、いつも我儘が通るところでもないのが病院。病院に入って苦しいことを体験する人だっているし、拘束感あったりするし。子供だとトラウマになることだってある。

 でも逆に『安心した』という方もいるし。

 人それぞれ。医療って本当にその人の「個」がどうであるかを暴き出すようなところ。色んな人がいて、びっくりするやら面白いやら。

 現場は、それでも手一杯ですけどね。

                  ♪

 そんなこんなの夜勤。0時を過ぎてもバタバタしていて、とにかく忙しかった。途中、看護師は誰も聞いていないのに救急隊がやってきて

「どういうこと!?」

 と思っていたら、先生が受けていて何にも言ってくれないケースが何件も。

 一体のこの人、なんの訴え!?

 という患者さんがそこここにごろごろ。先輩ナースも

「キャパを超えてる!」

 様子。患者さんは来るのにベッドがない!の状態で、それでもホットラインが鳴るたびに指導医は

「来てもらって構いませんよ〜」

 手が足りないんですけど?

 余裕がないから点滴が入らない入らない。患者さんには申し訳ないけど、ごめんねって言いながら何度か刺しなおしたりさせてもらいました。
 一晩で入院何件?という状態で、病棟も空きがない。

 後続の病棟ベッドがないので、ホットラインも受けられない。悪循環です。
 仕事をしている最中に、受け入れ病院がない時の支援電話が鳴るし…もう無理なんですけど…。

 家に帰って、爆睡。
 私が意識不明でぶっ倒れていた次第です。

 明日はゆっくり休もう。
 乗馬クラブを見学に行こうと思いながら、ずーっと果たされていない上、どこにあるか所在地だって調べてない

 でも無理・・・

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
お盆だから? 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる