〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 甘い、しょっぱい。

<<   作成日時 : 2010/08/18 20:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨日の休みに買ってきたクリスピークリームドーナツが病み付きになるほど甘くて、逆に晩御飯の味付けがなんだか少ししょっぱい。

 冷蔵庫に、アスパラチーズを作って残っていた、とろけるスライスチーズが目について、ちょうど作っていたチャーハンがアツアツで出来上がったので、思うところぽんとその上に乗っけてみたら・・・


 美味かった。


                 

 何もしたくない日のご飯は、焼き飯に限ります。冷凍ご飯は欠かさないようにしているので、解凍して、冷蔵庫の中で残っている野菜をぜーんぶぶち込んで焼くだけ。
 仕事場からの帰り道、なんのご飯にしようかなぁと考えながら帰るのが常ですが、今日はなんだかやる気がしない。甘いものの食べすぎで、しょっぱいものが食べたくなり、思わず買ってしまったポテチもあったりする。

 でも、やめられないドーナツ・・・・きっとまた行ったら買ってしまう・・・・。

 ご飯にチーズがストレートに置いただけで合うのはビックリでしたが、なかなか新鮮な発見。とろけるチーズは意外に使い道が多いかも!?と感じた今日の晩御飯でした。

 一人暮らしなのに、なぜか洗い物と洗濯物が多い我が家。洗濯物が少ないにもかかわらず毎日洗濯機が回っているのは、干す場所が少ないからというのもあったりします。物干しざおが一本、びよーんと伸びているだけで、くるくる回り、タオルをいっぱいかけられる干すものなんかがないので、タオルなどはサザエさん状態、もしくはハンガーに一枚ずつかけてひっかけるのみ。洗濯バサミの付いた小物干しも少ないので2.3日洗濯をしなかったら、干すところがなくなっちゃうんです。
 さすがにシーツやタオルケットを洗うときは、2回回しになっちゃいますけど。

 同様に、なぜか洗い物が多い。コップやお皿などを使わないようにしても、結局お弁当箱や水筒や、狭いキッチンは晩御飯が終わると洗い終わった食器などでいっぱい。一人暮らしって、案外もったいないことが多いなと感じます。
 今週末は実家へ帰る予定があるので、生ゴミを出したくないし、出来ればできるだけのごみを捨てておかなくちゃ!と思うので、余計に残飯の処理の後の洗い物が豊富です。

 今日は仕事があまりにものんびりしていて、患者さんウエルカム!状態。別の科の先生たちが救急を覗きに来るたび 

「開店休業?」

 と声をかけられるほどです。平和なことはいいことだけど。
 お陰で、いつも忙しい先生たちは、診療室の机の前で睡魔に勝てず、ゆらゆらしている状態。たまにはこんな日があってもいいか〜なんて冗談を言い合っていたけど、そうなるとそうなったで、


 時間が長い!!!!!!


 定時までの時間がとてもとても長く感じられて、タメイキです。

 という訳で、今日は新鮮な話題がまるでなし。



 一つあるとすれば、近畿に移ってからよく思う事なんですが・・・

 関西弁の地域って言葉に勢いがあるせいか、なんか わ〜〜っ て感じのイメージがあるんですが、人間性も結構 わ〜〜っ としている人が多いなと思うんです。これは個人的な意見ですけどね。仕事場のスタッフがではなく、道ですれ違う人や病院ですれ違う一般の人たちのことですが、なんというか優しさとか穏やかさとかが感じられないんですよね。

 ほっこりした感じというんでしょうか・・・・。自転車で走っていても譲ってくれることはまずなく、俺様な感じの人ばかり出会います。高校生も、中学生も、子供も大人も、横一列で走っていても気にしない。周りを気にしない、マイペースというのがそうなんでしょうが、そうなるとこちらが気を使うしかなくなり、何というか割を食った感が大きい。

 レディーファーストなんのその。何事もいい顔して譲っていたら何にもできない。いい意味マイペースで気にしない、悪い意味で自己中・・・・(すいません)

 譲られることが少なくなったし、譲ったり譲られたりすることに「ホッとする暖かさ」があんまりないなぁという感じです。私が住んでいるところがそういう地域なのかもしれませんが、一日で何度

「すいません」

 やら

「ごめんなさい」

 やら

「失礼します」

 やら

「申し訳ありません」


 やらを言わないといけないことか・・・・。

 そのたびごとの

「ありがとうございます」

 に込める心が少なくなっていきます。

 言いながら嫌になってくることもあります。言っても「ふんっ、何!?」って態度の人ばかりで、カチンとくるよりため息が出て悲しい感じ。もうって気分です。

「『すいません』を言わずに過ごしたい。」

 と仕事場の同僚に言ったら、笑いながらも同感されました。
 
 関西人だからというのではなく、地域性なのかもしれません。先生たちも視線が痛い痛い。絶対『こいつ何?』みたいに思われてるんだろうなぁ…と受け取ってしまうような視線です。人間の本音って、分からないからこそ怖いです。人の目が気になる私としては、人見知りする私としては、屈託なく笑いながら懐に飛び込んでいける同僚を見て、羨ましいと思いつつも、逆立ちしても絶対できない芸当なので、そんな時ばかりは『私は私』を貫くのであります。

 ホント、優しさを示してもらってホッとしたり暖かい気持ちになったりすることって、少なくなった。私が優しさを示してもスルーされることが多くなったと同じかな・・・・。

 こればかりは、慣れるまでに倍時間がかかりそうです。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
甘い、しょっぱい。 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる